« 「お化け屋敷で科学する」・パート2 | トップページ | 東京スカイツリー »

リボルテック・エイリアン

「特撮リボルテック」シリーズ「エイリアン」フィギュア

4/1に発売されたばかりですが、早速ゲット。

リボルテックは、独自の関節ギミックを持ち、比較的自由度の高いポーズが可能な「海洋堂」のフィギュアシリーズです。
すでに、パトレイバーの「ヘルダイバー」とか、持ってました。

で、そのラインナップに「特撮」フィールドのキャラクターがラインナップ。
その第一弾が「大魔神」と、この「エイリアン」ですよ。

Box01
(クリス・ウェイラス氏も絶賛だそうです)

Box02
(ボックス内部)

スターシップエスケープ」なんてゲームも作ったように、私はエイリアン大好き。

中でも「1」が好きなんですが、今回のエイリアンはその「1」のものです。
「1」のエイリアンは、ギーガー氏の気色悪デザインセンスが最も反映されていて、良いですよね。

Alien01
(うおお…キモかっこいい…)

Alien25
(横から。ゆらぁ~…)

Alien03
(きしゃーっっ!)

Alien04

口の中の口「インナーマウス」も出せます。
ただ、形状がイマイチかな。
開いた形状にすると引っ込められないからでしょうね。別パーツにしても良かったかも…

Facehagger

「エッグ」と「フェイスハガー」のオマケ付き。フェイスハガーは、独立します。
ここまで来たら、「チェストバスター」も欲しかった。

実際に見るまでは、リボルテックの独特の関節が目立って、ちょっとかっこ悪いかも…なんて思っていましたが、意外に気にならなかったです。

いや~、良いですね。これは良いものだ。
久々のフィギュア好き魂を満足させられましたよ。

…と、褒めてばかりでしたが、あえて難点も書くと…

自由度の高いポーズが可能のリボルテックなのですが、実際にポーズを取らせるのにはコツが必要。
適当に回そうとしても、思うように動いてくれません。
下手に動かそうとすると、関節が分解しそう。凄く気を使います。
(稼動のコツは取説等にも書いてあります)

まあ、「1」のエイリアンは、劇中でもほとんど派手なポーズは取らなかったので、それほど関節動かさなくても、劇中の雰囲気を表現するのは可能なんですけどね。

しかし、動かさないのであれば、かつてコナミが食玩で出していた「SF Movie Selection エイリアン vol.1」で充分という話も…?

Aliens
(コナミSF Movie Selection エイリアン )

いや、やっぱりこのサイズ感と、可動できるのは良い!
連日、箱から出して眺めたり、また仕舞ったりしてニヤニヤしてます。
(そんな自分が、エイリアンより怖い…)

(2010.4.5)

|

« 「お化け屋敷で科学する」・パート2 | トップページ | 東京スカイツリー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/48007984

この記事へのトラックバック一覧です: リボルテック・エイリアン:

« 「お化け屋敷で科学する」・パート2 | トップページ | 東京スカイツリー »