« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

上州牛ハンバーグと、立ち塞がるもの

デスティネーションを見据えて、もっと群馬ネタを書くつもりが、かなり久々になってしまいました。

以前、ハンバーグの話で、「ビッグボーイ」が私の心のランキング2位という話を書きました。

では1位はどこか。

それは「GGC」というステーキレストランです。

(「食べログ」。独自HPは無いのかな?)

この店、群馬県発のレストランじゃないかな?
群馬にしかないかもしれません。

(ハッピーバーグ、びふてき屋というレストランも系列のようです。)

このレストランの売りであり、かつ私がNo.1と推すハンバーグが

上州牛ハンバーグ」です!

その名の通り、群馬の牛「上州牛」を使ったハンバーグ。
系統としては、ビッグボーイの「大俵」やフライングガーデンの「爆弾」と同じ、牛肉100%の、レアがおいしい系ハンバーグです。

実物はこんな感じ。

Josyugyu
(今回ではなく、以前撮った写真)

この系統のハンバーグでは、上記の2者を押しのけ、堂々1位の美味しさ!!(あくまで主観ですが)

肉そのものも美味しいですし、さらにやや酸味のある和風のソースがさらに食欲をそそります。

このレストラン、以前「途中下車の旅」でも紹介されました。
旅人は山田五郎さんだったかな。絶賛してました。
確かに、これは、全国レベルの美味しさだと思いますよ。
ぜひ、今回の群馬デスティネーションで、県外の人にも食べてほしい。

で、私も先日久々に、GGCに行ったのです。
もちろん、上州牛ハンバーグを食べに。

ところが…なんたること。

上州牛ハンバーグが、提供中止になっていたんです!!

そ、そんな…
これは、もしかして…あれか?

少し前にあった、ユッケ食中毒事件の余波なのか!?

確かに、上州牛ハンバーグの売りは、あの、溶けるようなレア肉にあるんだけど…。
でも、レアステーキは普通に提供されているのに…。

う~ん、ステーキは外側を焼けば菌の危険性は減るけど、ひき肉は外中ごっちゃ混ぜになった後に焼かれるから、安全性の保証ができんということか?(というか、そういう風に消費者が突っ込む可能性があるということ?)

いや、実際あの事件のせいかどうかは、わからないのですが、残念でした。

(ところで、ビッグボーイとかはどうなんだろう。ネットでは良くわからなかった)

で、めずらしく別メニューを食べることにしました。

ハンバーグ&カットステーキランチ

Hcuts

デミグラス系のハンバーグと、いつものソースで食べるカットステーキ。
初めて食べるメニューだけど、これもけっこう美味しいじゃないですか!
ランチメニューだからか、とてもリーズナブルだし。

あと、GGCで特筆すべきは、サラダのドレッシング。
5種のうちから選べるんですが、迷った時は「全部」というと、全部置いてくれます。

Salad

おススメは、オニオンドレッシングと、オレンジドレッシング。
この二つはガチ美味いです。飲みたいくらい(笑)。

久々のGGCで、上州牛は食べられなかったけど、いつもの美味いサラダ(ドレッシング)は食べられたし、珍しく別のメニューも食べられて、これはこれで良かったかも。

でも、早く常習牛復活してほしい…。

しかし、せっかくのデスティネーションキャンペーンの年を迎えた群馬県なのに、色々立ち塞がってきますね~。

まずは、震災の件。
群馬は大きな被害は無かったものの、北関東ということで、出足も鈍るというもの。浮かれ調子の宣伝もやりにくいでしょう。

そして、高速上限1000円の中止。
1000円くらいなら行ってやってもいいかなという人たちがいたんじゃないかと思うんだけど…それももう期待できない。

そして、全国レベルでおすすめしたかったGGCが、例の事件で(?)この状態。

何かの嫌がらせですかね(苦笑)。

いや、別に、そんなに群馬愛が強いわけじゃないんですが…でも、ここまで不遇だと、ちょっと不憫になってきました。

キャンペーンは7月から。
少しは、注目してやってください…。

(2011.6.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時のオカリナ

3DS版、「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」をプレイしてます。
先週6/16発売のソフトですね。発売日に買ってしまいました。

もともと、NINTENDO64用として発売されたゲームの、移植版ですね。
この作品は当時から、名作の誉れ高いものでしたね。プレイした知人からも「これは面白かった」「良くできている」と幾度となく聞いていました。
しかし、私は64を持っていなかったので、プレイできず。

ゼルダそのものに関しては、初代(FCディスク版)からスーファミ版、GBA版、DS版(無幻の砂時計、大地の汽笛)等もプレイしていて、どれも面白かったと思ってます。(まあ、心の作品は、第一弾のFC版ですけどね)

