« ガトーラスク | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド »

タイタンの戦い

以前予告編の件で言及した映画を立て続けに見たので、感想を。

また、マニアックな内容もあってウザイと思いますが…(笑)。
(あと、ちょっとネタばれもあるかも…)

まず一本目。

タイタンの戦い

2D吹き替え版で鑑賞しました。たまたま行った映画館ではそれしかやってなくて。
吹き替えで洋画を見るのは久々で、ある意味新鮮でした…

旧作(1981年版)が大好きだったので、それを超えることは無い(個人的には)とは思いつつも、どんなリメイクがされているのか楽しみでした。
(そんな人も多いんじゃないですかね?)

Perseus
(ペルセウス)

割と旧作を踏まえている感じですが(そもそも、旧作も実際の神話とはやや違っている)、かなりシリアスに仕上がってますね。今風なうまいアレンジかなと。

旧作は全体的に能天気な感じもありました。リメイク版は「人間と神の対立」がテーマですが、旧作は「神々同士のケンカ(に巻き込まれる人間)」ですもんね(笑)。でも、そこもギリシャ神話っぽくて好きなんですけどね。

それから、旧作に比べると特撮技術の進歩は凄いと思います。
まあ、昨今のCG作品はみんな凄いですが。特にクラーケンのシーンなんか、3Dで見たら迫力あったろうなあ。

まあ、そんな意味も含めて、総論としては面白かったです。

が、以下はちょっとネガティブ感想…(ノスタルジー含みと思ってください…)。

まず、良かれ悪しかれ「タイタンの戦いのリメイク」なんですよね。中途半端に旧作を踏んで、中途半端にアレンジしているもので、やや流れとか設定に無理のある所もあります。

それに、伝言ゲームのように原典のギリシャ神話からはさらに遠くなっちゃってますし。

せっかくだから、原典の「ペルセウス神話」から再構成してもらえた方が良かったのに。

例えば、メデューサ(ゴルゴン)は、原典に従って翼を持たせて、三姉妹にしちゃうとか。旧作にも無い、迫力ある戦いが演出できたかもしれません。

あと、「クラーケン」は、そもそもギリシャ神話でなく北欧の怪物ですよね。
原典ではクジラのような怪物だったようです(鯨座CETUS)。そんな形の新たなクリーチャーを創り出してもらえた方がうれしかったですね。(まあ、今回のクラーケンもまあまあカッコよかったですが)

サソリも、メデューサの血から生まれる所に意味があったのに…。
なんか、無理やり出てきた感が。
まあ、サソリは意外な大活躍してましたが(笑)。

その意味では、「パーシー・ジャクソン」の方が、原典のギリシャ神話の面白さをちゃんと引き出せていた感じがします。原作者がギリシャ神話好きなんでしょうね。

新作では、特撮も進歩しているんですが、デザインや演出が旧作を超えてないんですよね…。

メデューサ、動きが軽い…。
旧作の、あの近寄りがたい不気味さがあまり無かったのが残念。
(あ、でも睨んだ時の一瞬の変化は良かった)。

あと、サソリが大活躍なのは面白かったですが、デザインがウソっぽいんですよね(特に顔が)。旧作は本物の標本使っているかのようにリアルだったのに。まあ、これは虫好きの愚痴ですが…。

やはり、ハウゼン氏の偉業をそう簡単に超えられるもんじゃないんですよ。

Scorpion
(サソリ。あんな顔じゃないですね)

細かいところで面白いネタもありました。

まず、神々の衣装が「セイント聖矢」みたいなのが可笑しかった。
どうやら、これは意識した物のようですが。車田正美さんとのコラボポスターなんかもやってましたね。

あと…旧作の「ブーボー」がカメオ出演!
これには椅子から転げ落ちそうになりました…。

せっかくの機会なので、今、旧作タイタンをDVDで見直してます(笑)。
ああ…オープニングテーマの流れるカモメのシーンで既に良いですわ…。

長くなったので、もう一本の話はまた後日。

(2010.5.10)

|

« ガトーラスク | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/48326066

この記事へのトラックバック一覧です: タイタンの戦い:

« ガトーラスク | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド »