« ちょっと寂しい秋 | トップページ | ピラミッド再び »

日本のピラミッド?皆神山

一部では有名な、「日本のピラミッド」と言われる「皆神山」に行ってみました。

皆神山は、長野県長野市松代にある、標高659メートルの山。
誰が言い始めたのか、この山は人工的(というか超科学的)に作られたピラミッドだという説があるらしいのです。

大きな地図で見る

現地は、上信越道長野ICからほど近い場所です。アクセスは良いですね。

付近に差し掛かると、案内看板出現!

Annai
(ちゃんとピラミッド参道と書いてあります)

しかし、ここに至っても、特にピラミッドっぽい山は見えず、どれが皆神山なのか良くわからない。

それでも、案内に従って昇っていくと…
そのまま山頂近くまで道が続いており、皆神神社に至ります。

皆神神社(熊野出速雄神社)

Torii

この神社の駐車場に、お目当てのものがあるはずですが…。

…これだっ!

Kanban01

これが有名な(?)、「皆神山」の解説板!

Kanban02

す…スゴ過ぎる。

「初歩的な重力制御技法」
「部分的干渉波動の抑圧」
「ダイナモ機能山塊」
「電磁反発飛昇体」

まだまだ続きます。

Kanban03

皆神山は、エジプト文明より古い、2~3万年前の超太古に造られた、とのこと。
で、結局何なのかというと、「地球上各地や宇宙空間への航行基地」ということらしい。

Kanban04

イヅハヤオノミコト、スクナヒコナノミコトなどの神々は、高度な知的能力集団で宇宙航行や宇宙基地に関係していたのだそう。
「百億の昼と千億の夜」を彷彿とさせるような、神話とSFの融合ですね~。

これを書いたの、いったい誰なんだろう。まさか宮司さんとかじゃないだろうなあ…。

この話の原典となる古文書が発見されたとか、壁画があったとか、そういう話も特に無さそう。
多分、これを書いた人には何かが降りてきたんでしょう…。

これはもう、天才の仕事と言って良いんじゃないでしょうか。
(多少、支離滅裂な部分もありますが…)

これとは別に、もっと穏便な(?)皆神山の民話を書いた解説板もありました。

Kanban05

神社そのものは、いたって普通(というか立派なお社)。

sanmon

yashiro

せっかくなので、久々におみくじを引いてみたら「吉」でした。
可もなく不可もない所が私らしい。

一見すると普通の神社なのですが、あたりを散策してみると、所々に隠しキャラのように、不思議なものがありました。

「カゴメ之宮建立由来」の碑

kagome

カゴメ(籠目)のマークが書かれています。
カゴメのマークは、ダビデの星(ユダヤ教のマーク)にも通じて、神秘家には人気の形象。

この石碑に書かれた起源を読むと、モーゼ、キリスト、ギリシャの神々…などの名前が登場して、なかなか壮大なスケールです。
もっとも、建立は平成元年という、比較的新しい物のようですが…。

不思議な詩句の書かれた碑。

kuhi

詠み人は、出口王仁三郎と書かれています。
(興味がある方は、ネットで調べてみてください)

こんな神秘的な場所ですが、神社のすぐ裏手はゴルフ場(皆神山GC)になっています…。

golf

このギャップがまた素敵。

ついでに、ここには、珍しい「クロサンショウウオの産卵池」もあります。
なかなか見どころ多いですね。

山に向かう時にはよくわかりませんでしたが、降りてから全貌を確認できました。

minakamiyama

なるほど…(ある角度から見たら)ピラミッドといえないことはない…かな?
(あとで調べたところ、人工的な形状をしているとは言われますが、必ずしもピラミッド形をしているわけではないようです)

でも、これで人工的形状というなら、他にもこういう山、ありそうな気もしますね…(伏線)。

-----

せっかく松代に来たので、その他の場所も廻ってみました。

松代象山地下壕

Tikago01

太平洋戦争末期、軍部が本土決戦最後の拠点として極秘裏に着工した、巨大な地下壕です。ここに大本営、各省庁を移す計画でしたが、完成を前に終戦を迎えました。

私の行ったのは、象山の地下壕ですが、皆神山の地下もその計画の一部だったそうです。
皆神山神秘説の中には、大本営移転先に選ばれた理由を、山の神秘パワーと関連付けているものもあるようです。

Tikago015

Tikago02

Tikago03

地下壕は碁盤の目のように掘り抜かれ、その延長は10kmにも及んでいます。

これはすごいです。
見学者が歩けるのは、ほんの一部ですが、それでもその巨大さを実感できます。
ファンタジーRPGのダンジョンというのはこういうものなんだろうと、別の想像も膨らみますね。

-----

松代にはその他にも、真田邸、旧横田家住宅などの武家屋敷や、松代城跡などもあります。

普通に観光するのも良い、見どころの多い街でした。
(ピラミッドを目的に来る人間の方が珍しいに違いない…)

Sanada

(真田邸。この9月に解体改修工事が終了したばかりだそうです。時間が無くて入らなかったけど)

(2010.9.28)

|

« ちょっと寂しい秋 | トップページ | ピラミッド再び »

旅行・地域」カテゴリの記事

超常現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/49579845

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のピラミッド?皆神山:

« ちょっと寂しい秋 | トップページ | ピラミッド再び »