« また NAMCO SOUNDS | トップページ | ICC »

パーシー・ジャクソンとペルセウス

映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

を見てきました。
まあ、面白かったです。

原作は読んでいないのでわかりませんが、映画の方はやや子供向けというか、アニメっぽい感じでしたね。

主人公の家庭環境が不幸だったり、「デミゴッド学校」があったり、3人の仲間で行動したり…など「ハリー・ポッター」を意識したような設定があるのはご愛嬌。
(やはり、総じて「ハリー」の方が話は良くできていると思いますね。「パーシー」は、そこまで複雑じゃないです)

しかし、主人公が神(父親譲りの)力を得て大活躍するのは、なかなかスカッとします。
ハリーポッターに比べて、戦闘シーンも怪物も多いですしね。

私的に一番ツボだったのは、物語の端々に「ギリシャ神話ネタ」が満載されているところですね。
ちょっと「聖おにいさん」的な楽しみがありました(神話ネタつながりってことで)。

そもそも、「パーシー」って「ペルセウス」からもじられた名前だったようです。
(もっとも、ペルセウスはポセイドンではなくゼウスの息子ですが)

その他にも、「メデューサと戦うにはどうしたら良いのか(新潟の職人さんに感謝しないとね!)」「ヒドラの首を斬ったらどうなるのか」「黄泉の川を渡るにはどうしたらいいのか」など…

ギリシャ神話のパロディっぽいエピソードが多いので、この辺りが好きな人には、より楽しめると思います。
(知らなくても、全然楽しめます)

なかなか面白かったです。
DVDが出たら、買おうかな。

------
偶然と言うかなんというか…
今回行った映画館にチラシが置かれていたのですが…

新作映画「タイタンの戦い」(4/23公開)←※HP重いです

これはもう、言わずと知れた、故レイ・ハリー・ハウゼン氏の名作映画のリメイクですね。
ギリシャ神話の、ペルセウスの物語を映像化したものです。

Perseus2
(ペルセウス)

この映画はエポックメイキングでしたね。
特に、ストップモーション(人形アニメ)で撮影されたギリシャ神話のクリーチャーの数々が、当時としては物凄い出来の良さで。

それを、最新技術(多分CG)でリメイクしたということのようです。

かつての「タイタン」で登場した、クラーケン、メデューサ、巨大サソリ、ペガサスなどのクリーチャーは、ひと通り出そうな雰囲気。しかも、メデューサはご丁寧に下半身蛇のところも再現してるみたい(神話では蛇じゃないので、あれはハリー・ハウゼン氏のオリジナルデザインだと思います)。

これはこれで期待しちゃうのですが…気になるのは…

ひとつは、多分、旧作は超えられないだろうな、というところ…。あの禍々しい毒々しい感じは、ストップモーションとあの造形ならではのものじゃないかなと思ったり。

それから…クライマックスに関わるネタが、今回のパーシー・ジャクソンで使われているのとモロ被りで、新鮮味が無さそうなこと…。

パーシーの映画自体、タイタンの旧作にインスパイアされてると思うので、さもありなんという感じですが…なんとタイミングの悪いことよ…。

(2010.3.17)

|

« また NAMCO SOUNDS | トップページ | ICC »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/47821846

この記事へのトラックバック一覧です: パーシー・ジャクソンとペルセウス:

« また NAMCO SOUNDS | トップページ | ICC »