« 最近気になるTV番組 | トップページ | シャンゴ »

富岡製糸

群馬応援キャンペーン。

GWも始まったので、群馬の名所をご紹介したいと思います。

世界遺産暫定リストにも登録されている…

…ココです!

Ang

……

すみません。間違えました。

あらためて。

富岡製糸場

Gate

(私が実際に訪れたのは、数年前ですが。)

より大きな地図で 富岡製糸場 を表示

上毛かるたでは…
に:日本で最初の富岡製糸
と読まれています。

群馬県富岡市にある日本初の官営器械製糸工場。

世界遺産( 文化遺産)への登録を推進していて、2007年には「富岡製糸場と絹産業遺産群」として、日本の世界遺産暫定リストに加えられました。
(世界遺産暫定リストといえば、彦根城などもそうらしいので、国内でもライバルはたくさんいるみたいですが…)

有料で、施設内を見学できます。
(詳しくは上記リンクへ)

一時間に一回、ガイドツアーがあります。
建造物の説明や歴史を、解説員の方が解説してくれ、なかなか面白いです。

Soko
(繭倉庫)

煉瓦作りの建造物は、日本では、もはやほとんどないですよね。
日本では古い建築物は、ガンガン壊して建て替えちゃいますからね…。

Tomi03

レンガにもいろいろな積み方があるようです。
ここでは、時期によって2種類の積み方がされているとのことで、説明もしてくれました。

Renga01

↑フランス積みは、長・短・長・短…と積んでいく。これが良く見る積み方かな。

Renga00_2

↑イギリス積みは、長い面の列と、短い面の列が交互に来る積み方。

よくある「レンガ模様」のような長面交互の積み方というのは、実際にはあまりないんですね。(薄い壁になってしまうので。ただ、全く無いわけではないらしい)

Tomi02

構内の様子。なんか、異世界に迷い込んだよう。

Tomi05
Tomi04

工場内部も見学できます。

ちなみに、なぜ群馬の富岡市に、日本最初の製糸工場ができたのか…。

群馬では、昔から養蚕がさかんだったからというのが理由のようです。
たしかに、うちの祖父母の家でも、昔は養蚕をやっていました。よくカイコをもらって育てたものです。
昔は、家の周辺に桑畑も多かったです。子供の頃は、道々桑の実を取って食べたりしました(田舎だなあ)。

行ったのが数年前で、色々説明してもらったのにあまり覚えてなかったり(すいません)、写真もあまり良いのがなくて、イマイチ伝わらなかったかもしれませんが…
歴史や建築物に興味のある方には、楽しめる場所だと思います。

(おまけ)

松本零士先生の、世界遺産登録応援イラストがありました。

Reiji

「富岡の歴史」という郷土史マンガを、零士先生が描いたのだそうで、その縁らしい。
うーん、なんて贅沢な…。

(2011.4.29)

|

« 最近気になるTV番組 | トップページ | シャンゴ »

旅行・地域」カテゴリの記事

群馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/51523024

この記事へのトラックバック一覧です: 富岡製糸:

« 最近気になるTV番組 | トップページ | シャンゴ »