当研究所の趣旨 -- About Proper Lab --

[※ トップ記事は固定です。最新記事はこの記事の下からです ]

「適当」とは、丁度良いこと。「おざなり」に有らず。

自作FLASHゲームを中心に、気の向くままの適当コンテンツで、皆様のご機嫌をお伺いするBlogです。

めざせFlashゲーム100本!(何年かかることやら…)

▼マウスカーソルをボタンに重ねるとタイトル表示。ボタンをクリックすると、各ゲームのページに飛びます。

  FLASHゲーム・リスト Flash Game for PC

  HTML5ゲーム・リスト HTML5 Game for PC

取扱のご注意ページもお読みください。

※ ゲームをプレイするためには、JavaScript が有効になっていることと、最新バージョンの Adobe Flash Player(Flashゲームのみ) が必要です。

※ こちらのゲームはPCでお楽しみください。スマホで表示できるものもありますが、ブラウザからでは快適に動作しません。

-----

[ スマホ用ゲーム・リスト Flash Game for Smartphone]

スマホ(Android)用ゲームのラインナップです。

↑バナーをクリックするとページに飛びます。

-----
※ 週二回くらいしかメンテしていないので、コメントの承認とお返事が遅れる場合があります…。ズボラですみません。

(2009.2.10~)

|

横浜トリエンナーレ2020

コロナ以降、横浜になんて来るのも久しぶりでした。

Yokotori2020_01

横浜トリエンナーレは、3年に1度、横浜で開催される現代アートの国際展。

Yokotori2020_03

期間は2014.7.17~10.11。まだまだやってます。

ここ何回か毎度行っていて、毎度楽しみにしてました。
前回2017年やそれ以前も記事にしましたが、今回も行ってみました。

今回のメイン会場は、横浜美術館、プロット48、日本郵船歴史博物館。(ただし、私は今回、前者2つにしか行きませんでした)

Yokotori2020_02

メイン会場の美術館。

今年は、新型コロナのせいで、予約制になっていました。
ネットで日にちと時間を予約し、予約時間30分以内に入場。ただし、その日はその後いつでも何度でも入れるようです。

今回も気になった作品をいくつかピックアップ。(タイトルや作者名は、基本略)

Yokotori2020_04

美術館に入ってすぐ、美しい「ガーデンスピナー」の森。
よく見ると、メッセージ性のあるデザインのものも含まれている。

Yokotori2020_05

会場内の様子その1。

Yokotori2020_08

既成のフィギュアの頭に、白い石膏みたいのものを垂らし固めた作品。
元のフィギュアが何だったかわかるものもあり、作品ファンだと冒涜的だと思うものもある、かも?

現代芸術にはこういう傾向のものもたまにありますよね。トリエンナーレとかだと特にね。

Yokotori2020_09

曲がった平均台や、鉄でできたつり輪など、無理な体操器具の置かれた空間で、ひたすら子供を叱責するような言葉と、稀に褒める言葉が投げかけられる…というインスタレーション。意味深で面白い。

Yokotori2020_07

巨大な危険外来植物。

Yokotori2020_06

今回のトリエンナーレの看板作品かな?
グニュあっとした内臓のようなインスタレーション。座っても良い。

Yokotori2020_10

馴染みのある、さとうりささんの作品。
ふわっと丸い作品が多いですね。

Yokotori2020_13

Yokotori2020_14

金属でできた橋の彫刻に、観覧者が海水をかけて、どんどん錆びて行く様を楽しむという作品。
こういうバカバカしい…もとい、ひねった作品が好きだな。

Yokotori2020_15

見逃しがちな、美術館外の旧レストランに展示されていた作品。
映像作品で、ガムランのような曲に合わせて、紙で作られた動物たちが延々奏でたり踊ったりしている。
いや〜これは可愛いし、トリップできる。ずっと見ていられますね。私の今回のイチオシ。
奥の厨房には、作品で使われた人形が展示されている(上と下の写真)

Yokotori2020_16

新聞紙とかで作られているらしい。動画で動いているのをみると、もっとキモ可愛い。

Youtubeに短いトレーラー動画があった。

Yokotori2020_11

別会場、PLOT48。美術館から10分くらい歩いたところにある。
こちらにも、そこそこの数の作品が展示されていました。

ちなみに、この建物以前は、アンパンマンミュージアムだったらしい。
(今は新しいのが別の場所にできている)

