« イスタンブル適当旅行・2 | トップページ | イスタンブル適当旅行・4 »

イスタンブル適当旅行・3

[ アヤソフィア ]

Istn01_05

「聖ソフィア大聖堂の前まで来た時、マホメッド二世は馬をおりた。
(中略)
それから中に入ったマホメッド二世は、壁面を埋める見事なモザイクの色彩の洪水を、愛でるかのようにしばらく眺めていたが、その後で大臣たちをふり返り、この教会をただちにモスクに改造するように、と言った。」
(コンスタンティノープルの陥落)

東ローマ帝国(ビザンチン帝国)時代にキリスト教の大聖堂として建設されたもので、1453年に コンスタンティノープルを占拠したオスマン帝国のメフメト2世(本では、マホメッド二世)が、モスクへ転用しました。

Istn01_06

ここは、今では教会でもモスクでもなく、博物館となっています。

といっても、展示物が並んでいるというより、その壮麗な内部そのものが展示品といった感じです。

Istn01_07

Istn01_075

ビザンチン時代のモザイク画が残っています。
オスマン朝時代に塗りつぶされたものが、20世紀に発見されたのだそうです。

以前記事として書いた「バイキングの落書き」もここにあります。昔から観光名所だったんですかねぇ…?

Istn01_085
(これも落書き。…何語だ??)

大理石で造られた美しい壁面を眺めていると、ふと違和感が。

Istn01_08

ん!?…これ、大理石じゃない!手描きじゃん!?

アヤソフィア内部の壁面には、一部、この手書きテクスチャが使われていました。
いったい誰の仕業だ…? 修復の一環なのかな…。 謎です。

別の場所では、柱に穴があいていて、そこに観光客が群がっていました。

Istn01_09

これは、「聖母マリアの手形」だそうで、指を入れてくるっとまわすと願いが叶うんだそうです。
どこの国にも、こういうのあるんですねえ。

ひとしきりアヤソフィアを楽しんで後にすると、時間はもう12:00過ぎ。
そろそろ小腹もすいてきましたね。

(続く)

(2009.9.5)

|

« イスタンブル適当旅行・2 | トップページ | イスタンブル適当旅行・4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/46071164

この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブル適当旅行・3:

« イスタンブル適当旅行・2 | トップページ | イスタンブル適当旅行・4 »