当研究所の趣旨 -- About Proper Lab --

[※ トップ記事は固定です。最新記事はこの記事の下からです ]

「適当」とは、丁度良いこと。「おざなり」に有らず。

  • もともとFlashゲームをお楽しみいただく趣旨の当研究所でしたが…
    Flashコンテンツ排除の流れからプレイ不可能になったため、Flashゲームメニューは閉鎖しました(泣)。
    (過去記事はカテゴリーから選んでご覧いただけます)
  • さらに、HTML5ゲームの方もCocologの仕様変更によりアップしにくくなり、こちらの今後も不透明な状況です。
    もはやほぼ週刊雑談Blogと堕しております。
  • 週1回くらいしかメンテしていないので、コメントの承認とお返事が遅れる場合があります…。ズボラですみません。

 

 HTML5ゲーム・リスト HTML5 Game for PC 

 

 

取扱のご注意

※ ゲームをプレイするためには、JavaScript が有効になっている必要があります

※ こちらのゲームはPCでお楽しみください。スマホで表示できるものもありますが、ブラウザからでは快適に動作しない場合があります。

 

-----

 

(2009.2.10~)

 

 

 

 

|

ひと休み...

2009年からBlogを始めて(投稿頻度は徐々に減ったものの)、これまで一応は定期的な更新を続けてきました。

ですが最近、諸事情で定期更新がちょっと難しくなってきました。

まあ、ネタがあまりない、ということもありますが…

といったところで、今後、落ち着くまでは更新を休もうと思います。

別に、見ている人も多くないこのBlogで、いちいちこんなこと書く必要性もあまりないんですが…

突然パタッと書かなくなると、何事だと思う人もいるんじゃないかと思い、念のため。

再開するときは、またバリバリ精力的に更新できるようになりたいです。

(本来の趣旨を再開する意味では、Blogの引越しも必要なんですけど)

 


文字だけだと寂しいので、最近の写真

久々の、「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」
(埼玉県飯能市)

Akebono01

ムーミンバレーパーク開演後、どうなってるかなと思ったら、相変わらず…というかむしろそれ以上に賑わってました。
こっちは無料ですしね。

Akebono02

水浴び小屋も偏在。

ただ、以前エントランス付近にあった売店(ムーミングッズが売られてた)が、無くなってました...。

園内では相変わらず、少しムーミンはフィーチャーされてるんですけどね。

 


昆虫写真。

Shijimi01

アカシジミ

 

Shijimi02

ウラナミアカシジミ

 

(2022.06.20)

 

| | コメント (0)

オオムラサキの森

埼玉県、名所探訪。

埼玉県嵐山町はオオムラサキを推しています。
嵐山町のキャラ「むさし嵐丸くん」も、帽子がオオムラサキに模されています。

1986年に嵐山町の雑木林が、埼玉県により買収・整備され、オオムラサキの保護や森づくりの活動拠点とされたのだそうです。

オオムラサキといえば、言わずと知れた、美しい日本の国蝶。

Kab035_2

Oomurasaki

(上二点は、過去に群馬で撮影したものですが…)

滅多に見られないので、見れるとラッキーな気がしますね。

そんなオオムラサキが見られる場所が、嵐山町にあるので行ってみました。

オオムラサキの森活動センター

埼玉県嵐山町。

「オオムラサキの森」と道を挟んで、活動センターという施設があります。

Ohmurasakimori01

Ohmurasakimori02

(写真画像がボケボケで汚い…画像縮小時に何か設定を間違えたか??...まあいいか)

Ohmurasakimori03

予備知識なく、初めて来たのですが…
標本などの資料が展示されていますが、生体展示は無いんですね。

実は、行った頃の季節(5月)、まだオオムラサキは成虫になっていません。
それは分かった上で行ってみました。

というのも、オオムラサキの成虫は冒頭の写真の通り今までに見たことはあったのですが、幼虫をちゃんと見たことがなくてずっと見たいと思っていました。

なので、生体展示があれば見られるなーと思っていたのですが…

館内では見られませんでしたが、館外に網のかけられた木がいくつかありました。

Ohmurasakimori04

これは!

