« イスタンブル適当旅行・9 | トップページ | Ever Dream This Man? »

新三銃士

今週からNHKで、人形劇の三銃士が始まりました。

NHK 連続人形活劇「新・三銃士」

第10話までの放送は月~金、11話以降は毎週金曜だそうです。

三谷幸喜さん脚色…という気合の入り方。

NHKの人形劇ドラマって、なんか懐かしい感じですね~。
大昔、「プリンプリン物語」や「三国志」とかは見てました。

今回の三銃士の人形造形は、「プリンプリン」や「ひょっこりひょうたん島」などを彷彿とさせるエキセントリックさです。
異様に手が長かったり、顔に木目が入っていたり…見方によってはブキミにも見える。

人物だけじゃなく、パリ宮殿が「バラド・デュア」みたいなとんでもない造形だったのにもドギモを抜かれました。

そんなところでも、ちょっと話題になりそうな予感がします。

三銃士と言えば、昔やはりNHKで放送していた「アニメ三銃士」。

全部見てたわけじゃ無いけど、けっこう好きでした。
テーマ曲の「夢冒険」(酒井法子さん…)も良かった。iTunesMusicStoreで、間違って2個も買っちゃったくらい好き(苦笑)。

アニメの方はさすがに、原作とは色々設定も違っていましたね。
コンスタンスがボナシューさんの娘だったり、アラミスが実は女性だったり。
まあ、でもこれはこれで良かったんじゃないかな。

今回の人形劇はどうなんだろう。
初回を見てみました。

あれ…はじまり方ってこんな感じだったっけな?
原作は読んでいたのですが、もうすっかり忘れていて。

ちょっと本棚を探って、原作を引っ張り出して、序盤を読み直してみました。

あ、全然違う。
原作よりも、むしろ「重い(シリアス)」。

原作では、主人公とロシュフォールの出会いも、もっと軽くてバカっぽかった…。
そうか、こんな感じだったっけ…。

原作は、古典とは思えないくらい軽いというかカジュアルですよね。
でも、それがいい。
冒険活劇のエッセンスとステレオタイプがてんこ盛り。

まあ、人形劇の方は「新」三銃士ですし、こちらはこちらで面白ければそれでOKっす。

所々、三谷幸喜節っぽいセリフもあって良かったです。

これからも楽しみ。
原作も、もう一回読み直そう。

(2009.10.13)

|

« イスタンブル適当旅行・9 | トップページ | Ever Dream This Man? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/46477096

この記事へのトラックバック一覧です: 新三銃士:

« イスタンブル適当旅行・9 | トップページ | Ever Dream This Man? »