« コマゴマ3題 | トップページ | かずあてどうぶつえん »

サルミアッキ

「世界一マズいキャンディ」として有名な、フィンランドのお菓子、
サルミアッキ」を入手しました。

Salmi01

中身はこんな感じ。

Salmi02

黒い…。
ぱっと見は、日本でも売ってる、のど飴っぽい。固いキャンディーです。

…マズいと知っていながら、口にするのは抵抗あるのですが…
早速なめてみました。

……。

確かにマズイ…。

第一インプレッションは、黒砂糖のような感じの味で、甘いんですが…。

その後、ス~っとする、のど飴のようなミント系の味が。
しかし、これもまだ序章。

第一層が終わると、その奥から、何とも言えない、薬っぽい味と言うか匂いが、お口に広がり…

これらの味のハーモニーが、もうなんともいえないマズさを醸します…。

…しかし…

世界一という割には、思ったよりたいしたこと無い。

マズいのは確かなんですが、これなら最後までなめられます。

日本ののど飴でも、これに似たの、ありますよ。
咳の出るときとか、薬だと思って我慢してなめてるけど。

(あ、そりゃ、「イカ飯キャンディー」とかネタ系のものには、もっとマズいのありそうですが、それは別として)

そもそも、この「サルミアッキ」って何?
ちょっと調べてみました。

甘み成分は「リコリス」という植物だそうです。
リコリスは、日本語で言う「甘草=カンゾウ」とほぼ同じものらしい。

カンゾウと言えば、咳止めにも使われる生薬ですね。
なぁ~るほど。咳止めアメに似た感じなのは、そのせいか。

同じ「リコリス」を使った食品としては、「ルートビア」があるそうです。
「スヌーピー」の好きな飲料ですね。これもマズいという評判だったような。
そういえば、沖縄で飲んだルートビア、こんな感じの(変な)味だったかも。

しかしサルミアッキには、それに加えて、ある成分が含まれるのが特徴だそうです。それは…

塩化アンモニウム

ナニ、これ? 食べ物に入れていいものなの?
得も言われぬ形容しがたい味は、ここから来ているのか…?

ちなみに「サルミアッキ」の名前は、「ラテン語で塩化アンモニウムのことである sal ammoniac に由来する。」(Wikipedia)だそうです。へぇ~。

こんなサルミアッキですが、北欧諸国では人気なんだそうで…。スーパーやコンビニで普通に売っているみたい。

たしかに、思ったほどひどくは無いし、ドクターペッパーが好きな人とか、意外に好きかも。
「アンモニア臭」というほどの臭さは無かったし。

まあ、噂には尾ひれが付くということかな…。

…。

…え? もう一つある?

こ…これは…

スーパー・サルミアッキ」!!

Super01

ス…スーパーですかッ!?

Super02

中身はこんな感じ…。やはり黒い。
しかも、こちらは、グミキャンディのようにソフトな感触。よけい不気味だ。

せっかくなので、こちらも食べてみました。

……。

うわッ!いきなりきたっ!

なんだこの味…甘いような、甘くないような…

…いや、明らかにしょっぱいぞ!

そこに、というか、ゴムというか、鼻を突く匂いと、なんか食べ物でない味わいが。

こ、これが塩化アンモニウムの味なのか…!?

やっぱりミントのようなスーっとする感じはありますが、それも他の味が邪魔して全然さわやかじゃない。

それに、このグミ系のくにゃっとした感触が舌にまとわりついて、この味わいから逃げることを許しません。

最初に「サルミアッキ」をなめていたので、少しは慣れもあったはずですが…

それでもマズいッ! 確実にこっちの方が!!

これは気分悪い…。続けて二つはとても食べられない。
かなりの破壊力です。

ああ…しんどかった。
本当に世界一マズいと言えるほどかどうか、わかりませんが…
普通に売られているものとしては、かなりマズい部類に属するのは確かです。

でも、あちらの人はこれを好んで食べるっていうから不思議だ。

逆に、あちらの人が梅干とかを食べたら、こんな風に感じたりして?

しかし…

まだ、だいぶ残ってる「サルミアッキ」「スーパーサルミアッキ」…。
この後、どうしよう…。

(2009.10.1)

|

« コマゴマ3題 | トップページ | かずあてどうぶつえん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/46356528

この記事へのトラックバック一覧です: サルミアッキ:

« コマゴマ3題 | トップページ | かずあてどうぶつえん »