« ジンガサハムシ | トップページ | ミヤマクワガタと、増える財布 »

さようならアモス…

あまりゲームの批判は書かないポリシーでいます。
(褒める方は、OKなんですが)

いつの日か、この研究所の「中の人」の素性が知れることもあるかもしれません。

素性が知れた後に、批判したゲームの関係者と仕事することになったりしたら、ちょっと気まずい…。
自分の仕事を棚に上げて、偉そうに批評なんて、どうなの?…というのもありますし。

なので、今のところ、万が一バレても差し支えないようなことしか書いてないつもりです。

…と、こんな前振りをしておいて、なんですが…
DS版「ドラゴンクエスト6」について、グチを書かせてもらいたい!(笑)

(まあこれは、知れてもさほど気を悪くする内容ではないと思うので…。)

[ アモス! ]

最近DS版「ドラクエ6」を遊んでます。
「ドラクエ6」は今回初移植なんですよね。私もスーファミで1回遊んだきりで、内容はほとんど忘れてました。

「ドラクエ9」を遊んだ後だと、移植版とはいえ、前時代的に感じざるを得ない部分もあるし、若干バランスがキツイようにも思えますが…それでも、やはり「ドラクエ」のゲームクオリティには、他と一線を画す良さがありますね。

本題は、そんなイベントのひとつ、「モンストルのアモスさん」についてです…。

(発売後何ヶ月も経ってる今さらの話ですが、ネタバレありますのでご注意)

Fighter
(↑これはアモスじゃないけど、こんな感じの人ですよね)

私、アモスを仲間にできませんでした…(泣)。
(昔プレイしたけど、こんなイベントすっかり忘れてたよ)

あれ、取り返しのつかないイベントの割に、前ふりや警告が少なすぎやしませんかね…。

最初は私も、「真実を教えますか?」で「いいえ」を選んだんですが、特に変化が無かったので、もういちど話しかけて、「はい」を試してみたのです。
(「理性のタネ」の話をその時点で聞いていなかったので、アモスをどうにかするとフラグが立つと思いこんでたんですよ)

一応、「本当にいいんですか?」的な警告メッセージも出るんですが…思い込んでいたもので、再び「はい」で進めてしまいました。

その後、「理性のタネ」の話を聞き、山に登り、苦労の末タネを取って村に戻ると…
傷心のアモスさんは、既に行方不明に…。

しかも、村の老婆に
「取り返しのつかないことだが、やってしまったものはしかたない。これからは気を付けるんだぞ」
なんて、諭される始末…。

私、そんなに悪いことしたかなぁ~??

村の人たちも、さんざん「困ってる」って言ってたじゃん。
それを今まで傍観してたクセに。

それに、アモス、あんたも小心すぎるぞ。あの顔の割に(笑)。

単に夜中に暴れるだけの話で、人死にが出たわけでも無いのだし、真実を知ったからってそんなに落ち込むことは無いと思うんだけど。
むしろ、黙っている方が、彼にとっても良くないことだと思ったんですよ、私的には。

せめて、事前に宿屋の親父あたりに、「アモスさんが真実を知ったら大変気落ちするでしょう。絶対に言わないでくださいね、絶対に!」
くらい念押ししてくれればよかったのに。

そんな自分も、スーファミの時には、しっかり仲間にしてたはずなんですけどね。

「今回のアモスのセリフは面白い」という話も聞いていたので、余計残念。

それに、一人メンバーが多いか少ないって、最後の戦いでけっこう影響デカいような気もするんだけど…
(スライムを仲間にできるから、メンバー数はフォローできるのかな。でも、アモスは他の人に無い特殊能力あるしなあ)

もやもやした気持ちを引きずりつつ、ゲームは続けております。
(まあ、でも、総論としては、やっぱ面白いんですけどね…)

(2010.8.6)

|

« ジンガサハムシ | トップページ | ミヤマクワガタと、増える財布 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/49077190

この記事へのトラックバック一覧です: さようならアモス…:

« ジンガサハムシ | トップページ | ミヤマクワガタと、増える財布 »