« ブラタモリ | トップページ | ノスタルジックな話題・2つ »

イスタンブル適当旅行・12

月はじめなので、毎度のトルコ・イスタンブル旅日記です。
もはや一年前の話ですが…。

第一回はこちらです。

-----

Istn08_2
(I=ヴァレンス水道橋 J=ボスポラス海峡 K=ハイダルパシャ駅)

9:00AM。今日は、まず「ヴァレンス水道橋」へ行く予定。

トラムで、スルタンアフメット駅からラーレリ・ユニヴェルスィテ駅へ。
ここは、イスタンブル大学前の駅です。

そこから、西へ歩きます。

既にこの辺りにも所々、水道橋の遺跡のようなものが続いていますが、旅行ガイドなどでよく見る一番有名な場所に向かいます。

[ ヴァレンス水道橋 ]

Valens

ローマ時代の水道橋です。

完成したのは4世紀頃という話ですから、日本では…大和朝廷の頃かな?
ローマ帝国の技術力、恐るべしですよね…。

水道橋の近くは、運動器具のある公園になっています。
なぜかこんな時間に、一生懸命運動器具で運動しているオジサンもいました(笑)。

しばし佇み、公園で水道橋を眺めていると、声をかけられました。

それは、ホテルの朝食で見かけた、ヨーロッパ系の老夫妻でした。
やっぱり水道橋を見に来たようですが、同じ宿のお客同士として、覚えていてくれたんですね。
ちょっとうれしかったです。

水道橋を後にして、次はこの辺りにあるはずの「スレイマニエ・ジャミィ」を目指します。

知名度ではブルーモスク(スルタン・アフメト・ジャミィ)には劣りますが、エミノニュや新市街から眺めたりした時の存在感はイスタンブル随一と言って良いかもしれません。

それくらい目立つ建物なので、近くに行けばすぐわかるだろうと、それこそ適当に歩き出しました。

しかし…歩けど歩けど、分からない…。

これだけ近づいてしまうと、かえって巨大なミナレットも見ることができません…

そのうち、それらしい壁面も現れたのですが、入口が見当たらない…。

Hamam
(迷っていた時見つけた、歴史ありそうなハマム=トルコ風呂の建物)

…どうやら、この時、スレイマニエ・ジャミィは修復中で、入れなかったようです…。

仕方ないので、予定変更。すぐにエミノニュに向かうことにしました。

しかし、ここでも迷って迷って(方向音痴の本領発揮)…。

歩き続けると、思いがけず突然、グランドバザールが目の前に!
全然思っていた場所と違うじゃん…!(苦笑)

とはいえ、やっと知った場所に行きついてホッとする…。

せっかくなので、Tシャツを補充することにします。
ちょっと値切って、自分用とお土産用に、トルコらしいTシャツを2枚買いました。

グランドバザールからなら、さすがにエミノニュへは、迷わず行けます。

これでようやく、次の予定に向かえる…。

Tshirt

(征服者スルタンメフメト イスタンブル …っていうTシャツ)

(つづく)

(2009.12.1)

|

« ブラタモリ | トップページ | ノスタルジックな話題・2つ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/46901813

この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブル適当旅行・12:

« ブラタモリ | トップページ | ノスタルジックな話題・2つ »