« ミサイル防衛 | トップページ | 30ピースパズル・VOL3、4 »

謎解き超常現象[本]

<伝説>

この写真をご覧ください。
Orb01_2

画面右下に、謎の光の玉が写りこんでいます。
これは「オーブ」と呼ばれるもので、何らかの心霊現象といわれています

たしかに、この光の玉をじっと見ていると、なにやら顔のようなものが見える気がしませんか?
そういえば、この写真を撮ってから、私の身の回りでは良くないことが頻発しています。

・口内炎が一度に二つもできた
・なぜか体重が1kgも増えた
・傘を電車の中に忘れてきてしまった
・作ったゲームがあまり売れなかった

やはり、これは何かの予兆なのでしょうか。

<真相>

というわけで(?)、新刊のレビューをしてみます。

私は不思議話(いわゆるオカルトを含む)も好きです。
スタンスはというと、「好きだけどあまり信じてない派」です。こういうスタンスの人も世間では結構多いようです。

もともとオカルト好きで、のめり込んで調べるうちに、大抵は間違いかウソだという結論に行き着き、そうそうは信じなくなってしまったという口ですかね。

この本の筆者(ASIOS)の方々も、同じようなプロフィールの方々らしいです。

そのため、否定する場合にも頭ごなしではなく(そんなものは科学的にありえないから、とかではなく)、綿密な調査を行い、その結果として否定という結論を導き出しています。

もっとも、真の「懐疑」派なら、この本の内容も鵜呑みには出来ないはずですね。

個人的な判断基準として、多くの情報源(出典)が明記されているものほど、信頼できると思っています。この本ではその点がクリアされています。

怪しいオカルト本は、出典があやふやなことが多いです。自分で思いついたとか、謎の情報源から得た情報なんてのも多い。また自分自身の著作しか引用していないものも怪しいですね。

もう一つ信用できるのが、この類の本としては珍しく、完全に謎解きが出来ない(敗北?)を告白している記事もあることです。「ファフロツキーズ」※についてです。怪しい言説を語る人ほど、なかなか自分の負けを認めないものですので、この点にも好感が持てます。

※ 空中からの謎の落下物の事。私もこの用語は最近知りました。「フォーティアン現象」の一種としては認識してましたが。

肝心の本の内容ですが…

ちょっとした超常マニアだと、既知の内容も多い…かも?

なので、私のような人間よりもむしろ、こういう話は好きだが、真相までは良く知らない、という人に読んでいただきたいですね。

それでも内容の充実度は高いですし、この手の本の中では最新の話題も扱っているので、「実用性」も高いと思います。(飲みの席で話題に出そうなものとか・笑)

新しめの話題としては…

  • ウェブで話題の心霊動画
  • 地震雲
  • 911陰謀論
  • ジュセリーノの予言
  • フォトン・ベルト

このあたりの謎解きがまとめて掲載されている本は、初なのではないでしょうか。

今回の冒頭写真「オーブ」の話題も書かれています。ネタバレすると、まあ、ただの光のイタズラなんですが。(ちなみに、今回の写真はトリミングされてます。実は左上の方にまぶしい光源があったのです)

ともあれ、こういう本を個人的に応援したいので、この場を借りてオススメしておきます。

ちなみに、もう少し夢の世界を漂っていたい方には

「フェノメナ・怪奇現象博物館」北栄社

もおススメします。

こちらはむしろ純粋オカルト本で、既に真相が判明しているネタも多いのですが、それぞれの解釈に押し付けがましいところが無いので、オカルト好きにも、懐疑の方にも楽しめるものだと思います。

(2009.4.21)

|

« ミサイル防衛 | トップページ | 30ピースパズル・VOL3、4 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

超常現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/44734800

この記事へのトラックバック一覧です: 謎解き超常現象[本]:

« ミサイル防衛 | トップページ | 30ピースパズル・VOL3、4 »