« キノコレ | トップページ | ミッフィーちゃんはね… »

大泉クン vs 嵐

先日10/16、「嵐にしやがれ」(日本テレビ)を見ました。
ゲストは、大泉洋さん。いや、ここはあえて、「大泉君」と書かせていただきたい。

面白かったですわ。
最近の番組では久々に、大泉君の持ち味を味わえた気がします。

メインゲストとして独りフィーチャーだったので、大泉君のしゃべりをたっぷり堪能できました。

バラエティの出演という意味では、最近でも特番ゲストとして雛壇的に出てたりしたのも見ましたが、自ずと出番は少なく細切れになりますからね。

それに彼は、適度になじられたり突っ込みをされたりするような立ち位置で、持ち味を発揮できるタイプなんじゃないかな…(笑)。
普通にお客様扱いされるのを見ていてもあまり面白くない。
(今日の「さんま御殿」にも出演してたみたいですね。録画したけどまだ見てない…)

最近の大泉君と言えば、「龍馬伝」の近藤長次郎役でしたが、NHKの大河、演技はまじめでしたからねえ。

今回の「嵐」出演も、10/20スタートの日テレドラマ「黄金の豚」キャンペーンの一環なわけで、もはや大泉君は、役者としての存在感の方が強いですね。(演技も評価高いみたいですし。ていうか、元々から本業は役者なんだよね)

バラエティでいえば、サラリーマンNeoにも最近出演してしましたが…番組的にはバラエティだけど、あれも役者としての仕事ですね。

その意味でも、「嵐」は良かったです。
いい感じに、お互い、ボケとツッコミを応酬させてましたね。
まあ、嵐自体も好きなんですけどね(ミーハーやなあ)。

大泉君についてこんなにこだわるのは、言わずもがなの「水曜どうでしょう」からなんですけど。

と言っても、うちの地方でも放送されているのを知ったのはごく最近、数年前の話で、それ以前は「存在は知っている」程度の認識しかありませんでした。

まあ、それが今やすっかり「どうでしょう」ファンになってしまって。
ほんと、日常に擦り切れた心を癒してくれる一服の清涼剤と言っても過言ではない。
10年も前の番組だし、安っぽいし、内容もバカバカしいんですけど、なんか惹かれるものがあるんですね。

TV業界にもファンが多いんでしょうね。全国ネットで放送されるバラエティ番組の中にも、「どうでしょう」をルーツにしたような企画を今でもよく見ますしね。

先日の「嵐」でも、大泉君といえば「どうでしょう」「北海道」のキーワードは当然のように出てきてました。
役者として既に大成している大泉君とはいえ、やはり「どうでしょう」の影響力はいまだに大きいというべきでしょう。

考えてみると、「北海道」には、私の好きな有名人も多いですね。
大泉君はもちろん、島本和彦さん、佐々木倫子さん、あさりよしとおさん(漫画家ばっかりだな)は、かなり思い入れのある方々ですが、北海道出身ですよね。彼らが作中で北海道に言及することもありますしね。
(あ、畑正憲さん(ムツゴロウさん)とかもいたな※。他にもいますね、きっと。)

※(追記)ムツゴロウさんは、北海道ゆかりの人ではありますが、出身者じゃないですね。

まあ、そもそも多くの有名人を輩出している地ではあるんですよね。
北海道という地に何か特別なものがあるんでしょうか。
確かに、独特の魅力はありますね。

私は、沖縄好きだということは以前書きましたが、北海道にも劣らない魅力を感じます。
積丹で食べたうに丼美味しかったなあ。最近行ってないなあ。行きたいなあ。
そしてHTBで「どうでしょう」グッズを買うんだ。

-----

ドラマと言えば、「SPEC(スペック) 」(TBS)の方には、onちゃん 安田顕さんが出てますね。
普段あまりTVドラマは見ない人間なんだけど、「黄金の豚」と「SPEC」は見ようかな(SPECは変な超能力モノだし)。

Tokeidai

(2010.10.19)

|

« キノコレ | トップページ | ミッフィーちゃんはね… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/49790271

この記事へのトラックバック一覧です: 大泉クン vs 嵐:

« キノコレ | トップページ | ミッフィーちゃんはね… »