Yokotori2020_12

PROT48の
最近プレイしたゲーム「CARRION」のモンスターみたいだ…

久々に埼玉以外の観光地を歩き回れてそれだけでも楽しかったし、現代芸術好きなので、こういう大規模にわけのわからない作品が一堂に会するイベントには心が躍りました。

ただ、2017年にも書いたけど「かつての種々雑多なごった煮的だった頃の方が個人的には面白かった気がする」感想は変わらないですね。
今回はほぼ美術館メインになってしまったので、なおさら「普通の美術展感」は否めない。
まあ、今回はコロナもあって、運営は大変だったと思いますけどね。そのせいで縮小してこうなったのかもしれないし。
また3年後、通常運営になってどうなるかに期待したい。

(2020.9.22)

 

| | コメント (0)

山梨ぶどう

8月の桃の季節はすっかり逃してしまったが、9月のぶどうの季節に山梨に行ってきました。

シャインマスカットの美味しさを再確認するために…

Koufugrape01

まずは、馴染み(ってこともないが)のJA南アルプス市農産物直売所へ。
ソーシャルディスタンスで、入場制限がかかってました…。

さすが現地。色々なブドウが格安で販売されてました。
そりゃ、入場制限するほど人が来るわけだ。

Koufugrape02

シャインマスカットが600円〜とリーズナブルな値段で売ってました。(買ったのは800円のもの)

あと、バラのブドウ2種パック(種なしピオーネ、種無しゴルビー)370円も購入。

次は、勝沼へ。

Koufugrape04

「勝沼ぶどうの丘」からの眺め。
ワインも買いました。マスカット・ベーリーAというワイン。多分飲んだことなかった。
ロゼ?と思うほどクリアな色で、味はアッサリ。

Koufugrape03

ぶどう棚。
昔、Magic the gatheringに葡萄棚(Vine Trellis)というカードがあって、よく使っていたなあ(余談)。

路面の直売所に寄ってみました。

Koufugrape06

さすが直売。こんな豪華な試食をさせてくれました。

逆にこうなると、タダでは帰りにくくなりますね…(これが作戦だろう)。

Koufugrape05

珍しいぶどうを買いました。
赤い「クイーンニーナ」と、細い「ピッテロビアンコ(レディフィンガー)」
シャインマスカットほどではないが、それなりにいいお値段…。

今回食べた、ブドウの感想。

まず、全部美味しかったです。最近、自分の好きな果物ランキングで、ブドウが急上昇してます。
昔よく食べたデラウェアや巨峰(もう一生分食べた…)は身がプヨっとぬるっと柔らかい感じだけど、最近流行りのブドウはパリッとした食感ですね。全く別物で、こういうのが最近、好きなんですよ。

個別には…

種無しゴルビー、クイーンニーナ、種なしピオーネは、種はないけど皮が食べられないのがちょっと面倒。

ピッテロビアンコは、皮は食べられるが、種があるのがちょっと面倒。

そんな中で、シャインマスカットは、皮も食べられる上に、種もないんですよ! 
(まあ、そういうブドウは他にもあるけど…)
しかも甘さ、味の深みなど、格別なんですよね。
やはり、これに勝るブドウはない!

ってことで、予想通りシャインマスカット最強説を再確認できました(個人の感想です)。

(2020.9.15)

| | コメント (0)

新案・涼しいマスク

新型コロナで、外出時にはマスクを着ける日々が続いてますねー。

まだまだ涼しい季節とはいえず、マスクをしていると息が篭って暑いんですよね。

あるとき気づいたんです。
マスクの下側を少し開けるだけで、息を吸った時に外の空気が入ってきて涼しいことに。

で、考えてみました。新案・涼しいマスク。

Mask00

マスクの下側に、ストローを短く切ったものを3本ほど貼り着けるだけ。

すると、息を吸った時に外の空気が入ってきて涼しいのです!