想像通り、オオムラサキの幼虫の餌であるエノキの木に、網をかけて保護育成を行なっているようでした!

Ohmurasaki01_640

これこれ、見たかったのは!

オオムラサキ幼虫!
(網の外からうまく撮るのがなかなか難しかったです…)

5〜6cmくらいかな、結構大きくて、おそらく終齢幼虫かと。
2本のツノと、つぶらな目がカワイイ。

Ohmurasakimori05

別の個体。

おお、これはもしかして、もう蛹になりそうな雰囲気?

蛹も見たことないので、見たかったですが…それは贅沢か。

あと、幼虫は越冬する時に落ち葉にくっついて越冬形態になるんですが、その姿も見てみたいんですけどね…。
でも、冬場にここに来たとしても、流石にそれは見られないかな…。(露店でどうやって保護してるのか? 次の冬にでも来てみるか)

 


オオムラサキの食草はエノキですが、エノキって昆虫に人気の食材らしいんですね。

珍しい昆虫も見られました。

Ohmurasakimori06

Yatuboshi01_640

一見、つぶらな瞳が可愛く見える(実際は模様ですが)、幼虫。

ハムシの一種の幼虫だとは分かりましたが、何かわからず。
ネットで検索してみたところ「ヤツボシハムシ」のようでした(ネット検索って優秀!)。

Kmenoko01_640

そこに、やはり見たことの無い、テントウムシの幼虫も発見。

しかも、よく見かけるナミテントウやナナホシテントウの幼虫に比べると明らかに巨大。

もしかして、カメノコテントウの幼虫では!? と一瞬思ったのですが…。

…しかし、自分の知識では、カメノコテントウはクルミハムシの幼虫を食べるはず?

で、またネットを検索してみると…
やはりこの幼虫はカメノコテントウの幼虫のようで(写真と一致)
さらに「カメノコテントウはヤツボシハムシやエノキハムシも食べる」らしいという記事もわずかに発見!(ネット検索優秀!)

新しい知識を得ることができました(普段の暮らしの役には立たない)。

しかも、もうしばらくしてからここに来れば、レアなカメノコテントウの成虫を見ることができるってことか!?
これは嬉しい! ぜひ来て確かめてみたい!

(2022.6.7)

 

 

| | コメント (0)

パパの幼馴染

私は、バレーパークはおろか、それができる遥か前に現地フィンランドの博物館にまで行ってしまうくらいムーミン好きなのですが…
(というても、グッズ買い漁るタイプでもないんですが…原作とコミックスが好きという感じ)

ガチャコーナー、相変わらず「ムーミン」アイテムが出続けてますね。
いや、ガチャに限らずなので、サンリオなどに並ぶオールタイムの人気IPに上り詰めた感もあります。
(今更何を、と思われるかもですが、10年前くらいまでは、ここまでではなかったので、不思議な感覚なんですよ)

ここまでグッズが増えてくると、有名なキャラだけではなく、どんどんマイナーキャラまでがアイテム化されてきてます。

で、いよいよ来たな、と思ったのがコレ!

【 ムーミンフィギュアマスコット4 】

キタンクラブ 400円 全5種

Moomin3_01
(クリック拡大)

「ムーミンパパの思い出」に登場する、パパの旧友3人です!

左から

発明家フレドリクソン

スナフキンの父、ヨクサル

スニフの父、ロッドユール

シリーズにはこのほか、子供時代のパパ自身とニブリング(小説版)がラインナップ。
今回粘ってキバって回したんですが…ロッドユールx3とか出てしまって心が折れました...

