« イスタンブル適当旅行・13 | トップページ | クリスマスFlash »

イスタンブル適当旅行・14

時刻は14:00時。
ボスポラスクルーズからエミノニュ桟橋に帰還。

また、昼御飯を食べてない…。

ということで、桟橋の露店でパンと水を買い…
休む間もなく、アジアサイド「カドキョイ」へ向かう定期船に乗り込みます。
(またもや強行軍!!)

ボスポラス海峡を渡り、アジアサイドへ…。

カドキョイには「ハイダルパシャ駅」という、古い駅があるそうです。

船が港に着く直前に、駅が見えてきました。

Haydarpasa

おお、これは美しい。

桟橋に着いた後、駅の中にも入ってみました。

Haydarpasa02

駅舎内も趣ありますね…。

この駅からは、トルコの首都アンカラや、イランの首都テヘランなどへの列車が出ているようです。
スィルケジ駅とは逆に、アジアの果ての駅ということになるんでしょうね。

駅もひとしきり堪能し、カドキョイ周辺を少し散策することにします。

サバサンド売りがここにもいました。相変わらず良いにおいです。
お腹も空いているので、またサバサンドを食べることにしました。

ガラタ橋のサバサンドとは、また少し違った味わいもあり、これも美味しかったです。
やっぱり、今回の旅の一押しフードはこのサバサンドですね…。

そんな感じで適当にうろついた後、また船に乗ってヨーロッパサイドに戻ります。

再びエミノニュへ帰還。

まあまあいい時間だし、今日の目的は果たせたし、のんびり帰路につくことに。

途中エジプシャンバザールを通ります。
エジプシャンバザールの中で、ジュース売りのスタンドがありました。

Zakuro

フルーツをその場で絞って飲ませてくれる、正真正銘100%生ジューススタンドです。
オレンジがメジャーですが、日本では珍しいザクロ生ジュースもあるようです。

これはおいしそう。ザクロジュースを飲んでみることにしました。
3.55YTL(約280円)。これが、超美味!
程良い甘みと酸味で、スッキリして飲みやすい。これも発見でしたね。

また歩いていると、食器を売っている日用雑貨屋がありました。
砂漠の長老のようなおじいさん店員(なんか雰囲気あるなあ)。

カミさんが、「チャイグラス」を買うということで、ここで値切りに(初)チャレンジ!
結果、グラス、受け皿、スプーンを各2セットで、4TYL(約320円!)で購入。
や、やるな…。

途中そんな寄り道をしながら、スルタンアフメットに戻ると、時刻は18:00時。

夕食は何を食べようか迷っていると、レストランの呼び込みのお兄さんに声を掛けられました。
「二階に、ブルーモスクが見える席が空いてるよ!」

そういえば、これまでちゃんとしたレストランに入って無かったし…良いかも。

なかなか高級感あるお店で、ちょっと緊張…(実際はそんなに高くない)。
私は、タウク・シシ(チキンケバブ)を。
カミさんは、バルク・ウズガラ(スズキの焼き魚)を頼みました。

Tavuk
(タウク・シシ)

タウク・シシは、淡い塩味の焼き鳥って感じでした。日本人にも食べやすい味だと思います。脂身が無くちょっとボソッとしていて、胸に詰まりそうな感じもありましたが…。

バルク・ウズガラは、まさに焼き魚って感じで、こっちの方が美味しかったかな。

珍しくちゃんとした食事ができて満足。
帰りがけに、カップ入りのアイランを買ってホテルに戻りました。

(今回はこの辺で。続きはまたいずれ…)

(2009.12.7)

|

« イスタンブル適当旅行・13 | トップページ | クリスマスFlash »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/46945432

この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブル適当旅行・14:

« イスタンブル適当旅行・13 | トップページ | クリスマスFlash »