息を吐く時にも、暑い空気がここを通って外に出て行き、暑い空気がこもりにくい。

これは良いですよ! 
特に効果あるのは、エアコンの効いた屋内ですね。
マスクの中にエアコンの涼しい空気が入ってきて、だいぶ涼しい。

逆に、炎天下の屋外で使っても、外の空気も暑いので効果は薄いです(それでも少しは涼しくなりますが)。

ネットで調べると、排気弁付きマスクというのは既に存在していました。
ただ、これは花粉症などの対策用らしく「吐く息を外に出す」ようになっているようです。しかも前方に。
コロナでのマスクの主な意義は、防衛ではなく自分が感染させないことなので、吸う息よりも吐く息を防ぐことに意味がある。
排気弁では意味がないですね。

新案マスクでも、吐く息が外に出てしまいますが、ストローの口が下方手前に向いているので他人には向かわず、自分の首元に息が出るようになってます。排気弁マスクよりは良いのではないかと。

試作では遠慮がちに排気管(ストロー)の長さをマスクのふちギリギリまでしてますが、もっと外に長く伸びていた方が、より下に排気できて良いかもしれません。
さらにいえば、吸う息だけ通りやすく、吐く息を妨げる弁を付けられればベターでしたが…自作ではちょっと難しくてそこまでやってません。

これはいいアイデアだ、もう少し煮詰めて特許でも取ったろうか…と2秒くらい思いましたが、面倒なのでやめました。
時々こういう「妙案」を思いついて、ひとりで楽しんでます。

※ このマスクは医学的検証を行ったわけではないので、感染防止に正しい効果があるかどうか保証はありません。
 使用に関しては、自己責任で…!
 こんな記事書くと、「マスク警察」に攻撃されそうで怖いな…。

(2020.9.8)

| | コメント (0)

データイースト クラシックコレクション

ようやく入手出来ました…

【 データイースト クラシックコレクション 】

本当だったら5月頃…日本発売直後に入手していたハズなのに、初期不良で返品…
直後、入荷未定になってしまい、指を咥えているしかなかったのですが…

最近ようやくAmazonに復活、値段も10000円ちょっとと手頃になっていたので、購入を決めました。

今度は、さすがに問題なく遊べましたよ(笑)。

De01

今はなき、DATA EAST(以降DECO)のゲームが、34本入っています。

これは嬉しい。海賊版でないところも重要。

De02

実機内での名称は「MY ARCADE DATA EAST CLASSICS」となっている。

昔のアップライト筐体を模したこのデザインが、飾っているだけでもワクワクしますよねぇ。

レバーは脱着可能で、パッドとしても遊べます。

De03

選択画面。

シューティング、アクション、スポーツなど様々なジャンルのゲームがあるんですが

個人的に思い入れのあるタイトルは…

  • Dark Seal
  • Darwin 4078
  • Karate Champ(空手道)
  • Lock'n Chase
  • Burger Time
  • Rootin Tootin(ラッパッパ)
  • SRD -Super Real Darwin-
  • Tumble Pop
  • Wizard Fire
  • Zaviga
  • B-Wings
  • Burnin' Rubber

思い入れのあるタイトルだけでもこんなにある。お得感!

「ラッパッパ」は、当時の近場のゲーセンでは見かけず遊んだことはなかったんだけど、雑誌記事で見てずっと遊んでみたいと思っていた。

-----

(余談)思い入れのあるタイトルでもないが

Midnight Resistance(英語版)の

「Dad,Mam,Sis,Please be Careful」というのが、結構ツボにはまった。

日本語版の「父よ、母よ、妹たちよ!生きていてくれ!!」の訳だと思うんだが…英語としてどうなんだこれ?

-----

タイトルとしては、ベルトアクション率が高いような気がする。
DECOのベルトアクションにはあまり思い入れないので、あまり嬉しくない。
それなら、古いゲームをもっと入れてくれてもよかった。

あと、チェルノブなど一部の有名タイトルも入っていない。
どうやら、作品によって権利者が違うものがあるようだ。

ところで、お気に入りタイトルの中でも、私が特に遊びたかったのはコレです…

De04

「ザビガ」

De05

ゼビウスに影響を受けた、縦スクロールシューティングです。

グラフィックが美しく、謎めいたフィーチャーも色々あって、昔も好きでした(下手だったけど)。

このタイトル、これまでコンシューマに移植されておらず、(疑惑の)Internet Arcadeにも存在しないので、ずっと何らかの形で遊びたいと思ってたんですよ。今回念願が叶って、それだけでも嬉しいです。