Moomin3_02
(クリック拡大)

こちらのキャラは、パパの思い出話の1エピソードにしか登場しないキャラということもあって、これまであまりグッズ化されてなかったと思います。

それが今、普通のガチャのフィギュアとして出るとは、ここまできたかって感じです。
(バレーパークとか、ムーミンショップのグッズとしては、これまでもあったと思いますが)

ちなみに、ヨクサルはスナフキンをより偏屈にした感じのキャラで、付き合いずらそうな印象ですが、個人的にキャラは好き。
あと、ロッドユールのちょっと神経質な感じには、親近感を覚えて好きです。
(小説版のスニフには性格が似てるが、コミックスのスニフはもっと図々しくて似てないですね。コミックスでは別にクロットユールというそっくりな息子が出てきます)

2人に比べると、フレドリクソンはまともで頼りになるキャラかな。友人になるなら彼がいい。
ただ、まともなだけにあまり印象に残らないという残念なキャラかも…。

別のガチャのシリーズでは、トゥーティッキとか、クリップダッス(ニブリングのコミックス版)とか、飛行鬼とか、別のマニアックなキャラも出てますね。(クリップダッス欲しかったんだけど、何回か回して挫折...)

ムーミンシリーズは、まだまだラインナップ増えそうで期待。
次に出て、ビックリさせられるとしたら、何かなあ。
(ホムサとか、アリ地獄とか、アンゴスツーラとか...?)
(あれ、フィリフヨンカって結構メジャーだけど、グッズ見た記憶ないな...人気ないからか?)

(2022.5.25)

| | コメント (0)

ウニのようなBEYOND豆腐が想像を超えていた

これまでも、色々な「代用食品」に注目してきましたが…

スーパーでこれを見つけた時には、「いよいよ来たか!?」と思いました。

【 相模屋うにのようなBEYONDとうふ 】

Unidofu01

「うに」の代用食品とは、なかなかチャレンジだな、と。

期待半分、ネタとしての興味半分で買ってみました。
税別198円。豆腐としては高いけど、ウニとしてこの量なら激安。

ちなみに、私はウニ好きで(大人になってから目覚めた人ですが)、今までもウニ絡みの記事も結構書いてました。

(例)

ウニには並々ならぬ思い入れがあるのです(笑)。

Unidofu02

豆腐というより、プリンみたいです。

Unidofu03

開けて、混ぜてみた。
色はちょっと淡めだけど、まあまあそれらしい?

Unidofu04

海苔に乗せてみた。光の具合もあるけど、結構リアルに見えます。

少し食べてみた。

!? こ…これは!!

いや、まだまだ即断はすまい。

Unidofu06

小葱とご飯、ワサビで、ウニ軍艦っぽい感じにしてみる。

食べてみると… 

これ、かなり美味しいです!!

ウニもそんなに頻繁に食べるわけではないので、記憶も曖昧ではあるけど…
あの美味しさをかなり再現している!

というか、そこらの寿司屋で食べるウニのような臭みがないので、むしろ北陸や北海道の現地で食べるウニに近い気すらします!

少なくとも、「粒ウニ」よりも美味しい!(個人的感想)

Unidofu07

さらに紫蘇も合わせて食べてみました。
これも合う〜!!

これはすごいです。
これまで色々代用食品食べてきましたが、元々の好みもあって、自分では今まででも一番の高評価です!

実は、この記事を書く前に、2回目も購入して食べていました。
今気づいたけど、今度はうに丼風を試してみたいです。
卵と合わせても良いかもしれない。

ちょっと考えたんですが、普段食べるウニに近づけるなら、あの独特のミョウバン臭だかアンモニア臭だかみたいな匂いを、なんらかの手法で加えると、かなりリアルになるんじゃないかなと思いました。何を使ったらいいのかまでは思いつきませんが。
(そこまでリアルにする必要はないとも思うけど)

この価格でウニを味わえるなんて、すごいものができてしまった。

考えてみると、豆腐は大豆からできてるんですよね。
最近話題の代用肉も大豆からできていて、かなり肉の味わいに近づいててすごいと思いましたが…

要は、「大豆すげー!」ということなのか。

大豆は人類を救うのかもしれない。

(おまけ)

せっかく巻き寿司をしたので、2回目はネギマグロ(お安いのがあった)もしてみました。
ウニ豆腐と合わせても美味しかったです!

