« 日光江戸村 | トップページ | マナバーン2010 »

今さら、忍たま乱太郎が面白い…

「新三銃士」が、新展開になりましたね。(以前の三銃士関連記事

原作的には、「妖婦ミレディーの秘密」編に突入という感じですが、果たしてどこまで原作を踏襲するのか…?
ミレディー編って、けっこう物語的にヒドいところがありますからねぇ…。

まあ、少なくともミレディーの首をハネたりはしないでしょうけど。

-----

で、本題ですが…
新三銃士が週5放送だったころの録画予約の惰性で、今、金曜以外は「忍たま乱太郎」が録画されています。

これが今更ながら面白くて、最近では毎日の楽しみに。
昔も好きでよく見てましたが、まともに見るのは十数年ぶりくらいですね。

久々に見たら、オープニングアニメが変わっていて、それがけっこうカッコイイ!
(曲は昔と同じだけど、歌も光GENJI→→Hey!Say!JUMPに変わっていた。時代を感じる…)

特に、「そ~さぁ~100%勇気~」のあたりからの、先輩たちラッシュのスピード感が、スゴい…。
(まあ、最近のアニメはみんなこのくらいスゴイのかもしれませんけど…あまり見て無いから)

先輩たちと言えば…しばらく見ない間に、美形キャラが増えてますねぇ(笑)。

先輩の面々もそうですが、いつの間にか兵庫水軍が美形キャラぞろいになっていたことにびっくり。
昔は、第三協栄丸さんくらいしかいなかったのに…。

あと、オープニングの「忘れない~でね~」のところで一瞬表示される斜堂先生の顔、あれはサブリミナル※ですか?(笑)

※ 私は「サブリミナル効果」を信じてませんけど。

Shinobigama
(忍者道具 by日光江戸村)

「忍たま乱太郎」は、基本ギャグアニメなので、時代考証等もあまり真面目では無いですが、忍者考証についてだけはかなり詳細で、史実に基づいているみたいです。(いや、「忍術学園」なんてのは別ですけど)

うずら隠れとか、水月の術とか、石火矢なんて言葉も、忍たまで初めて知りました。

1エピソードに1つくらい、こういうネタがあって、「ためになるなあ」と思いつつ見てます。

お気に入りのキャラは、山田先生と、ドクタケ城主(木野小次郎竹高)。おっさん好きかよ。

-----

同時に録画されている「おじゃる丸」も見てます。
こちらも久々に見ましたが、あまりメインキャラは増えて無いみたいですね。

お気に入りキャラは、オコ坊・ニコ坊、貧ちゃん。最近見ないけど、お化け屋敷の館長さんも好き。

(2009.2.5)

|

« 日光江戸村 | トップページ | マナバーン2010 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/47486664

この記事へのトラックバック一覧です: 今さら、忍たま乱太郎が面白い…:

« 日光江戸村 | トップページ | マナバーン2010 »