« パーシー・ジャクソンとペルセウス | トップページ | 最近見た映画三本 »

ICC

業務連絡:しばらく留守にしてます。
自動更新です…(ちゃんと更新されてるかな?)

-----

「パワースポット」というものが流行っているらしいです。

「パワースポット」のある場所からは、生命や物質に良い効果のある「生命エネルギー(?)」がわき出していて、そこに行くとそのエネルギーを得て、元気になったり、病気が治ったりする…という話なんですが…。

例のごとく、理屈っぽい話で言うなら…

パワーがあらゆる生命や物質に公平にエネルギーを与えるのなら、その場所に漂っている細菌やウィルスもエネルギーを得て強化されているはず…
強化された病原菌に感染したり、病気がさらに悪化したりする可能性もあるんじゃないかな、なんて思ったりもします。
(人間だけが特別なんて思うなよ…ということで…)

まあ、理屈は抜きにして、本人の気分が良くなって元気が出るなら、それはそれで良いとも思いますけどね。

その意味では、本人が癒されたり活力を得る気分になれるなら、パワースポットはどこだっていいわけです。

-----

ということで、私の「パワースポット」のひとつをご紹介。

ICC NTTインターコミュニケーションセンター」

東京オペラシティタワーの中にある施設で、新宿駅から一区間、京王新線初台駅が、もより駅です。

Icc01
(オペラシティ)

いわゆる「現代芸術」の美術館です。

現代芸術というと、
「意味がわからない」
「小難しいことを語るだけで、内容が無い」
「美しくも無いし感動もしない。これが芸術とは思えない」(←酷い)
という方もいるかもしれません。

いや、確かにそういう側面もあるのですが(あるんかい)、肩の力を抜いて見れば、面白いものはいっぱいあるのです。

Icc03
(ICC前)

特にICCは、そんな現代芸術の中でも「デジタル」要素を持った作品を多く扱っています。
CG好き、ゲーム好きであればきっと楽しめると思います。まあ、私も当然ゲーム好きですし。

「作品」は、いわゆる「商品」ではないので、押しつけがましさがあまりありません。自由で奔放。
「ははは…」と笑ったり、「なんじゃそれ!」と突っ込みを入れたり、ゆる~い気持ちで楽しめます。
それが癒しになるんですよ(私には)。
現代美術館の例にもれず、人があまりいなくて静か…というのも癒しポイントですね(笑)。

Icc05

ICCのオープンスペースは、なんと無料!(昔は有料だったんですけど。今でも、特別展示があると、そちらだけは有料になります。)
気楽な気分で観賞できますね。

で、具体的な展示内容ですが…
さすがに美術館なので、中の写真は撮れません。

なので、ICCにゆかりの作家さんをご紹介。(これで傾向は分かってもらえるんじゃないかな。)

・ 岩井俊雄さん

代表作はFCディスクシステムの「オトッキー」、DSの「エレクトロプランクトン」、電子楽器「TENORI-ON」そして「ウゴウゴルーガ」のシステムやキャラクターなど…
親しみやすい「音と映像の魔術師」って感じですね。
オトッキーの頃から好きでした。

Otocky

現在は常設で作品「マシュマロスコープ」が展示されています。
(昔の作品も好きだったんだけどな)

・ 藤木淳さん

有名どころは「無限回廊」。PSPのゲームにもなっていますが、元々作品の方が先にあった模様。
ご本人のサイトでも、色々な作品を楽しめます。
どれも、不思議な雰囲気を持ったアートとゲーム/ツールの狭間のような作品です。
私が行った時には、オープンスペースで作品が体験できたけど…常設じゃ無いかも。

・ クワクボリョウタさん

サイト「vector scan」。 
有名どころだと「ビットマン」(明和電機さんとのコラボ)かな…。
作品だと「PLX」が好き。
これは昔あったLEDゲームみたいな感じで、対面する二人が同じ内容のゲームを全く別の視点でプレイするという…全然説明になってませんね。とにかく発想が面白いんです。

・宮島達男さん
サイト
ICC内の作品じゃないですが…
冒頭の写真の、オペラシティの階段に作品が設置されています。

Icc02
これだと分かりにくいですが…

Miyatasu

これですよ。こんな作品をたくさん作っている方です。
アニメの「時をかける少女」は絶対インスパイアされてますよね。

と、こんな感じの方々が作品を提供している美術館なのです。
体験型の作品も多いので、芸術を見に行く、というよりも遊びに行く感覚で楽しめますよ。

いかがでしょう?

(といいつつ、地方に引っ越して以降は、なかなか行けなくなってしまって残念なんですが…)

(2010.3.20)

|

« パーシー・ジャクソンとペルセウス | トップページ | 最近見た映画三本 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/47829982

この記事へのトラックバック一覧です: ICC:

« パーシー・ジャクソンとペルセウス | トップページ | 最近見た映画三本 »