Unidofu09

 

(2022.5.5)

| | コメント (0)

ROBOT魂 フルアーマーガンダムリアルマーキング

【 フルアーマーガンダム リアルマーキング 】

https://tamashii.jp/item/13837/

去年、12月にサイトで見かけて、「抽選予約販売」とあったのをついフラフラとポチってしまった。

どっちかというと、ガンダムよりジムとかガンキャノン派なのですが…このガンダムは、かっこええなあと。

それが、4月半ばに「発送しました」と通知があって、届きました。
(これ、抽選に当選したということ? だったらラッキーだけど…
 それとも実は、予約の上限を超えなければ必ず当たるもんだったのかな?)

Fag01

おお、渋い箱!

…と思ったら、これは外装で、その中にさらに箱が…

Fag02

あ、馴染みのロボット魂系のパッケですね。

Fag03

裏面。

Fag04

セット内容。

本体と、アーマーパーツ、ビームライフルやバズーカ、サーベルなどの武器、エフェクトなど…

なかなかてんこ盛りの内容です。

Fag05

まず、素のガンダム。

この段階でカッコいい。

本来、ここでライフルやシールド持たせて愛でるべきですが…
我慢できずアーマーをセットしてしまいました。
(ビームサーベルすら差していないとは…)

結構パーツはありますが、プラモじゃないんで、比較的簡単に組み上がります。

Fag06

フルアーマーモード! うーん、カッコイイ! 

(ポーズはいまいちだ…センスねえなあ自分)

肩や胸、腕まわり、ももにもアーマーパーツ。そして足もデカくなっています。

武器は、右腕の二連装銃みたいなヤツ(よく知らない)と、キャノン砲。

Fag07

背面。こういうゴツい系は、背面がかっこいい。

Fag08

フルーアーマーに、さらに盾を装備しちゃったりオリジナルアレンジ。
防御力高そう!

ビームライフル持たせたり、一部だけパーツを付けたり外したりなど、色々オリジナルアレンジできそう。

かっこいいだけでなく、オモチャとして楽しいです、コレ!

(2022.4.25)

 

| | コメント (0)

骨伝導ヘッドホン

仕事で、Oviceというバーチャルオフィスシステムを使ってます。

これ、ちょくちょく同室のメンバーに呼びかけられることがあって、常にヘッドホン(イヤホン)でそれを聞ける状態にしておく必要があるんです。

なので、音楽を聴きながら仕事をすることができません。

これまで長き間、常に音楽を聴きながら作業していた(当然、許可されていた)自分としては、そわそわして却って集中できなくて効率30%減なのです(当社比)。


時に、片耳にOvice用のヘッドホン、もう片耳に音楽のヘッドホンで聴いていたことがありますが…だいぶ面倒くさい。
って感じで、ずっと悶々としていたんですが…

テレビで「骨伝導ヘッドホン」の情報をやっていて(ラヴィットだったかな)…「これだ!」と閃きました!
(骨伝導ヘッドホンの存在は、以前から知ってはいたんですが、これまで自分の状況と結びついてなかった)

で、いろいろ調べたりした上で、家電量販店で買ってみました。

【 SHOCKZ OPENMOVE 】

Kotsuden01

お値段は10000円前後。そんな安い買い物ではないですが…

大人気の(耳に入れるタイプの)ワイヤレスイヤホンに比べると、ネットでも量販店でも、まだ選択肢は少なめですね。

それでも、もう少し安い品もあったんですが(5000円くらいのものも)…

あまり安すぎるものを買うのも不安があったので、こちらを選んでみました。
このメーカーとしては一番廉価な商品かな。

Kotsuden04

セットには本体と、簡単な説明書、充電用USBケーブル(他のUSBでもちゃんと充電できました)、そして「耳栓」が付属してました。
ヘッドホンに耳栓がついてくる、ってなんかおかしいけど、確かにそういうことだよね。

使用してみた感想ですが…

スピーカー部分がちょうど耳の上、こめかみに当たるような感じなのですが、すごくクリアで綺麗に聞こえてびっくり!
これ、今使っているヘッドホンより全然音がいいです。

実際の仕事でも使ってみました。
これを装着しながら、ヘッドホン(ステレオイヤホン)は耳に入れてOviceの音を聞く。
全然、OKでした! 曲がBGMのように聞こえるような状態で、人の声がちゃんと聞こえます。

