« タイタンの戦い | トップページ | 「アオイホノオ」が心に痛い… »

アリス・イン・ワンダーランド

この間の、映画の話の続きです。

アリス・イン・ワンダーランド

3D字幕版で観賞。ロードショー物としては初3D映画体験です。(IMAXとか、科学未来館とかは別)
3Dの方式は、偏光式でした。

3D映像に関しては、「まあ、こんなものか」という感じもあり。

最初のうちこそ、「おおっ!」と思いますが、だんだん慣れちゃうんですよね。
3Dの方式の問題とか、そもそも「アリス」は「後加工3D」だという点もあるので、3D全体の評価にはならないと思いますが。

しかし、心配していた3Dによる苦痛はほとんど無かったです。もっと目が疲れるとか、「3D酔い」するかもと思っていたんですが。
いやいや、3D恐れるに足らず。

映画の内容に関してですが…

いや、思っていたより、かなり良かったですよ。
バートン監督なんで、毒っぽい内容にもなりかねないと思っていましたが、意外に素直な感じで。これなら子供でも充分楽しめそう。

個人的に、アリスの映像化としては、ディズニーアニメ版に次いで2番目と評価したいです。(ディズニーアニメ版は別格ですね…)

もっとも、今作は原作の映像化ではなく、「続編」ですけどね。却ってそれも良かった気がします。

原作にはあまり一貫したテーマやストーリーは無いですが、今作はちゃんとストーリーや裏テーマがあったりして、アリスが狂言回し以上の活躍を見せます。
原作の映像化でやってしまうと鼻に付きそうですが、続編と言う体裁なので許せてしまいます。バートン監督の手柄かどうかわかりませんが、この選択は英断ですね。

Alice01
(ジャバーウォックも持ってたと思ったのに…見つからなかった…)

以下、例のごとくウザイ感想です。ややネタばれもある…かも?

登場クリーチャーのデザインがいい感じでしたね。
原作の挿絵のイメージをかなり引き継いでいますね。これなら原作ファンも納得かなと。
動かし方は、むしろディズニーアニメの影響が強いかな?チェシャ猫の神出鬼没な感じとか、アニメ版まんまですね。
まあ、ディズニー映画だし、バートン監督だし、これはアリですよね。

特筆すべきは、「ジャバーウォッキー」!(原作ではジャバーウォック)
これまた原作の挿絵にかなり忠実なデザインで(さすがにチョッキは着てないけど)、恐ろしいクリーチャーとして登場してました。

それを倒すための剣は当然、「ヴォーパルの剣」!
邦訳本ではかつて「けしにぐの剣」とか「こお栄えの剣」とか訳されてましたが、映画では素直に「ヴォーパル」としてましたね。

加えて、ジャバーウォッキーの詩から、「バンダースナッチ」とか、「ジャブジャブ鳥」とかも映像化されてましたね。原作では描かれていなかったし、ディズニーアニメにも登場しなかったキャラなので、ちょっと嬉しかったです。
バンダースナッチはけっこう可愛かった(笑)。

キャラクターは原作やアニメ版に比べても、全体的にかなりまともになってましたね。
特にマッドハッターが、全然マッドではなく、すごい良い人になってたり。
まあ、原作のようにマッドなキャラばかりだったら、収拾付かないですもんね…。

個人的には大変面白かったです。
DVDを買おうかな、ってくらい高評価でした。

----

ついでに、今回気になった予告編についても…

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂(5/28公開)

これは、ゲームの映画化ですね。

最近でもシリーズは続いているみたいですが、私は、大昔のスーパーファミコン版くらいしか遊んだことは無いです…。

当時のものは横から見た視点の、「トゥーム・レイダース」の原型と言える様な感じのアクションゲームでしたね。
なめらかに動くキャラクターが印象的でした。

飛んだり、ぶら下がったり、落ちたり、刺されたり、ギロチンで斬られたり

けっこうハードで、サディスティックなゲームだったように記憶してます。
あ、難易度は高いですが、面白いゲームでした。

映画もちょっと面白そう。見に行こうかな。

(2010.5.12)

|

« タイタンの戦い | トップページ | 「アオイホノオ」が心に痛い… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/48336216

この記事へのトラックバック一覧です: アリス・イン・ワンダーランド:

« タイタンの戦い | トップページ | 「アオイホノオ」が心に痛い… »