« 第X次お笑いブームの終焉? | トップページ | 今さら、忍たま乱太郎が面白い… »

日光江戸村

掛川花鳥園」に続き、最近遊びに行ったところシリーズ。

日光江戸村」(栃木県日光市)

こちらも実際に行ったのは昨年末。
ちなみに、2/7までは、メンテナンスでお休みだそうです。

時代劇、ちょっと好きなんです(最近あまり見てないけど)。

マイフェイバリット時代劇は
「暴れん坊将軍」「三匹が斬る」「遠山の金さん」
あたりかな。

(大河ドラマや黒澤作品は「時代劇」とは言わないですよね?)

いずれ時代劇ゲーム(歴史ゲームでは無く、ジダイゲキゲーム)を作ってみたいとも、密かに想ってたり。

Entrance
江戸村エントランス。
おお、それっぽい。

Machi01
江戸村内。
着物の人たちは、職員の人じゃなくて、多分コスプレ体験の人。

Nyanmage02
「ニャンまげ」発見!

まだ開場早々だったので、周りにあまり人がいない。
江戸の町を一匹ポツンと歩く姿がシュールだ…

いや、さすがに飛び付きませんでしたよ(笑)。
(昔、ほんとに飛びつかれて、中の人が骨折したとかいう噂があったような…)

Ninja
街角を曲がると、忍者ショーイベントが行われていました。

ちょっとコミカルな内容ですが、殺陣は本格的。時代劇好きにはたまらんです。
爆発や、高所からの落下などもあり、結構見ごたえあります。

江戸村内では、定時に各所でこういったイベントや演劇が行われています。

Nanameyashiki
「忍者怪怪亭」

江戸村内にはこんなアトラクション(?)もあります。

建物内は斜めになっていて、平衡感覚がおかしくなる…
…って、説明難しいですが、こういうことです↓

House02_2

まったく忍者には関係ありませんが(笑)、なかなか奇妙な体験ができます。

Bugyosho
北町奉行所。

どうやら、「遠山の金さん」のお芝居が行われる…ということで、観劇することにしました。
観客は満員です。

Kinsan

コミカルなお芝居で、けっこう笑えます。
ライブって、TVの1.5倍くらい面白く感じますよね。

最後はちゃんと「この桜吹雪を見忘れたとぁ言わせねぇぞ!」の決め台詞!
いよっ、金さん!
おひねり投げちゃいました。

Openset00jpg
メインストリートから離れた、ちょっとした高台には、実際に時代劇の撮影に使われるという、オープンセットがあります。

こっちには、あまり人がいなかったなあ。
そのおかげで、現実世界を少し忘れられました。

なかなか面白かったです。
唯一欠点は、ちょっと入場料が高いことかな…。
入場料を払えば、お芝居なんかも追加は不要なので、まあ、考え方ですけど。

-----
(追加情報!)

時代劇、江戸好きなら、こんな所もオススメです。

東映太秦映画村」(京都府京都市右京区太秦東)

Uzumasa

こちらの方が、メジャーですかね。
入場料は江戸村より安いです…。
たまに松平 健さんのサイン会なども催されるらしい…いいなあ。
(私が行ったときには無かったけど)

江戸東京博物館」(東京都墨田区)

Edomuseum01

時代劇でない「江戸」を知りたいなら、こちらですかね。
江戸の町には農民が一人もいなかった…というのをここで初めて知りました…。
(日本全体では70~80%を占めていたといわれる農民なのに。江戸の暮らしは当時の日本全体の暮らしを表していなかったんですね)

江戸東京たてもの園」(東京都小金井市)

Tatemonoen

作りモノではなく、リアルな建物が見られます。
近代の建物の方が多い印象ですけど。
宮崎駿さんデザインのキャラがトレードマーク。

奈良井宿」(長野県塩尻市)

Narai01

テーマパークじゃありません。
歴史的建造物保存地区ですね。
実際に人が住んでいますし、お店も営業しています。
でも、外観は江戸時代…。ある意味一番リアルかも。

(2009.2.2)

|

« 第X次お笑いブームの終焉? | トップページ | 今さら、忍たま乱太郎が面白い… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/47461749

この記事へのトラックバック一覧です: 日光江戸村:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/02/03 09:36) [ケノーベル エージェント]
塩尻市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 09時36分

« 第X次お笑いブームの終焉? | トップページ | 今さら、忍たま乱太郎が面白い… »