流石に、打ち合わせになだれ込んだら骨伝導は外しますが…想像通りの使用感でGOODでした。

難をいうと、同時にイヤホン(カナル式)をつけると、クリアだった音がボワッと反響するように若干音質が落ちるんですよね…
まあ、でも、こんな使用法は想定外だと思うし、作業中のBGMとしてはさほど音質は問わないので、個人的には問題なしのレベルです。

アウトドアでも使ってみました。
会話や外の音もちゃんと聞こえるのに、そのバックにBGMが流れるのは不思議な感じですね。
スーパーや喫茶店でBGMが流されてるのを聴いてる感じ。

骨伝導ヘッドホン、耳の中に入れないですが、音漏れもほとんどない感じです。
よく電車でシャカシャカ音漏れさせてる人もいますが、これで音漏れがほとんど聞こえないのはすごい。
まあ、電車の音漏れしてるのは、よほど大きな音で聴いてるんだろうけど…。

ところで…
骨伝導というと、骨から音が伝わる仕組みで、空気を介して音は出てないようなものかと想像してましたが…耳からでもちゃんと音が聞こえるんですね。
耳に当ててもちゃんとスピーカから音は聞こえます。しかもかなり大きめで。
要は、骨から伝わるというより、耳のスゴイ近くで音出してるから聞こえるって仕組みなんじゃないか?

まあでも、原理はなんでも、耳に入れずに音楽が聞けて、上で書いたように音漏れもほとんどないので、目的には叶った商品で良い買い物でした。
これから流行るんじゃないかな!?

(2022.4.12)

 

| | コメント (0)

最近のガチャ2022・2 ダイオウサソリほか

前回のガチャネタからあまり間もないですが...。

【 いきもの大図鑑 サソリ 】

バンダイ 500円(安定の高額商品・笑)

今回は一発で「アタリ」を引き当てました!

ダイオウサソリ・大

Scorpion01_640
(クリックで拡大)

 

その他のラインナップは…

  • ダイオウサソリ・小
  • レッドクロウエンペラースコーピオン・大
  • レッドクロウエンペラースコーピオン・小
  • イスラエルゴールデンスコーピオン

ダイオウサソリ・小でもよかった…と思いつつ、素直にアタリをありがたく思おう。

Scorpion02

腕(触肢)、脚 、鋏角、尾部、腹部など、ほとんどの関節が可動します。

本物のサソリの標本を3Dスキャンして作られたとのこと。流石にリアル…!!

ただ、スキャンの精度の限界か、胸部の上の目がただの塊になってしまってるのが残念。
これは調整してほしかった。

Scorpion03

あと、腹部の関節が緩くて、↑のような姿勢の固定が難しかったです。
ちょっと詰め物をして固定できるようにしました。

いきもの図鑑シリーズ、毎度良いものですが、特に最近のクモ〜サソリに繋がるクモ類は、個人的に好きな類なので特に目を離せません。

次はぜひ、世界三大奇虫(ウデムシ、ヒヨケムシ、サソリモドキ)を出して欲しい!!
コンプするまで回しますよ!!

【 電子マネーマスコット 】

Jドリーム 300円。

珍しく、虫、動物系ではないカプセルトイです。

Dmoney01

お店のレジに置いてある、電子マネーの端末機器を再現したオモチャ。

端末と、電子マネーのカードがセットになってます。

全4種ですが、端末の形状はほぼ同じ。
カードは種類があって、私が当てたのはGoldのクレジットカードですが、黒っぽいクレカとか、交通カード系にもしたものなどあるようです。

で、想像通りギミックがありまして…。

Dmoney02

カードを端末に近づけると、端末が光るとともに「ピロリン♪」などそれらしい音が出ます!

いや、結構それっぽい、リアルな感じ。
ちゃんと近づけるだけ、非接触で反応するのが、よくできてます!
どういう仕組みなんだろ…??

