« ヒトとフェロモン | トップページ | コンスタンティヌスの凱旋門のヒミツ »

トルコライスと大俵と爆弾

かなりB級なグルメの話題。

「トルコライス」

以前行った関越自動車道の、三芳パーキングエリア(のぼり)にまた行く機会があり、念願の「トルコライス」を食べられました。

M_1

M1プレートという店。

トルコライスというのは、国のトルコとは関係ない、
トンカツなどの揚げ物と、スパゲティと、ピラフがひとつの皿に乗せられた「洋食」の一種です。

Kanban

この手の洋食が好きなもので・・・(子供か!)

Torukorice

そしてこれが、待望のトルコライス。
メイン料理はほかにもミックスフライやハンバーグなどもありましたが…
基本のトンカツに。

ソースは三種類(トンカツソース、トマトソース、デミグラスソース)から選べます。
珍しいトマトソースにしてみました。

感想は…
これは美味い!!」

トンカツもわりとちゃんとしていて(ぱさぱさとかではなく)やわらかく、トマトソースも合います。
あと、なかなか濃い味付けのナポリタンも好きな味。
ピラフというかチキンライスというかも美味しかったです。
付け合せのサラダのドレッシングも妥協無く美味しい。

B級グルメ好きにはかなりおススメです。私的には大満足でした。

PAのパサールなんて、めったに来れないのが残念ですが…
トルコライスの店なんて、ここでなくても探せばありそうだな。ちょっと調べてみよう。

-----

「大俵ハンバーグ」

最近TVで「ビッグボーイ」というハンバーグ店のことをやってました。
(多分、よくあるテレ朝のタイアップ系番組の何かだったと思う)

で、それが家の近くにもあるらしいのを知ったので、行ってみました。

(写真は無し)

大俵ハンバーグというのがイチオシのようなので、それを食べました。

まあ、全国チェーンのようなので、今更ですが、一応説明してみると…。

俵のような形の、牛肉100%ハンバーグが、半分に割られた状態で出てきます。
ハンバーグの中はかなり赤くレアっぽい感じで、それを、好みに合わせて、熱いプレートで焼いて食べる…というスタイル。
(ちょっと言葉ではわかりにくいか…)

これが、美味しかった!

私はハンバーグ好きで(子供か!)、ハンバーグにはちょっと一家言あるのですが…
(まあ、基本バカ舌なので、あまりえらそうなことは言えないのですが…)

ここのハンバーグは、(私の分類体系では)ステーキ屋系ですね。
牛100%でちょっとレアな加減を、醤油系のタレで食べるのが美味しい。
(逆に、洋食屋系のあいびきハンバーグは、デミグラスが合う気がする)

この、ちょっとレアな感じがいいんですよね。
「生肉うめぇ~!」(笑)

これはちょっとハマりました。
私の心の「ご近所ハンバーグレストランランキング・ステーキ屋系部門」で、2位に躍り出ました(1位ではない)。

しかし、この「大俵ハンバーグ」って、「フライングガーデン」というレストランの「爆弾ハンバーグ」に似てますね。

フライングガーデンは、もっと前からよく行っていたレストラン。そして、この「爆弾」は、これまでの私のランキングで2位だったハンバーグです。

Fg
(フライングガーデンの爆弾ハンバーグ。こっちの写真はなぜか撮っていた)

しかし、この両レストランのメニュー、そっくりです。どちらかがパクリなのでは?

フライングガーデンの方は北関東にしか存在しないようなので、知名度ではビッグボーイに及ばないでしょう。
しかも、創業はビッグボーイの方が早いらしい。
ということは、「大俵」の方が先か?

しかし…「大俵」はメニュー開始がいつからか、いまひとつ不明。ビッグボーイが今の体制になったのは2000年より後らしいので、それ以降かな…という気もする。

一方、「爆弾」の方はwikipediaによると1993年から全店舗展開を始めているようなので、もしかすると、こっちがオリジナルなのかもしれません。
とすれば、大俵が爆弾のパクリなのか?(まあ、もっと他に起源があるかもしれないですが)

いまひとつその辺判然とはしませんが、両者はよく似ていて同じくらい美味しいことには違いないです。

しかし、今回ビッグボーイが上回ったポイントは、「ペレット」の存在かな。
レアっぽいハンバーグを後で焼くための、熱い金属ペレットがプレートに置かれていて、あとから焼き加減をコントロールできるのです。
いや、よく焼けるのが良いのではなく、後からでも焼けるということで、最初のレア度が半端無いのが良いのです。生肉うめえ。

一方、フライングガーデンは、それが無いためか、ある程度よく焼けた段階で出てきます。
生肉食いたいのに(なんかだんだん怖い人になってきたような…)。
そこが今回の僅差でした。

ただ、昔のフライングガーデンは、もっとレアっぽかったんだよなあ。しかも、昔はソースが同時に数種類楽しめたのが、今回1種選択式に変わっていた。ちょっとメニュー内容が変わったのかもしれない。

もしくは、店によって違うのかな。
(最近行ったのは、普段良く行く店とは違っていた)

北関東在住の人間としては、フライングガーデンを応援してあげたい気もする。
今回のは店の違いによるものと信じて、また近々、いつものフライングガーデンに行って真相を確かめてみたいと思います。

(2011.1.18)

|

« ヒトとフェロモン | トップページ | コンスタンティヌスの凱旋門のヒミツ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/50585828

この記事へのトラックバック一覧です: トルコライスと大俵と爆弾:

« ヒトとフェロモン | トップページ | コンスタンティヌスの凱旋門のヒミツ »