« イスタンブル適当旅行・11 | トップページ | フライング・ヒューマン »

セサミストリート40周年

ここ数日、Googleのトップページがセサミストリートになってますね。

セサミストリート40周年だそうで。
セサミストリートって、思ったより古くないのね。

もう日本でTV放送しなくなって久しいので、若い人にとってはあまり思い入れはないかもしれませんね。

私は、かなり子供の頃に第一次マイブームがありました。
子供心に、セサミのキャラってちょっと不気味なんですけどね。
ツーヘッデッドモンスターとか、ヘリーとか、ちょっと怖い。
でも、なんか面白かった。

その後ずいぶん大人になってから、第二次マイブームがおこって、むしろ昔より楽しみになってた時期がありました。

やっぱりマペットがいい。それと、あのマペットたちがいるストリートの現実と非現実のハザマのような、妙な雰囲気が好きでした。あそこに、マリアさんとか、普通にすんでるんだよなあ。

私の第二次ブームの間に、ちょうど、エルモたちが新登場しました。エルモ、最初ウザかったけど…今やすっかりセサミの顔になっちゃって。

一番好きなキャラは、以前にもしばしば引き合いに出させてもらってますが(ドリームサーファーに顔が似てるとか)、「オスカー・ザ・グラウチ」。
ゴミ缶の住人ですね。子供番組の登場キャラとは思えない、あの性格の悪さが素敵。心配性のテリーや、彼女?のグランジェッタと掛け合いをすると、しばしば困る側になるのがまた面白い。

グローバーも好き。ボケ役が多いが、悲惨な役回りになることも多い。スーパーグローバーというショートコントシリーズが傑作。

カウント伯爵もいいですね。彼が数を数えることを誰も止められない。そして10数えると必ず雷が鳴る。

マイナーなところでは、ボケ探偵シャーロックヘムロックとか、音真似得意なサイモンさんとか、「ヤップヤップ」くらいしか話せない「火星人」とか、物忘れの激しいフォゲットフル・ジョーンズとか…。

思い入れのあるのは古いキャラばかりですが…しかし、懐かしいなあ。

今、本国ではどんな感じなのかな。
雰囲気も変わっちゃったかもなあ(NHKからテレ東に移った後見たら、ずいぶん違う感じがしたし)。
今見ても面白いと思えるんだろうか?

結局は、ノスタルジーってことなのかも。
歳をとったってことでしょうなあ。

(2009.11.9)

|

« イスタンブル適当旅行・11 | トップページ | フライング・ヒューマン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/46722688

この記事へのトラックバック一覧です: セサミストリート40周年:

« イスタンブル適当旅行・11 | トップページ | フライング・ヒューマン »