どうもカード側に磁石的なものが仕込まれているようなので、その辺りで作動する仕組みになってるのかなと推測して…

Dmoney03

他の磁石付きフィギュアをかざしてみたら…見事「ピコリン!」(笑)

ともあれ、よくできています。

これと似たようなギミック系のカプセルトイでは、ファミレスの卓上呼び出しボタンとか、お風呂の湯沸かしとか、バスの降車ボタンとか、すでに色々出てますが、今回のこれが出色の出来じゃないですかね。

価格300円で、あからさまなハズレがないのも素晴らしい。
少し前にガチャったものですが、それ以来ずっと近場に飾っていて、時々鳴らして和んでます。

(2022.3.28)

| | コメント (0)

埼玉の城

埼玉県の名所探訪。
歴史遺構を2件巡ってきました。

【 鉢形城跡 】

埼玉県大里郡寄居町。

Saitamashiro05

鉢形城跡は、荒川と深沢川に挟まれた断崖絶壁の上の天然の要害の平山城。
1476年 長尾景春によって築城されたと伝えられている、とのこと。(武将詳しくないので、よく知らん...)
日本100名城の一つだそうです。

城跡は観覧無料。
土塁や堀などの遺構があちこち復元されていて、当時の面影を偲ばせます。


Saitamashiro01
三の曲輪 門跡。
結構、手をかけた復元がされてますね。ちょっと侮ってた。

群馬の「箕輪城址」を思い出します。

Saitamashiro02
石垣排水溝。

Saitamashiro03
石積み土塁。

Saitamashiro04
堀。

柵も大規模に再現されていて雰囲気あります。

Saitamashiro06

本丸跡…の標柱。
本丸自体は、単に閑散とした広場というか林になってました。

この城跡の近くには、鉢形城歴史館という施設がありますが、城跡を巡っている間に時間切れで見られませんでした…。

【 菅谷館跡 】

埼玉県比企郡嵐山町。

Saitamashiro17

Saitamashiro13

今、「鎌倉殿の13人」でも絶賛活躍中の、畠山重忠の館跡と伝わる館跡。

「続日本100名城」(そんなのあったのか)に指定されてるそうです。

Saitamashiro07
県立嵐山史跡の博物館。史跡の中にあります。
入館料100円。

Saitamashiro08

Saitamashiro09

畠山重忠のリアル人形。話します。
ドラマでのイケメン(中川大志さん)のイメージはないな(笑)。
こちら晩年の姿だとは思いますが。

博物館では中世武蔵武士の生活や戦いなどの解説や資料が見られます。
映像や音声系の展示が結構充実。

Saitamashiro10
博物館の裏手の、掘立柱建物跡。

 

Saitamashiro12
掘跡。

Saitamashiro14

畠山重忠の像。
戦国時代以前の武将ゆかりの地というのもなかなか感慨深いです。
群馬で言えば、新田義貞か。

埼玉は、去年が渋沢栄一、今年は比企氏や畠山重忠で、続けてフィーチャーされてますね。
(コロナなのが不運ですが…まあそれは、去年の群馬も同じだけど)

(2022.3.15)

| | コメント (0)

Vampire Survivors

一応ゲーム関連をメインに謳っているはずが、その実めっっったにゲームに言及しないこのBlogですが…久々に語りたくなったゲームがありました。
(いつもながら若干出遅れた感で…今話題は「エルデンリング」なんじゃないかという話もあるが…それはそれとして)

しばらく前から、SNSとかで話題を見かけて気になっていた
「バンパイアサバイバー」Vampire Survivors、プレイしました。

Vs01

プラットフォームはSTEAM。

300円とお安いし、お試し程度の気持ちで購入して遊んでみたら…

超面白いなコレ!

Vs03

ゲームの概要としては…

ソロプレイで、操作は8方向の移動のみ。
一定間隔で弾を発射するPCを敵に触れないように動かしつつ、どんどん倒していきます。

Vs04

時間が経つと、どんどん敵も強くなり数も増えていきます。

倒した敵からは経験値玉が出るので、それを回収し、レベルアップ。
毎回ランダムで提示されるパワーアップを獲得しつつ、30分耐え切るのが目的です。

ゲーム中に、時々お金も出現。
お金を使えば、ゲーム終了後に恒久的なパワーアップや、キャラクターをアンロックできます。

Vs02

特徴的なキャラがたくさん。
ステージはほとんど変化ないが、新しいキャラでプレイすると別の楽しさが。

また、アチーブメント、アンロック要素も山ほどあって、毎回のプレイで何かしらの進展や成長があったりします。
武器には組み合わせでランクアップするものがあったり、隠し要素もあるみたい。なかなか奥深いです。

