« 田んぼのパラダイス | トップページ | 巨像を見た! »

ゲームにスキップ機能!?

ゲームの苦手場面、飛ばして先へ 任天堂が「スキップ機能」(IT-PLUS)

今後、任天さんのゲームには、「難しい部分を飛ばして先に進める機能」が付く…ということのようです。

いやー、思い切ったことをしますね!!

賛否はあると思います。個人的にも…現時点では評価しにくいです。

良い面を言えば…

私自身もあまりゲームは上手くないですし、クリアできなかったゲームよりクリアできたゲームの方が評価は高く感じますので、この機能があったら喜んで使うだろうなあ…と思います。

とにかくクリアできれば嬉しい、という人も多いでしょう。「一切苦労しないゲーム」の方が好きというユーザーも増えている…とも聞きます。

まあ、一般的にはゲームなんて息抜きのようなものですから、仕事で疲れて、その上ゲームでも疲れてどうする!というのはありますね。

その意味では、さすが任天さん、いつもながら先見の明があるなあ、と感心してしまいます。

Gameboy_2

(写真と記事は関係ありません)

ただ、あえて危惧面も書いてみると…

ゲームの、あの「何度もやり直して、やっとクリアした達成感」というのが無くなってしまうのかな、と思ったりもします。

根性無い私なんか、同じ場所で3回もゲームオーバーになったら、クリア機能を使いたくなっちゃいますね。

でも、4回目、5回目にはクリアできたかもしれません。その達成感を感じることはもう出来ないのかも…。

エンディングを見た後に、あらためて再挑戦するのでも良いとは思います。でも、エンディング見ちゃったゲームをあらためてやり直す人って、どれくらいいるんでしょう?

私自身は、割とクリア重視派なので、一度クリアしたゲームは、その後ヤリコミ要素などあっても、もうやらない…ということは多いです。

あと、作り手側の話をすると、この機能に頼って「ゲームのバランス調整が、おざなりになる」可能性もありませんかね。
「この機能があるんだから」とバランスの詰めを甘くして良いという風潮が蔓延したりとか…。

(メーカー的にはバランス調整が楽になっていい、なんて話もあるかもですが…)

でも、本来レベルデザイナーなどは、適切なバランスを取るために腐心し、また、それができる才能を持つ人間が重宝されてきたと思うのですが、その存在意義が否定されるのかな…なんてちょっと哀しい気持ちにもなったり。

そもそも、任天さんの「ゼルダ」なんて、毎度あのギリギリのバランスが職人技だな…と感動して来たものですが、今後はスキップしちゃうかもしれませんが、良いんですかね。

とはいえ、おそらくこの機能はアクションゲームなどに限るんですよね。
どんなゲームにもこの機能がついたりはしないでしょうね。

例えば

  • 勝手にコーナーをガンガン曲がってくれるレースゲーム
  • 何もしなくても謎が勝手に解けていくアドベンチャーゲーム
  • なかなか痩せられなくても勝手に体重が減っていくWiiフィット

なんていうのは、さすがに無いでしょうね…。

いや、まじめに今回の任天さんの英断は、ビデオゲーム世界のパラダイムシフトなのかもしれません。

それとも、もしかすると、ビデオゲーム世界の終焉なのかも…。

(2009.7.6)

|

« 田んぼのパラダイス | トップページ | 巨像を見た! »

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/45558628

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームにスキップ機能!?:

« 田んぼのパラダイス | トップページ | 巨像を見た! »