« イスタンブル適当旅行・8 | トップページ | 新三銃士 »

イスタンブル適当旅行・9

ちょっと長いですが、キリの良いところまで。

[ 考古学博物館 ]

Museum1

あまり客がいなくて静かな所でした。オジサンならずとも現地の人には人気なさそうですねえ。

ここにも猫がたくさん。

Cat

イスタンブルでは、野良犬、野良猫が大切にされているんだそうです。

おっと、猫を見に来たんじゃなかった。

この博物館の目玉(?)、「アレキサンダー大王の棺」。

Alex1

Alex2 

でも、彫刻がアレキサンダーを題材にしているというだけで、本当にアレキサンダーのものかは不明だそうで。

Mushus

↑「ムシュフシュ」という怪物のレリーフ。こういうの、怪物好きにはたまらんです。
バビロニア、イシュタル門のものだとか。

Augustus_2

↑ローマ皇帝アウグストゥスの彫像。旧ローマ帝国ですから、ローマの遺跡もたくさんあったのです。

Troy

↑トロイの木馬(想像復元・縮小版)。イスタンブルから近いトロイ遺跡には、もっと大きなものがあるらしい。

博物館の庭園には、軽食コーナーがあったので、ホットサンドとコーラで遅い昼食。
ひとしきり見終わって、もう16:00時。

こういうものに興味あるかどうかにもよりますが、なかなか見どころありましたよ。
行って損した気にはなりませんでした。

次は、スィルケジ駅へ。町を散策しながら、だらだら歩いて向かうことにしました。

[ スィルケジ駅 ]

1時間くらいだらだら歩いて、スィルケジ駅周辺に到着。

Sirkeci

スィルケジ駅は有名なオリエント急行の終着駅。

海辺の駅で、ここからガラタ塔も見えます。
駅舎も美しい。

切符が無くてもホームに入れます。
ホームにある喫茶店には「オリエント急行」の文字が。

Orientex

さて、そろそろ帰らないと。
裏道など散策しつつ、また歩いて戻ることにします。

Oldbuil

裏道の古いビル。かっこいい…。

[ ロカンタ ]

スルタンアフメット周辺に戻りました。

今日はさすがにお店で夕食をしたい…ということで、
トルコの食事で一つ楽しみだった「ロカンタ」に入ることにしました。

Locanta
(ボケボケですが…ロカンタ)

ロカンタは、店先で料理を選んで、奥で食べるスタイルの食堂です。
料理の名前はよくわからなくても、「this,this…」といった感じで指差しで頼めます。

席は地元の人や観光客でそこそこ埋まっています。

料理はこんな感じ。

Dinner
(手前から左に…ムサカ、スープ、ドマテス・ドルマス、キョフテ、ライス)

・ ムサカ
茄子の味噌炒めみたいな感じ。
かなり美味しかったのですが、ちょっと脂っぽくて、すぐお腹いっぱいになってしまったのが残念。

・ スープ
メルジメッキ・チョルバス(レンズマメのスープ)だったと思いますが…自信ない。

・ ドマテス・ドルマス
トマトの肉詰め。これは美味しい!

・ キョフテ
羊ハンバーグ。マッシュポテトもたっぷり。
ちょっと、羊のクセがあるかな…。

・ ライス
全然食べられますが、やっぱり米は日本のが口に合う…。

・ ビールと水(水もタダじゃないからね)

これだけ食べて総額は…ちょっと忘れましたが、けっこう安かったと思います。

食事を終えて、ホテルへ帰還。
TVを点けたら、トルコ語で「魔女の宅急便」をやってました(笑)。

(続きは…またいつか)

(2009.10.10)

|

« イスタンブル適当旅行・8 | トップページ | 新三銃士 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/46425418

この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブル適当旅行・9:

« イスタンブル適当旅行・8 | トップページ | 新三銃士 »