Vs05

最初こそすぐ死んでしまいますが、何度もプレイしていくとどんどん長く生きられるようになります。

パワーアップもなかなかドラスティックで、バランスブレイクじゃね? というほど強くなりますが、敵の数もバカみたいに多いので、それでちょうど拮抗するという極端なバランス。

チープな見た目も相まって、バカゲー臭さもぷんぷんなんですが、遊んでいると時間を忘れ、何度もプレイしてしまう麻薬的な魅力を持ってます。もしかすると、パチンコって(あまりやったことはないけど)こんな感じかもしれない…と想像してしまう。

BGMもなかなかいい。特に最初のステージの、ゲームの雰囲気に合わない(苦笑)ムード歌謡みたいな曲が、ぐるぐる回る心地よさ。
そして宝箱を取ったときの無意味に長い射幸心煽るジングルも…どこまで本気でどこまでネタなのかわからない具合が、なんか可笑しくて良いです。

ところで…巷ではこのゲーム「ローグライト」と紹介されているようですが、個人的には疑問。

というか、ランダム要素があるゲームをなんでもローグライクとかローグライトというのはやめて欲しい(個人感想)。
だったら、ラリーXもローグライクかよ、って思ってしまう。
少なくともマップが毎回ランダムに生成されるゲームでないと。

このゲームをカテゴライズするなら、「ノバ2001」とか「スマッシュTV」の系譜なんじゃないかと思いますね。

まあ、なんにせよ面白いゲームです。
シンプルなアイデアで、ゲーム下手な私でも楽しめるバランス。
物量(絵の豪華さやステージの多さとか)に頼らずにそれでも何度も遊べてしまう作りの巧みさなど…もう脱帽するしかない、自分もこういう面白さを目指したかったと悔しくなってしまうようなゲームです。

最近、月風魔伝やソルクレスタなど、自分が気になって購入してしまったゲームが立て続く中、ピカイチの評価でした。

オススメです。

(2022.02.29)

| | コメント (0)

最近のガチャ2022・1

最近…でもないものも含めて、まだ記録してなかったガチャを棚卸し。

【 いきもの大図鑑 ピーコックスパイダー 】

以前記事にもしたやつで、その時引いたのは「ボラン♂」でしたが…

後日、「ボラン♀」を入手しました!

Pspider01

メスって、このシリーズ内ではハズレの位置付けだと思うんですが…

私的には、この出来を見て、むしろこれがアタリなんじゃないかと感じましたよ。

ぱっと見、日本にもいるハエトリグモそのままなんですけど…それがいい!
ハエトリグモのフィギュアとして、よくできています! 

(ピーコックスパイダーというやつも、ハエトリグモの一種なので当然ですが)

Pspider02

上から見たアングル。
どうです!? 見覚えある感じでしょう? リアル!!

Pspider03

正面。

ハエトリグモの、この大きな目がいいんですよねー。
カワイイ。

一点、ツッコミしたいのが…

触肢(口の側についている、触覚のような小さい足)が、オスのフィギュアと共通のパーツみたいなんですが…
クモの触肢は、一般的にオスとメスで大きさが違うんですよね(オスの方が大きくて太い)
ピーコックスパイダーのメスの触肢も、十中八九、もっと細いんじゃないかと思います…

(あと、はっきり確認はしてないが、オスがディスプレイに使う長い足の飾りも、メスにはないんじゃないかな)

Pspider04

まあ…そんな細かいことは置いておいて…

後ろ姿も、良い!