ってことで、満足満足、連日遊んでます。

…ですが、不満な部分もなくはないんですよ…というか、色々あります…。

◆ ディスプレイが横長画面なので、一部ゲームは絵が潰れてしまう

私のお気に入りのシューティング系などオリジナルが縦画面のものは、見た目が変になるし、縦横の移動スピードが変わってプレイしにくい。おそらく、ベルトスクロール率が高いから、そっちに合わせたんでしょうね。まあ、これは買う前から分かってたことですけどね。

◆ レバーとボタン

レバー(パッド)が、やや操作しにくいです。特に斜めが入りにくい。
まあでも、操作に関しては元々さほど期待してなかったので、まだ良いんですが…
ボタンの配置が、オリジナルと逆っぽい。普通内側(A)がメイン攻撃、外側(B)がサブ攻撃(またはジャンプなど)だと思うんだが、逆なんです。これはやりにくい。欧米ではこっちが主流だったりするのかな。コンフィグもないので、どうしようもない。

◆ サウンド

オリジナルのサウンドが再現されてはいるんですが…音飛びとか音遅れがしばしば起こります。
まあ、DECOのサウンドには、そこまでこだわりないんで(おい)許しますが、これがnamcoゲームだったら、1音違っただけでも激怒してるかもしれない。その意味ではこの商品、決して愛のある移植版とは言えないですね。

筐体自体への不満は、そんなところです。

が、それとは別に、久々DECOゲームを遊んでみた感想としては…

DECOゲームって、アイデアはいいのに、バランスとかレベルデザインがいまいちなのが多い印象。
初っ端から敵が全力攻撃してきて、あっという間に死亡するようなゲームが多い気がしました。

アーケードなのでインカムに厳しいのはわかるんだけど、ステージ1(または、初めの3分くらい)は、初心者でもすんなり遊べるように作ってくれれば、もう少し評価されたんじゃないかと。(そのあたり、namcoのゲームは、上手かった)

このシリーズで、namcoアーケード版も欧米では売られているらしいですが、こんな感じで日本発売してくれないのかな。
まあ、出来にもよりますが…。

(2020.8.31)

| | コメント (0)

最近のガチャコレクション その他篇

最近"回した"ガチャ(カプセルトイ)。その他系篇。

【 仕事猫2 】

仕事猫1も出来が良かったので、2が出たのを見て速攻で回しました。
1よりも2の方が、あちこちで見かけますね。

300円。

Fig202008_10

ヨシ! 

立ちバージョン。仕事猫ポスターのポーズに似てる。

Fig202008_11

台車を押すのは嫌いじゃない。

台車に別のフィギュアとか載せるのもヨシ。

Fig202008_12

なるほどですね〜。

嫌な顔になって、冷や汗をかいている…

「嫌な予感」あるある…

【 スイフト スポーツ ZC33S 1/64 】

400円。それなりのお値段。

Fig202008_15

最新スイフトスポーツのフィギュア。

ガチャのわりにはよく出来てる! プラスチック製なんですけどね。

前輪は傾けて、ハンドルを切った状態を再現してディスプレイできます。なかなか芸がこまかい。

最新型のスイフト、カッコイイんだよなあ〜。
ほんとは2代前のが可愛くて好きだったんだけど、今のもイイ。

Fig202008_14

リアビュー。リアもかっこいい。

(2020.8.25)

| | コメント (0)

最近のガチャコレクション ムシ篇

最近"回した"ガチャ(カプセルトイ)。ムシ系篇

カプセルコレクション サソリ

300円。

値段も昨今にしては(ダンゴムシとかに比べて)高くないし、そこまで期待してなかったんですよ…

Fig202008_01

しかし、実物見たらその出来の良さにびっくり!

