« 群馬デスティネーションキャンペーン | トップページ | 富岡製糸 »

最近気になるTV番組

今シーズン新たに始まった番組で、ちょっと気になるものがいくつかあり。

宇宙ニュース
テレビ東京 毎週木曜 夜9:54~

なぜ今、宇宙のニュースなのか?
いったい、これを誰が見るのだろうか?
さすがローカル放送のテレ東。わけのわからないものをよくやります。

…といいつつ、見てしまった自分がいるわけですが。
5分程度の、超ショート番組ですが…
宇宙好きの人間としては、ちょっと嬉しい番組です。

前回は、ロシア星の街での、古川宇宙飛行士の訓練の様子とかやってました。

キャスターが、「もやサマ」の大江麻理子アナウンサーというのも良い(笑)。

SUPER GT プラス
テレビ東京系列 毎週日曜 夜11:30~

またテレ東系ですね…。

この前身となった「激走GT」は2009年で終わり、2010年のSUPER GT関連の番組は、フジ系(だったかな?)での不定期放送となっていました。

かつての「激走」は、単なるレース中継番組ではなく、エンターテイメント性が高かった。
レースダイジェストの他に、ドライバーやご意見番の土屋圭一さんを交えたバカ企画や、GTと全然関係ない最新カー情報や、D1グランプリの情報なんかもやっていて、レースに興味ない人でも楽しめる番組でした。

今回、テレ東でのGT番組の復活は、当時のノリを期待させますね。
放送開始後、しばらく見逃してたのを、前回初めて見ました。

富士スピードウェイのコース解説とかやってました。
ああ、走ってみたいなあ。

Kl2_06
(あまり関係ないけど、クアラルンプールにあった映画ポスター(かな?)。
「KLドリフト2」だって。あちらの人も好きなんですね、こういうの。

ITホワイトボックスBOX
NHK教育(Eテレ) 毎週日曜夜11:30~11:54
 再放送翌日曜午後2:00~2:24

番組自体に気付いたのは、既に3回目放送から。
前回、今回と、ソーシャルゲームやアンドロイドの事について言及していて、興味深かったです。
特にソーシャルゲームの回は、尊敬する遠藤雅伸さんが解説しており、非常にためになりました。
ソーシャルゲームの「ゲーム性」というものについてとか…。遠藤さんの解説は的を射ていますよね…。それだけに寂しいものもあるのですが。
ちょっとこのあたり書きたいこともあるのですが、長くなりそうなのでまた別の機会にでも(書かないかも)。

なかなか面白い番組だな…と思ったら、次回は「コンビニ」の事だそうで。
これはこれでためになるんだろうけど、ちょっと興味の対象外かな。

(来週日曜の昼間はアンドロイドの回の再放送)

忍たま乱太郎
NHK教育(Eテレ)

新番組でもなんでもないですが…
つい先日の放送で、人気キャラクターランキングをやっていました。
(以前もちょくちょく書いてましたが、「忍たま」好きなんです)

忍たま熱が再燃したのも、上級生などのキャラの良さに気付いてからでした。
(昔見ていた時には、上級生キャラとか、もっと少なかったんですよ)
なので、このキャラランキングにも興味津々でした。

で、結果は…(毎日、カテゴリ別の一位の発表をしていました)

・下級生グループ
1位は…きり丸!(摂津のきり丸)

まあ、そりゃそうかな。
3人組の中では、見た目もいちばんイケてる(?)し、あの極端な性格もキャラを立たせてます。
(ちなみに乱太郎は2位だったようで。)
まあ、これは予想通り。

ちなみに、私もきり丸は好きですが、他の下級生では、喜三太がけっこう好き(別になめくじ好きなわけでは無い)。

・上級生グループ

1位は…6年生の伊作先輩!(善法寺伊作)
これは、予想がつかなかったな。
確かに、ファン層は子供の他には女性が多いらしいので、イケメン系が上位に来るとは思ってたのですが。
むしろ、食満留三郎や、斉藤タカ丸や、綾部喜八郎あたりかな…とか思ってましたが。
性格の良さが高得点だったのか。他の先輩は見た目はイケメンでもわりと変な性格の人が多いですからね…。

ちなみに、忍術学園て、10才で入学の6年制ということで、奇しくも「ハリーポッター」の魔法学園と同じなんですね。※
どちらも、意外に忍術や魔法などの「原典」をちゃんと引いている部分にも共通性が見えて面白い。出版は忍たま(落第忍者乱太郎)の方が先…だったかな?(調べてないけど)

(追記)※↑は勘違い。ハリーポッターは、7年制でしたね。

ちなみに、私は他の上級生では、立花仙蔵が好き。
なんか、ひとり「浮世絵顔」というのも面白いし、冷静そうに見えて、けっこうキレるところなんかも。

・忍術学園グループ
先生や、くのいちも含めたグループですね

1位は… 土井先生!(土井半助)
わかりやす過ぎ(笑)。
傾向としては、伊作先輩と同じセオリーですね。
性格が良くてわりとイケメン。ちょっとかわいそうな立場に立つことが多いのも似ているかも…。

でも、個人的には絶対山田先生だろ!って思いますが(笑)。
ブラック魔王みたいな顔も良し、そしてそのまんまの声もよし。
(というか、要は声優の大塚周夫さんが好きなんだな)

・その他グループ

1位は… 利吉さん(山田利吉)
ああっ、なんて分かりやすいんだ…。
忍たまのキャラの中では、ほぼ非の打ちどころがないキャラ。
やっぱり、女性ファンが多いということなのかな…。

個人的にはこのグループでは、ドクタケ城主(木野小次郎竹高)が好き。
悪役の中では珍しく、あまりへこまないキャラです。張り子の馬もいい。
もちろん、八方斎も好き。いつも結局ひどい目にあってばかりですけどね。
まあ、ギャグ漫画の悪役のお約束だから。

放送では、各グループ2位トップというのも扱ってました。
結果は…タソガレドキ城の凄腕忍者、雑渡昆奈門(ざっとこんなもん)!
いや、これは意外ながら、共感できる結果ですね~。
良いですよ、昆奈門さん。
見た目は、包帯に片目と不気味な感じですが、腕が立ってカッコ良く、意外に性格も良いという。
「敵かな?、味方かな?」的な立ち位置も王道で良いです。忍たまの中でも珍しくステレオタイプな忍者っぽいキャラかも。

…過剰に熱く語ってしまいましたが…
忍たま乱太郎に興味ない人には、まったく無意味な内容でしたね…。
でも、Blogなんて、そんなもんでしょ?(苦笑)

(2011.4.26)

|

« 群馬デスティネーションキャンペーン | トップページ | 富岡製糸 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/51502327

この記事へのトラックバック一覧です: 最近気になるTV番組:

« 群馬デスティネーションキャンペーン | トップページ | 富岡製糸 »