« クアラルンプール 適当旅行・3 | トップページ | 機上の映画とゲーム »

クアラルンプール 適当旅行・4

(業務連絡)
復帰しました。

…が、一年前旅行記のけりをつけておきます。

-----

最終日

ブキッビンタン駅からKLセントラル駅へ…
国立モスク周辺に向かいました。

[  国立モスク(マスジド・ヌガラ) ]

Kl31

モスクとしては、かなり現代的なデザインです。
(写真は遠目で分かりにくいですが…青い屋根と、高いミナレット(塔)のある建物)

ここでは女性にはローブを貸してくれます。
女性の方は、良い記念写真が撮れますよ!
(要は、ローブをまとわないと、入らせてくれないということですが)

Kl33 

美しい礼拝堂。
ここの礼拝堂にも、観光客(非イスラム教徒)は立ち入れません。
そう考えると、イスタンブルが異例のユルさなのかな…。

国立モスクを後に、また炎天下を歩き出し次の場所へ…

[  バタフライパーク ]

個人的には今回期待していたスポットです。(ムシ好きなので)

年始に貼った写真の「アカエリトリバネアゲハ」(ラジャ・ブルック=マレーシアの国蝶)も見られるのです。
これを子どもの頃から見たいと思ってたんですよ…。
パークの中は、かなり蒸し暑い…ムシ好きでないとちょっと耐え難いかも(ダジャレではない)。

Kl37

いました!
でかい! しかも、止まったままあまり動かない!
これはシャッターチャーンス!…ということで、撮りまくりました。
じっくり見ると、ちょっと毒々しくて不気味な感じもありますね…。
蛾っぽい感じもあるし。
(分類学的には、蝶と蛾の明確な線引きって無いんですけどね…)

その他にも、珍しい蝶もたくさんいました。
(まあ、あまりじっとしててくれないので、写真はなかなかうまく撮れないものですが…)

Kl38_2

蝶エリアの他にも、昆虫が展示されているエリアもありました。

Kl39
(サソリ)

Kl40
(巨大ナナフシ)

この辺りにいる昆虫がメインなのかな…。
歩き回っている限りでは、それほど珍しい昆虫には出会えなかったけど。
(まあ、森とか、そういう場所にいかないと見れないんでしょうね。もっとも、クアラルンプールの街自体も、もともと熱帯雨林のはずだけど)

売店では、昆虫(樹脂詰め)のキーホルダーが大安売り。ついついいくつか購入してしまいました。
(ひとつ 2RM = 約60円くらい)

飲み物など飲んだり、ちょっと休憩して、次の場所へと歩き出し…

[ オーキッドパーク ]

オーキッドとは「ラン(花)」のこと。
美しいたくさんのランが見られる公園との事ですが…

Kl41

時刻は13:00近く。日射が最強の時間帯。
計って無いけど、40℃はあったんじゃなかろうか。

行ってはみたものの、炎天下の公園で悠長に花なんか見てられません…
直射日光に当たると「痛い」んですよ…。
陰から陰へと移動し、ザッと流して、早々に退却…。

道を歩いて移動する分には、熱帯植物が陰を作ってくれたりしているので、まだマシなんですが。

そろそろ、KLセントラル駅へ戻ろうと考えたのですが、道が分かりにくく、ちょっと迷う羽目に…。
公園に迷い込みました。

[ レイクサイドパーク ]

Kl44

良い感じの公園なんですけどね…誰もいない…。
この時間、現地の人すら、こんな炎天下を歩いたりはしてません。

ふと見ると、繁みに、小さな犬ほどの動くものが…。

Kl43

うわっ、オオトカゲ!!
尻尾を含めると、1mくらいはあるかな…
モニター(ミズオオトカゲ)の類じゃなかろうか。
しかし、公園にオオトカゲとは……さすが熱帯雨林気候!
私的には嬉しい出会いでしたが、人によってはちょっとビビるかも。
(ここでは、合計2匹のオオトカゲを見ました。やっぱ、ここに棲息してるんだろうなあ)

[ KLセントラル駅 ]

結局よくわからないルートを通って、なんとかKLセントラル駅にたどり着きました。
そこで、遅い昼食。

「ケンタッキー」で、珍しいメニューを発見。

カーネル’Sロイヤルビリヤニ (10RM = 約300円)

Kl_f05

チキンに、ちょっとインド風のライスが付いたメニュー。
こんなの、日本には無いなあ。
美味しかったです。

ちょっと休んで、KLモノレールで移動→インビ駅へ

[ ベルジャヤ・タイムズスクエア ]