Fig202008_02

造形もさることながら、全10箇所に可動部があり、かなりよく動きます。
腕や、尾や、腕(ハサミ)の関節など動き、色々なポーズを取れます。

Fig202008_04

尻尾は完全に伸びます。

Fig202008_03

尻尾だけでなく、腹部の末端も曲がるので、かなり本物らしいポーズが可能。

Fig202008_05

割とおざなりになりがちな、サソリの口の部分(鋏角)もちゃんと再現。

これは期待以上の良品でした。

【 イモコレ! 4 】

イモムシコレクション、イモコレシリーズ。
毎回買ってるわけではないですが、今回のラインナップはよかったので一回だけ挑戦。

400円。

Fig202008_06

オオムラサキ幼虫が出ました。結構いい出来。

オオミノガか、臭いツノ出してるアゲハ幼虫とかが一番狙いだったが、これもいい。

オオムラサキ幼虫は、越冬スタイルの方が馴染みあるし、カワイイんだけど。(実物見たことないけど)

 

【 昆虫ハンター2020 】

ガチャじゃなく食玩なんですが…。

このシリーズは毎度クオリティが高い。あと、中身を選べるのは、嬉しい。

Fig202008_07

ミヤマクワガタを選びました。

どうぶつの森では安物扱いされてますが、ノコギリクワガタより絶対こっちの方がカッコイイだろう。
カマキリ先生もそう言ってるし。

Fig202008_08

こいつもかなり可動します。
足、大顎の開閉、頭部・胸部の関節も動きます。

頭部の関節がちょっと緩くて、すぐうなだれてしまうのが玉に瑕。

Fig202008_09

裏側の足の茶色いところもよく再現。
むしろ裏側が本物っぽいですね…。ムシ嫌いの人は嫌だろうなあ…。

(2020.8.17)

| | コメント (0)

所沢パラノイア

「UFO手帖」で紹介されていた「完本 黒衣伝説」(朝松健)という本を読みました。
ジョン・A・キールの「プロフェシー(モスマンの黙示)」の趣がある、と評されていたのに興味を持ち。

ちなみに「プロフェシー」は、私の心の名著の一つ。
奇想天外でムチャクチャながら、そこはかとないリアリティも感じられるところがいい。
並みのオカルト小説ではなく、この類は唯一無二かと思っていたので、「黒衣伝説」も無性に読みたくなったのでした。

(作者のPN、朝松健はアーサー・マッケンからきてるそうな。面白!)

たまたま近くの図書館に所蔵されていたのもラッキー!(借りて読みました…すまん!)
なかなか面白かったです。もちろん、ビミョーに嫌〜な読後感もあったりするんですが、それを楽しむ作品なのでヨシ。
(まあでも、プロフェシーには全然及ばないけど)

実話タッチで、オカルト的な陰謀に巻き込まれていく主人公(というか作者自身)を描いてるんですが…(そこがキールっぽい)
その様をUFO手帖的には「パラノイア」と表現していました。

パラノイアとは…

「不安や恐怖の影響を強く受けており、他人が常に自分を批判しているという妄想を抱くものを指す。妄想性パーソナリティ障害の一種。自らを特殊な人間であると信じたり(誇大性)、隣人に攻撃を受けている、などといった異常な妄想に囚われるが、強い妄想を抱いている、という点以外では人格や職業能力面において常人と変わらない点が特徴。」(Wikipedia)

だそうです。
小説では、まさにこの通りのことが起こります。
突然、脅迫めいた電話がかかってくるとか…電車に乗ると近くにいる赤の他人が、自分に関係する話をし始めるとか…怪しい(MIBのような)男に後をつけられるとか…。
自分が何らかの組織に狙われ、常に監視されたり、追われたりしているかのような状況に陥り、それを陰謀だと思うわけです。

まあ、他人事として考えると、神経症的な思い込み…パラノイアだと思うのが普通なわけですが。

 

……実は、自分も同じようなことを体験しているのです。それもかなり長い間に渡って。

それが「所沢マジック」(と、うちでは呼んでいた)

かつて群馬県に住んでいた頃、県内に車で出かけると、なぜかやたらに所沢ナンバーの車に出くわすのです。

走行中に見かける、とかであれば、あっても不思議はないですが…

・自分の車の前に走る車が、ちょくちょく所沢ナンバー

・出先の駐車場に停めた時、気づくと自分の車の前や隣に所沢ナンバーが停まっている

というようなことが、頻繁に起こっていたのです。
(埼玉の話ではなく、主に群馬県での話ですからね)

あまりにもよくあるんで、一時期記録をつけてた事がありました。
(全て記録できていたわけではないですが)

