« HTC Desire HD(付・バッテリー対策) | トップページ | せき喘息 »

陰謀論はどこまで真実か

こんな本が最近出たので、読んでみました。

「検証 陰謀論はどこまで真実か」

ここの本リストにも置いてある「謎解き超常現象」のASIOSが関わっている本です。

今でもたまに話題になるような陰謀論について、よく集められてまとまっています。
私はこれで初めて知った陰謀論もたくさんありました(もともと陰謀にあまり詳しくないし)。
陰謀の世界も奥が深いんですねえ。

陰謀論というのは、色々な人が色々なところで別々の仮説を立てたりして、情報が混乱していることもありますが…
(例えば、911であれば、ある人はミサイルだと言い、ある人は純粋水爆と言い、ある人は制御解体だと言うような)

この本では、最も一般的な論についてまとめられているので、情報の整理ができます。
いざというとき(?)には、ネットであれこれ探さなくても、これ一冊でリファレンスとして使えます。便利ですね。
(追記:あ、でも、すべて網羅されているということではないです。各論について深く知りたい場合は個別の詳しい情報に当たるしかないですが…)

また、各論について、%で「真実度」が記載されています。まあ、ほとんどが0%なんですが。
0% 、つまり「100%あり得ない」、と言い切るとは、なかなかの自信と覚悟だと思います。著者の方々の本気感が伺えます。

著者のASIOSというのは、「超常現象」を懐疑的調査する組織のようなので、「陰謀論」を語るのはちょっと分野違いに感じられるかもしれませんが…

オカルトと陰謀論は、かなり親和性高いんですよね。
オカルトを探求していくと、必然的に陰謀論にまで及んでしまうという事はありそうな話です。

ロズウェル→UFO→隠ぺい→政府の陰謀 …みたいな。

私の好きな「X-Files」のオープニングには、
「Paranormal Activity」
「Government Denies Knowledge」
というキーワードが映像に被せて現れます。
超常現象のお話も陰謀のお話もありますよーという、お品書きのような意味合いかなと。

オカルト雑誌「ムー」でも、陰謀論はしばしば扱われてますしね。

両方とも、世知辛い現実に疲れた心のスキマを埋めるモノ(※1)という意味で、似ているのかもしれません。

といった理由で、オカルト懐疑論者と陰謀論懐疑論者も、被っていることがよくあるようです。

ただ、この2つ、懐疑的な議論をする場合、難度はだいぶ違うように思えます。

陰謀論の方が否定するのは格段に難しい。
本誌のあとがきで筆者の方も書いていますが、オカルトやニセ科学の場合、再現性が無かったり物理法則に反する部分を指摘するという手法がある(決定打にならないこともあるけど)のに対し、陰謀論ではそれができません。(※2)

実際に、陰謀というものは、存在しますからね。

陰謀=「人に知られないように練る計画のこと」(Wikipedia)
そりゃあ、常にあちこちで行われているでしょう。

だからと言って、この本に書かれているような陰謀が実際にあったかどうかは別の話ですが。

(陰謀論にはイデオロギーとか民族意識なんかも絡んでくることがあるから、さらにややこしいんですよね)

…ということで、この本を読んでも、根っからの陰謀論支持者を説き伏せるというのは難しいでしょう。

ただ、懐疑派が議論をふっかけられた時に、とりあえず回避する手段にはなるかもしれません。

それに、まだ陰謀論に染まっていない人が読んで、判断材料のひとつにするのに良いと思います。
(まあ、懐疑論サイドの本なので、支持者の方には異論あると思いますが。
 私は陰謀論側の本もいくつか読んでますよ。ベンジャミンさんとか。)

あ、陰謀論側の方も、この本で懐疑論者の手の内を知って、対抗策を考えるには良いかもしれません。
(で、もし納得いかないなら、この本の否定本を出す…というのもアリかも)

-----

※1
私も子供の頃、現実が嫌いだったので「宇宙人がさらいに来てくれないかな」なんてよく考えてました。(未知との遭遇やETが好きだったんです)
まあ、今でもオカルト本など読んで、現実逃避してますけど(あまり信じてないけど…その中に一つくらい真実が無いかという希望を持ちながら…)。

※2
理論的におかしく思える陰謀でも、企てた人がおかしな人間なら、やらないとは言い切れませんから…。
どんな反論も「それも作戦のうちだ」と言われたりして、反証可能性の無い議論になりがち。

ただ、「アポロ陰謀論」なんかだと、科学知識でも反論可能な部分もありますね。
映像で「星が見えない」とか「遠くの山がカキワリのよう」なんていうのは、反論可能です。
ところで、月着陸の件はあと10年くらいで真相がはっきりするでしょうね。
いずれ、アメリカ以外の国(例えば中国)が月に着陸すると思います。
それでアポロの着陸の証拠を見つければ、かなり大きな反証になりますね。
(それ以前に「かぐや」が証拠映像を撮ってますが…あれでは納得できない人もいるようで)

(2011.1.28)

|

« HTC Desire HD(付・バッテリー対策) | トップページ | せき喘息 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

超常現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/50704522

この記事へのトラックバック一覧です: 陰謀論はどこまで真実か:

« HTC Desire HD(付・バッテリー対策) | トップページ | せき喘息 »