これまた、超巨大・近代的ショッピングセンターです。
(実際はホテルも併設された複合施設)

Kl46

吹き抜けから階下を見下ろす。
でかい…。

建物の中には、巨大遊園地も。

Kl2_04

ジェットコースター(小さいですが)が走ってる…!
ゲーセンもありました。セガの「イニシャルD」が置いてありましたよ。

私の好きなオタク系ショップもあります。

Kl47
(これはフィギュア系の店ですね)

Kl48 
(「アニメ専門店」って、日本語で書いてある)

「日本食フェア」とかもやってました。

Kl2_05

ベルジャヤ内の喫茶店で、小休憩。
「語学紀行」か何かで見た美味しそうなデザート、「ブーブー・チャチャ」というのがメニューにあったので、頼んでみました。
たしか、派手なかき氷みたいなものだったような。

Kl2_07

ん?
想像したものとは、全然違う…。
甘くて暖かいココナッツミルクに、イモで作った具が入っているお汁粉のようなものが。
…まあ、これはこれで美味しかったですが。
冷房がきつかったので、暖かいものは却って良かったかも。

(カキ氷の方は実は「アイスカチャン」というらしい。TVが間違っていたんですな)

ここでけっこう時間を潰した後、LRTでホテル近くまで戻りました。

[ スンガイワンプラザ ]

今までも何度か来ていた、ホテル近くのショッピングセンター。
ベルジャヤなどに比べると、ちょっとローカル色のある感じ。
ちょっとアングラな感じのお店もあったり。これはこれで面白い。

ここで、帰国時間少し前まで過ごすことに。

うろうろしていると、中東系の男性(女性連れ)に呼び止められました。
「インド料理屋を探してるんだが、教えてくれないか?」
(↑実際には、カタコト英語)

いや…明らかに我々、観光客丸出しなのだが…なぜ我々に聞く?
よく知らない、と答えると

「ワタシ、ドバイから来ました」
「あなた、日本人か?」
「ワタシ、日本のお金をコレクションしてます」
と言って、財布に入っていた500円札を見せてくれます。

それにはちょっとこちらも感心して、
「オー、イッツ、レア!(←適当過ぎる…)」
とか言ったりしていたんですが…

「ワタシ、1000円札を見てみたいんだが、持ってないか?」
とか聞いてくるんです。

う~ん…なんか怪しい…。
どうも、1000円札を、どこかの国の札と交換してくれ…というような話に持って行こうとしているようです…。
どちらにせよ、日本円なんて、カバンの奥底に仕舞い込んで、こんなところで出せるもんじゃない。

「オー、日本円、今持ってない。ソーリーソーリー」
みたいなカタコト英語で答えると、ちょっと食い下がりつつも、最終的には去っていきました。
(その間、連れの女性は、ひとことも発せず、ニコリともしなかった…これも怪しい)

[ クアラルンプール・空港 ]

そんな感じで、帰国の途に就いたのですが、最後にもうひとつ落とし穴が。

空港では早めに手続きを済ませ、免税店で最後にちょっとした土産を買おうと目論んでいたのですが…

この空港、出国審査を通った後の待合室側には、売店が一切無い!!
(成田も含め、たいていの空港は、最後の待合所付近にも、免税店とかあるものなのに)
さらに、トイレすら無いという…。
(いちいち係員に断って、出国ゲート前のトイレに行かせてもらう必要がある)

出発まで、まだ時間あるのにどうやって時間つぶせっていうんだ!?
早めに来てしまったことが、裏目に出てしまいました…。
(↑事前に調べておけばよかったのだが…)
クアラルンプールの空港ではご注意ください…。

----
総じて…

クアラルンプール、良かったです。

まあ、確かに、これといった大きな見所(遺跡とか)があるわけではないのですが…
適度な清潔感や治安の良さ感(数年前に行ったバンコクより、日本など先進国に近い感じ)がありながらも、全体に漂う異国情緒も味わえて、楽しめます。
アジアっぽい所と中東っぽい所が同時に味わえるなんていうのも珍しいかも。

まあ、暑いのが苦手な人には辛いところもあるかな…でも、屋内にいる分には冷房が充分効いていて全然問題ないですけどね。
(私はもともと、寒い方が苦手な人間なんだけど)

てな感じで、クアラルンプール適当旅行記、おしまいです。
お疲れ様でした…。

(2011.4.11)

|

« クアラルンプール 適当旅行・3 | トップページ | 機上の映画とゲーム »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/51341602

この記事へのトラックバック一覧です: クアラルンプール 適当旅行・4:

« クアラルンプール 適当旅行・3 | トップページ | 機上の映画とゲーム »