-----

2013.0525道の駅花咲 前右と後に所沢ナンバー
 帰途で、信号待ち目の前に。その他1件

0601 SAを出るところで立ちふさがる

0622 今日はいないねえ、という話をしてたら、すれちがう

0714 サファリパーク料金所で真ん前

0728 コストコ 隣の外車

0804 山梨県の道の駅 駐車場

0818 ららん藤岡 駐車したら斜め前

0825 道の駅下弍田 駐車場と、出てきたバイク

0928 くれさか蕎麦やの駐車場で隣

1130 新そば祭りで、目の前を通過

1201 下仁田で、目の前の車

2014.0517 笠間工芸の丘 隣

0518 赤城高原SA 後

(以下、たまたま自分の車の前を走っていた所沢ナンバー)

Tkz01

Tkz03

Tkz04

Tkz05

-----

一つの理由として考えたのは、所沢ナンバー登録車が他に比べ多いのではないか?…ということ。

で、埼玉県ナンバーを調べてみたところ…

-----
(当時のデータです)

所沢ナンバー 登録台数:約53万台

熊谷ナンバー 登録台数:約62万台

大宮ナンバー 登録台数:約92万台

(参考資料)
宇都宮ナンバー 登録台数:約66万台
群馬ナンバー 登録台数:約92万台

-----

群馬からの距離にしても、登録台数にしても、熊谷や大宮の方が出会う確率は高そうです。

やはりこれは、私が所沢の刺客に目を付けられ、狙われているとしか思えない。
いや、所沢を装った、MIBの一味の仕業に違いない!

……

なんて、思ってないですよ。

上で書いたことは、自分の認識としては嘘ではなく、主観的にはまぎれもない事実なんですが…
おそらく事実誤認、認知バイアスがかなり影響しているものだと思います。

「俺が交差点に来ると、いつも赤になる」「俺がサイコロ振ると、いつも小さい目しか出ない」みたいなもの。

所沢ナンバーだけなぜかよく気づいてしまうだけで、全部の車を数えられたら決して突出した数ではないのではないか、と。

これを事実だと思ってしまうと、それこそパラノイアの世界に誘われてしまうわけですね。

ちょっと思い当たるのが…所沢ナンバーを気にするようになった頃と前後して、あるBlogを見た記憶があるのです。

そのBlogは、各地のダムを巡ったサイトだったと思いますが、筆者が「いつも熊谷ナンバーがいる」「熊谷ナンバーの車に付けられている」と本気(多分)で書いてるんです。それが、面白いな(失礼)と思って、印象的だったんですよね。
その影響があったのかも。

うーん、黒衣伝説じゃないけど、パラノイアは本当に伝染するのかもしれませんね…。

ちなみに、所沢マジックは、今でも多少続いてます。
ただ、もう埼玉暮らしなので、所沢ナンバーがいても以前より不思議じゃなくて、あまり面白くない…。

(2020.8.11)

 

| | コメント (0)

コウガイビル

先月は雨が多かったですが、そんな折、近所で懐かしいヤツに出会いました。

(虫注意!)

 

【 コウガイビル(笄蛭) 】

Kogai01_640
(下が頭です)

Kogai02_640
(同じ写真じゃないよ。ちょっと頭が動いてる。動きはすごくゆっくり)

コウガイビルって、存在を知らない方も多いんじゃないかな。

さほど珍しい生き物ではないようですが…私もここ何十年も見かけませんでしたし、
生き物掲示板等ではちょくちょく「この生き物は何ですか?」と質問が出るランキングTOP3の一つではないかと。
(ちなみにあとの二つは、ハナアブ幼虫と、カツオブシムシ幼虫)

扁形動物門ウズムシ綱ウズムシ目コウガイビル亜目コウガイビル科コウガイビル属
クロイロコウガイビル(正式名称)

生き物好きには、しばしばKGBと略されたりします。
ある意味親しまれてもいるんですね。

ヒルという名前がついてますが、分類を見る通り、ヒルの仲間(環形動物)ではなく
プラナリア(ウズムシ)に近い仲間(扁形動物)です。

プラナリアははっきりした目もあってカワイイですが、コウガイビルは目が無いように見えて不気味ですね…。
(生き物好きな私でも、ちょっとキモチワルく感じます…)

コウガイというのは、公害でも郊外でもなく、「笄(こうがい)」という髪結い道具のことだそうです。形が似ているそうで。
子供の頃は「郊外(にいるから)」だと思ってた。