 


【 ころころゼンマイ フンコロガシ 】

キタンクラブ 300円

ムシ繋がりということで(?)。

プルバックで、フンコロガシが、球を押しながら動くという…なかなかにバカバカしいネタ。
チョロQみたいにすっ飛んでは行かず、ゆっくり動くのはリアル。でも、あまり長くは動きませんが…。

なんにせよ…このチョイスが私にはど真ん中。
昆虫の中でも、特にフンチュウ類大好き人間なもんで(ヘンナヤツ)

Funkoro01

ラインナップの中には、リアルカラーもあれば、ムシ本体が赤や青で、球がビリアードボールだったりフザケたものもあり。

Funkoro02

自分は、本体黒で球に「フンコろがシ」文字付き(なんだこりゃ)を引きました。

球はともかく、本体はまともな色で、これはアタリの内ですな。

Funkoro03

こんなふざけたフィギュアなのに、本体の造形はなかなかリアル!
いや、引く前から良さげだったので、期待はしてました。

Funkoro04

裏側までかなりリアルに作られてます!

正月の新年会で恩師(昆虫図鑑監修)に見せたら、やはり、なかなかよくできてると言ってくれました(笑)

 


【 点灯むし 】

タカラトミー、300円。

これまたムシ繋がり。

テントウと点灯をかけたダジャレなんですが…
光るテントウムシのフィギュアです。

Tento03

ダジャレフィギュア、という割には、テントウムシの造形が良くできています。かなりリアル!
頭部も少し稼働します。

脚パーツが全部共通で、組み立て時には「テキトーだなあ」と思いましたが、組み立ててみると全然違和感ない。
テントウムシの脚って、確かに部位によってそんなに違いないかも知れない。なるほどー。

で、いよいよ点灯してみました!

Tento01

中のLEDが点灯して、ホンワリ光ります。なかなかキレイで良いです。
まあ、ちょっとクリアすぎて中のギミックが透けて見えるのですが…まあ、これはこれで。

ラインナップは5種。

  • ナナホシテントウ
  • ナミテントウ(フタホシ)
  • トホシテントウ
  • カメノコテントウ
  • シロホシテントウ

この中で自分が引いたのは、「シロホシテントウ」「トホシテントウ」…。

どっちも見たことはありますけどね…でも、テントウムシと言ったらコレジャナイ感。
(トホシテントウは、作物を食う害虫だし)

やっぱりテントウムシといえば、ナナホシテントウやナミテントウの方が馴染みあるし良かったなあ。
あとカメノコはレアではあるが、見れたら嬉しい憧れのテントウです。これでも良かったのに。

ガチャって、必ずハズレ商品をラインナップしていて、ハズレ商品の方が数量多いんじゃないかという疑念を最近持ってます。

必ずしも各商品の数量が同じことを保証してない…という噂もあるし…。

 


【 シャドウアート ウルトラマン 】

バンダイ 300円。

光るアイテム繋がり、ということで…。

Uq02

ウルトラマンのOPの「影絵」を再現したという…なかなかマニアックアイテム。

1回だけやってみました。

Uq01

カネゴン!

はいはい、こんな感じ。
DVD確認してみたら、確かに背景もこんな感じの色(もあった。切り替わるから)。

カネゴンはウルトラマンの怪獣じゃないし、願わくばバルタン星人とがよかったかな。

Uq03

説明書に「謎の怪獣」というのがあって、これマグラだろう? と思ってたが、マグラは他に出てるんですよね。
やっぱり公式的にも「謎の怪獣」ということらしい。

 


【 光る! コスモ星丸 】

ケンエレファント 300円

これまた光るアイテム繋がり。

コスモ星丸…わかる世代って…。というくらい、なぜ、今、という感じのキャラクター…。

説明するのも面倒なので、なんなのかはネットででも調べてください。

Hoshimaru01

ラインナップは、いろんな色がありましたが、青はイメージカラーなので、アタリかな。

Hoshimaru02

こんな感じで光ります。綺麗。

懐かしさもあるけど、キャラとしても可愛いし、ちょい置きのマスコットとしては良いですね。

TOKYOオリンピックのマスコットも、あと何十年かしてみると感慨あるんだろうなあ。
キャラグッズは捨てずに取っておこう。

(2022.2.15)

| | コメント (0)

«PAC-MAN×SKYGARDEN「パックマンのゲーム博物館」