« 白い公園 | トップページ | 北欧 適当旅行・4 »

北欧 適当旅行・3

北欧の続きです。
今回はちょっと長いです。

-----

ヘルシンキのヴァンター空港から、オスロのガーデモエン空港へ。

JTBの「デザインな旅」ツアーですが、表向き易しげに見えて、実は結構難度高い…。

今回のオスロへの移動は、「勝手に行ってくれ」式なのです。
ホテルから空港へ行き、チェックインしてオスロに着くまで、全部自分でしないといけない。
こんなの久々だったんで、すげー不安でしたよ。
まあ、実際にはほとんどオートマチックで、難しいこともほとんどなかったのですが。

[ ノルウェー=ヴァイキング(とトロル)の国 ]

所要時間は約1時間30分。時差-1時間で、到着時刻は12:40。

二つ目の国にノルウェーを選んだのは、上記のとおり(笑)。
博物館などで、ヴァイキング(とか、北欧神話の世界を彷彿させるような)のアイテムが見られると思ったからでした。

(この選択に、カミさんはやや不服だったようですが…。それでも、私とは違う見所を見つけていたようです。)

まずは、オスロ市内の観光を。

王宮

Kingspalace

王宮は、少し小高い場所にあり、正面に駅の方までまっすぐ伸びるカール・ヨハン通りを見下ろせます。

Frompalace_2
(王宮から見下ろしたカール・ヨハン通り)

オスロ港

Port

北欧の港、雰囲気ありますねえ。
右手には、ショッピングセンターの「アーケル・ブリッゲ」があり、買い物や食事もできます。

オスロ市庁舎

Sichosya

港の対面に建つ、どっしり重厚な建物。壁面には騎馬の彫刻。
中には有名な絵画があるらしいのですが…この日はイベントだか工事だかで見られず。
よくあるんですよ、こういうこと(リピート)。

ノーベル平和センター

Nobel

これも港にあります。
ノーベル平和賞の授与式はオスロで行われるんですね。それで、この施設がここに。
ちなみに、建物自体は旧オスロ西駅だとのこと。

アーケシュフース城

Akershus01

港を見下ろす高台にあります。
起源は13世紀にさかのぼる古い城です。

城内をぐるっと廻ってみました。

Akershus02_640
(クリックで拡大)

石造りの城壁や建物が見られます。
ちょっとファンタジーの世界を感じられて良いですね~。
行った時間が遅くて、建物内には入れませんでしたが、池や砲台などもあり、なかなか楽しめました。

Toilet
石壁がカッコイイ、城内のトイレ。
現地語でしか書かれていなくて、男女がわからずちょっと困った…。
"HERRER"が男子用のようです。

カール・ヨハン通り

City01

王宮ヨーロッパ建築の建物が立ち並ぶ、美しい通りです。
グランド・カフェという有名なカフェがあるのですが、それはまた後ほど。

オスロ大聖堂

Oslochurch

また工事中かよ(苦笑)。

オスロ中央駅

Oslostation_2

けっこう大きな駅で、ショップやレストランなども入っています。
(隣に、近代的な駅舎が隣接しています)
NARVESENというコンビニで食べた ホットドック(19NOK=約250円)は美味しかった。
(ちなみに、通貨はノルウェークローネ。ユーロじゃないんですね)

< トロル >

オスロの街では、ヴァイキングとトロルによく出会います。

Troll01
(ノルディックセーターの店の看板トロル)

お土産物屋でも、ヴァイキング人形とトロル人形をよく見かけます。
ノルウェーは、この2つを売りにしているようですね。
特にトロル人形には、コレクターもいるようです。

「トロル(トロール)」は、北欧の怪物(妖怪)です。

容姿は大男のような感じですが、愚鈍で、やや毛深かったり、しっぽの生えているイメージもあるようです。
ムーミン(ムーミントロール)もトロルに原典があると思われます。ただ、北欧でもトロルを巨人と考える地方と、妖精のような小さなものと考える地方はあるようで、ノルウェーのトロルは前者、ムーミントロールは後者のようですね。
(「ロードオブザリング」や「ハリーポッター」では、巨人型トロルが登場してましたね)
ファンタジーRPGにもよく登場しますが、再生(傷がすぐ治る)能力が付与されていることが多いです。

私、なぜかこのトロルという怪物が好きでして…。
子供の時に読んだ「三匹のヤギ」という童話に出ていたトロルがとても印象的で、そこから好きになったのだと思います。
その本の挿絵では、長い鼻とギョロッとした眼、でっぷりした体躯に毛むくじゃらという姿で描かれていました。私のトロル像は今でもその影響が強いです。

そんな私なので、当然、トロルグッズをお土産に買いました。

トロル人形

お土産屋では、いろんなポーズや表情のトロル人形が売っています。
なかなか自分の心にグッとくるトロルがいなくて、いろんな店で探し回っちゃいました。
で、選んだのはコレ。

Troll

ま、だいたい可愛くないんですけどね…。39NOK(約500円)。

トロルの本

Trollbook01
Trollbook02

各国語版があって悩んだのですが、無難に日本語版を購入。
トロルにまつわるさまざまな民話が収録されています。
そういえば、「ペールギュント」の「山の魔王」もトロルだったな。
グリーグの曲、いいですよね。

トロル出没注意!

Trollsign

そうそう、ノルウェーの森を歩くときは、トロルに気を付けないとねぇ!(笑)

(続く)

(2010.8.24)

|

« 白い公園 | トップページ | 北欧 適当旅行・4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/49232259

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧 適当旅行・3:

« 白い公園 | トップページ | 北欧 適当旅行・4 »