Kogai03_640
(左に曲がった)

久しぶりと書きましたが、以前に見たのは(記憶の限りでは)小学生の頃です。
群馬県の館林に住んでいた頃に、よく見ました。それっきり今になるまで出会ってなかったですね。

今、南埼玉に住んでるんですが、暖かく沼が多くてじめっとしている気候は、舘林と似ているかも。

コウガイビルは、ナメクジを餌にしているようです。
梅雨の頃、この辺りで異常にナメクジが出ているのを見かけてました。
で、その直後同じあたりで、コウガイビルも見つけたのでした。
そういや、舘林にもナメクジたくさんいましたね。

コウガイビルは、プラナリアと同じ仲間なので、口は長い体の中央あたりの、お腹側にあるらしいです。
ナメクジを見つけると、絡みつき、お腹から口を出して飲み込むらしいです(見たことはないけど)
プラナリアの再生実験 )← 後半、プラナリアの食餌の絵あり

実は以前、Flashでコウガイビルをフィーチャーしたゲームを作ってました。
(現在、Flashを許容するブラウザがほぼなくなったので、プレイできる環境の方はほぼいないと思いますが…トホホ)

ニョロン

Nyoron
(画面写真)

ゲームとしては、よくある蛇ゲームのキャラをコウガイビルにしただけですけどね。
(で、「トロン」のライトサイクルゲームっぽいので、タイトルがニョロン…安直!)

このゲーム作ったときには「クロコウガイビル」だと思ってたが、実は「クロイロコウガイビル」だった。
なんで間違えたかな。もしかして、名前変わった?

(2020.8.4)

| | コメント (0)

Switchコントローラー 新調

Nintendo Switch、少し前にJoyConの自前修理をして、そちらは調子良いのですが…

今度は、以前に買った、ミニパッドのアナログコントローラーがヘタってきて、操作しないのにキャラが勝手に動くように…。
PS2とかPS4とか散々使ってもコントローラーがヘタるなんてことはなかったのに、Switch関連は脆弱だな。

まあ、ミニパッドは小さいところは良かったものの、毎度Switchのペアリング操作をしなければならず鬱陶しかったこともあり、この機に買い換えることにしました。

前は家電量販店で買ったのですが、今回は安易にAmazonで買うことにしました。

正規品は高額だし、JoyConが壊れた恨みも込めて、互換品にすることに。
ユーザー評価や値段を参考にして…

 

値段は3000円程度。以前買ったミニパッドと大差ない。
評判もまずまずのようです。

って、ことで注文。

Switchpad01

パッケージ。

Switchpad03

現物。なかなかデザインもかっこいい。
ちょっとPSパッドのパチモンくさいけど、それはそれで使い慣れてるのでよい。

使ってみた感想は…なかなか快適です!

まず期待通り、ペアリングは一度しておけば、次からはホームボタンを押すだけで認識してくれます。
これはかなり使い勝手いい…というか、これが普通だろう? 前に買ったパッドはなぜあんな仕様だったのか??

アナログコントローラーの操作感もしっかりしてて良いです。

また、前のコントローラーにはなかった、連射ボタンも付いてました。
シューティングゲームで試してみましたが、設定も簡単で、ちゃんと連射できました。

ちょっと振動が大きめに思いましたが、振動強度(連射速度も)は調整できるようです。

やはりサイズが大きくなって重くなった点はマイナスですが、コスパ、デザイン、性能を総合的にみて満足。
少なくとも、前に買ったミニパッドよりは全然良い製品でした。

ちなみにこれ、中国製らしいのですが…もはや中国製=粗悪品とは言えない時代になってますな。

細かいことを言うと、マニュアルの日本語訳がちょっと変。
コントローラーのペアリングの説明で…

「最初に接続する時、数回試しても繫がれずなんか不安です」(ママ)

マニュアルが不安っていうな(笑)。
意訳すると「最初繋がりにくくて不安になるかもしれないが、数回試してください(Switchの仕様)」ということのようだ。
まあ、おそらく機械翻訳でしょうな。
こういうところで、コストダウンしているのかも。

(2020.7.21)

| | コメント (0)

Rolly Polly Putter 「ダンゴムシパター」

 

Rpputter_sc01 Rpputter_sc02

【 Roly Poly Putter 】(ダンゴムシパター)

※ Cocologの仕様変更により、ブラウザで直接遊べる形でアップロードできなくなりました。
 遊びたい方は「遊び方」をご参照ください

【 ストーリー 】

遠出しすぎて巣穴に戻れなくなってしまったダンゴムシくんを、うまく転がして、巣穴に帰してあげよう!

