« 台湾旅行ダイジェスト・2 | トップページ | 「お化け屋敷で科学する」・パート2 »

映画「シャーロック・ホームズ」

映画「シャーロック・ホームズ」を観てきました。

私がシャーロック・ホームズ好きなことは、以前も書きました。
以前の記事1)(以前の記事2

原作好きなので、まず原作に忠実かどうかを、つい評価してしまいます。

映像作品としては、私的にはグラナダTVの「シャーロックホームズの冒険」(ジェレミー・ブレットさん主演)が至高作品です。
こちらは、原作にかなり忠実だという点で、世界のシャーロキアンからも定評がある作品ですね。
(そのグラナダのものでも、終盤の何本かには、原作をかなり歪めかつ出来が悪い回がありますが)

しかし、今回の映画に関しては、予告編の時点で既に「原作とは全然違う」ということはわかってました。
なので、「原作の映像化」として楽しむというよりは、あくまで派生作として(パロディとして、と言っても良いかも)楽しみに行くくらいのつもりでした。

そういう視点で見た感想としては、けっこう面白かったです。

Holmes

今回の映画は、全体のストーリーの整合性や、推理の論理展開とか、その辺はあまり重視していないように見えます。
(推理モノの面白さとしては、名探偵コナンくんの方がよほどちゃんとしてます)

むしろ、シャーロック・ホームズの、キャラクターの面白さというのを重視して描いている感じ。
でも、ある意味それはそれで、原作の正しい評価かもしれないとも思いますね。

シャーロックホームズは、世間的には「推理小説の開祖」的な評価が大きいようですが、実際にはむしろキャラ物要素が強い小説だと思ってます。
そして、ホームズ好きの多くは、そこが好きなのではないかと(私もですが)。

映画は、そのシャーロックホームズのクセのある人物像を強調し、面白可笑しく描いてます。
ホームズ役の、ロバート・ダウニー・Jrさん(社長っ!!)の演じる、かなり破天荒で一般社会になじめない意味でのダメ人間的ホームズ像が、確かに、ホームズって誇張するとこんな感じかも…と思わせてくれてイイ感じ。

それに対比して、そんなホームズに手を焼きつつも友情を忘れない、常識人的イギリス紳士のワトソン君を、ジュード・ロウさんが演じていて、これもまた良いです。

この二人が、やけに格闘が強いのが可笑しい。
たしかに、ホームズの方は拳闘や「バリツ※」の心得があるし、原作でもボクシングのシーン等あったので、多少強くてもわかりますが…ワトソン君が格闘で強いなんて話は原作にはなかったような…。
でも、かつてインドの従軍医師だったわけだし、タフでも変では無いのかな。

※ ホームズに登場する「バリツ」は、「武術」の誤記かなにかとずっと思ってましたが、先日「世界ふしぎ発見」で、日本の柔術を元にして作られた護身術「バーティツ(bartitsu)」のことではないかという説をやってました。へぇ~!

さらに、この二人に加え、「ボヘミアの醜聞」のアイリーン・アドラーが、ルパン三世の不二子ちゃんみたいなキャラになって大活躍!
なるほど~、そういう解釈にしたのね。これはこれで面白いなあ。

予告編では、アクションシーンばっかりで、「ダイハード」みたいな(笑)ホームズなのかなと思ってましたが、そこまででは無かったですね。まあ体育会系なノリなのは確かですが。

そんな感じで。ホームズ好きの私としても、なかなか楽しめました。

ちょっと、続編のありそうな終わり方でしたが…さて。

追記)

・ワトソン君の婚約者メアリー・モースタン嬢は、「四つの署名」のヒロインで、原作でもワトソン君の妻になった人。

・グラナダのシャーロックホームズのオープニングを意識したようなカットがありましたが…わざと?偶然?

・ブラックウッド卿というのは原作のキャラでは無く、アレイスター・クロウリーという、実在したオカルティストがモデルになっている…らしい。

(2010.4.1)

|

« 台湾旅行ダイジェスト・2 | トップページ | 「お化け屋敷で科学する」・パート2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私もシャーロックホームズ好きで映画を見に行きましたがコナンドイルのスリルやワクワクドキドキ感じの小説やテレビの印象が強いから映画は退屈でガッカリでしたが影のモリヤティ教授が気になりました。

投稿: 美式部の詩 | 2010年4月 2日 (金) 18時33分

コメントいただいていたのを見落としていました。すみません…。
ココログのレイアウトが急に変わって、コメントに気づきにくくなってしまったもので…。
そうですね、私も影のモリアーティ気になりました。
いかにも次回作の伏線って感じでしたが…続きはあるのでしょうか…。

投稿: 適当所長 | 2010年4月21日 (水) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/47969661

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「シャーロック・ホームズ」:

» 映画「シャーロック・ホームズ」劇場へ行けば、奇想天外な世界へ連れて行ってくれる [soramove]
「シャーロック・ホームズ」★★★☆ ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ主演 ガイ・リッチー監督、126分 、 2010年3月12日公開、2008,イギリス,ワーナー (原題:Sherlock Holmes )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「かなり前から宣伝で見ていて 期待していた大作、旅行前に見ていたが やっと感想を書きます、 イメージのホームズとは全く違うが シャレた... [続きを読む]

受信: 2010年4月11日 (日) 20時27分

« 台湾旅行ダイジェスト・2 | トップページ | 「お化け屋敷で科学する」・パート2 »