« ピラミッド再び | トップページ | ばけものばなし »

新番組とか…

改変期で、見ていた番組が色々終わりましたが(「名将の采配」とかも面白かったけど終わってしまった)…
気になる番組もいくつか始まって、新たな楽しみも。

「洋楽倶楽部80's」 (NHK 毎週木曜  深夜0:15~0:45)

80年代洋楽に思い入れのある世代なので(ベストヒットUSAとかね)、こういう番組うれしいんですよね。

高嶋(兄)さんもいい感じですね。あんなに、洋楽通だったなんて。
(私も、洋楽好きですがあんなに詳しくは無いので…)

先週(10/1)がレギュラー化、第一回放送でした。
ボン・ジョビとか、マドンナとか、ポリスとか。いいっすね。
プロモビデオも色々放送してくれそうです。(DVD持ってるのもありますけど)

80年代のプロモって独特でいいです。特に、歌いながら小芝居する系のヤツ。マイケルもそうだけど、デュランデュランとか、カルチャークラブとか。冷静に見るとかなり馬鹿っぽいんですけどね。でも、そこがいい。

「ブラタモリ」 (NHK 10/7(木)より PM10:00~10:48)

ブラタモリが復活するようです。
あのダラダラのんきでいて、しかもマニアックな感じが好きです。

あと、アニメ「バクマン」も始まりましたね。(NHKばっかりだな)
マンガの方は一切読んだこと無いんだけど、ちょっと興味はあったので第一回見ました。
しばらく見てみようかな。
大場つぐみさん=ガモウひろしさんというのは、もう決まりなんですか?
(よく知らないけど。冒頭シーンを見て、ちょっと思ったり)

-----

GF1」を駆使して、「いい写真」を撮ろうと四苦八苦してます。
最近の写真は、GF1で撮ったものが多いです。
しかし、いい写真ってなかなか、難しいですね…。

GF1はストラップで首から提げていることが多いです。
それで気づいたのですが…。

ストラップを付けたまま写真を撮ろうとすると、老眼※で液晶画面がボヤけてよく見えないという事実…。
かなり目から離して持たないと、ピントがちゃんと合ってるのかどうかよくわからんのです。

(※ いや本当は老眼とは思いたくないんだけど…。どちらかというと遠視の気がある方なので…。でも、確かにトシだしな…。じゃあせめて"ローガン"と呼んで欲しい。ウルヴァリンみたいでいい。)

で、見えるように手を伸ばしてカメラを持つと、カメラが固定しにくくてブレやすい。

GF1には、他の一眼カメラに大抵ある、覗くファインダーが無いんですよ。

ということで、DMW-LVF1(ライブビューファインダー)ってやつを買ってしまいました。

Amazonでこの値段で買いました。
某家電屋でポイント加味した値段より安かった。

Gf1_00
Gf1_01
(こんな外観になります。ちなみに、これはRICOH R10で撮った写真)

覗くと、中に液晶画面が見えます。
けっこう精細で、背面液晶モニターと同じ情報も表示されます。
ローガンでもちゃんと見えるの?と心配だったのですが、ちゃんと視度調節もでき、くっきり見えます。

なかなか使い勝手よいですよ。
ファインダーのように覗けるので、カメラをしっかり固定でき、写しやすくなりました。
あと、天気が良くて液晶が見難いときでも、LVFなら関係なく良く見えます。
それに、角度が変えられるので、変な姿勢での写真撮影もOK。
色々と、便利です。

マイナス面としては、さすがに液晶モニターよりも解像度は低いんで、本当に細かい部分を確認したいときは、液晶モニターに頼らないとですね。
あと、若干、色味に癖があるので、微妙な色の確認も、液晶モニターですべきかな。

まあ、適宜使い分けという感じで。

Cosmos
Kibana 
Sarbia

(GF1、20mmで撮影。花の写真は、多少見栄えいいかな…)

(2010.10.5) 

|

« ピラミッド再び | トップページ | ばけものばなし »

写真」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/49650289

この記事へのトラックバック一覧です: 新番組とか…:

« ピラミッド再び | トップページ | ばけものばなし »