【 ルール 】

  • ダンゴムシを転がして、「巣穴(ゴール)」に帰してください
  • 巣穴は、スピードが速すぎると、通り越してしまいます。
  • 1回転がるごとに、LIFEが減少します。LIFEが0になるとゲームオーバー
  • 画面外に出たり(OB)、クモなどの捕食者に捕まったりすると、ミスとなり元の位置に戻されます
  • ステージをクリアすると、残りLIFE+ステージのボーナス点がSCOREに加算されます
  • LIFEは次のステージに引き継がれ、ステージごとのボーナスLIFEが加算されます
  • 16ステージ以降はランダムに自動生成されたステージになります

<オブジェクトの説明>

草むら  :停止します
石、丸太 :反射します
砂地   :スピードが落ちます
水たまり :ある程度の速度であれば通過できますが、スピードが落ちると水没してミス
アリジゴク:穴に落ちるとミス
クモ   :接触するとミス
キノコ  :触れると縦方向に強力に跳ね飛ばされます
四葉のカタバミ:LIFEとSCOREが増えます

【 操作方法 】

  • 画面をタッチ→ドラッグ→放す:ダンゴムシが転がります。ドラッグ距離が大きいほど、より遠くに転がります
  • 画面の右端をドラッグ:ステージが縦長の場合、スクロールします

【 遊び方 】

まあ、わざわざDLまでして遊びたいと思う猛者もいないとは思いますが…一応DLして遊べるようにはしておきます。

HTML版 (ブラウザでのプレイ)

ダウンロード - rolypolyputter.zip

ダウンロード後、Zipを解凍し、"Start_RPP00.html"をクリックするとブラウザでプレイできます。

※ Chromeでは、ちゃんとサウンドが同期しますが、Safariでは音が少し遅れるようです。その他のブラウザは未確認。

Android版 

ダウンロード - rppatter.apk

AndroidスマホにDLして起動すれば、プレイできます。

※ GooglePlayストア以外からのアプリのDL・起動には、Androidシステム設定の変更など行う必要があります。
 方法は敢えてこちらには書きません。

【 その他 】

ひさびさのHTML5(JAVASCRIPT)ゲームです。

もともとパットゴルフみたいなものを作りかけてたのですが、多忙になってしまったことと、目新しい+αネタが思いつかなくてテンション上がらず、長い間止まっていました。

そこにダンゴムシブームがやってきて「あ、これがネタになるんじゃないか」と、ちょっとテンション戻り再開。
その後も遅々としながらも、ようやく完成にこぎつけました。
ダンゴムシのドット絵を描くのは、面倒ながらも楽しかったですわ。久々に割と真面目にドット絵描いた気がする。

完全に「出オチ」のゲームです(苦笑)。自分でいうのもなんですが、ダンゴムシという以外は、特に目新しいところもなさそうな。
そういえば、昔アーケードで「マリンデート」というゲームがあり、他にないタイプのゲームでなかなか面白かったのですが、そのオマージュでもあります。「マリンデート」はトラックボールでしたが、スマホのドラッグでも、まあまあ同じゲーム性を再現できたと思います。
でも、やっぱり本家の方がなんか面白いっすね。いや、オブジェクトバリエーションとかレベルデザインなど、本家よりちゃんとしてるんじゃないかと思うんですが…なんだろうこの違い。ライフ制とか、余計なことをしてるからかな…。普通に打数制にした方がよかったのかも。

前回も言及しましたが、ココログではBlog上で遊べる形でアップできなくなってしまったので、今後どうしようか考え中です。
最近はゲームをアップする頻度も落ちてきたので、現状でもさほど支障ないといえば無いんですが、本来の意義を考えるとこのまま続けるのも不本意だし…。
やはり、引越しを考える潮時なのか…!?

(2020.7.14)

| | コメント (0)

«ココログリニューアルの罠