なので、「時のオカリナ」も遊んでみたいと常々思ってはいたのです。
今回、3DSで発売されると聞いて、しばらく前から楽しみにしていました。

キャラ的には、DS版の二頭身猫目のリンクが好きでしたけどね。時々嫌な顔をしたりするのがキュートで。
今回のリンク君は、カッコいい系で、終始まじめな感じですね。

今はゾーラの里のあたり。噂の通り、やっぱ面白いですわ。
しかし、やっぱり、ゼルダですね~。
謎解きの感じとか、踏襲してますね。答えを閃いた時の嬉しさは独特。
もっとも、ちょっと突き放したところがあるのも、ゼルダ的ですが…。

今回も、まず剣を手に入れる段階で、迷わさせられました。
わかってみると単純なものだったんですけどね。

時のオカリナは、シリーズで言うと、DS版の無幻の砂時計などより、古いんですよね。
DS版は、難度が下がっていたような気がするので(操作システムが新しくなったので、その分も易しくしてたのかも)、時のオカリナの難度は、今の私にはやや高く感じました。

まあ、そんな人のため…というより、初めてゼルダをプレイするような方のためか、今回、「ヒントを出してくれる石」みたいなのがあります。

それも、台詞で出るとかではなく、ムービーでヒントを見せてくれるんです。
これはかなり強力。
ただちょっと、強力すぎて、諸刃の剣にもなりそうな気もしますけど。
私のように心弱い人間だと、ちょっとわからなくなったら、すぐにこれを利用してしまいそう。
で、利用したあとで、なんか虚しさを感じたりして(勝手ですね…)。

謎を自分で解くのが、ゼルダの面白さでもありますからね。
これからはなるべく自力でがんばってみようと思います。(そう、すでに何回か使ってしまったのです…)

3DSと言えば、先日アップデートがありましたが、その後「いつの間に通信」のコンテンツが、文字通りいつの間にか、配信されていました。

コンテンツの一つ、「いつの間にテレビ」は、毎日3D映像のショートプログラムが数本配信されます。
ナポレオンズのマジックとか、子犬の映像とか、電車の車窓映像とか、アイドリング(というアイドルグループらしい)の相撲(笑)とかが3D映像で見れます。
個人的には、箱根彫刻の森の映像が好き。現代芸術好きなので。
だいぶ昔、彫刻の森、行きました。なつかしい。

Nagekinotenshi
(昔撮った写真。「嘆きの天使」という作品だと、いつの間にテレビで知りました)

しかし、この、いつの間にテレビ、ゼルダと微妙に相性が悪い…。
ゼルダって、ゲームをやめて再開すると、最初の自分の家に戻っちゃいますよね。
なので、ダンジョンの途中なんかにいる時に、中断してTVを見に行くのがためらわれるんです。
うぐぐ…リメイクする際に、この辺ちょっと考えてくれれば、うまく両立できたのに…。

とかなんとか言いつつ、今日もまたハイラルに行ってきます。

(2011.6.24)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糸魚川とツチノコ

去る6/19、高速道路の休日上限千円制度が、ついに終了となりましたね。

619

制度終了を惜しみつつ、最後の週末に新潟まで遠征して来ました。

(しかし…この制度中、私はけっこう経済に貢献はしたつもりですが、同時にCO2の増加にも貢献しちゃってましたね…。)

行き先は、「糸魚川市」。
糸魚川といえば、そう、「糸魚川静岡構造線=フォッサマグナ」ですね。

このあたりは、「フォッサマグナに代表されるような日本列島の形成を示す貴重な地質や素晴らしい景観を見ることが出来る、世界的にとても価値のある地域」として、「ジオパークのまち」と称しているんだそうです。

Itoigawa

北陸自動車道を、親不知(おやしらず)ICで降りました。
(あえて、糸魚川ICではなく、さらにちょっと先まで)

Million

「道の駅 親不知ピアパーク」のマスコット(?)「ミリオン」の像。
ここには、観光案内所もあって、この周辺の見所などを親切丁寧に教えてもらえました。

親不知は、有名な景勝地らしいですね(ここで、はじめて知った…)。

Oyashirazu

親不知は、昔、ずいぶん通行の難所だったらしいです。

で、明治16年に、現在の道が開通したときに、その喜びを岩に刻んだそうです。

Moji

「如砥如矢(とのごとく、やのごとし)」
(道が)砥石のように滑らかで、矢のようにまっすぐである、という意味だそうです。

それから、このあたりは、ヒスイの産地なんですよね。
海岸でも、稀にヒスイが見つかることがあるそうです。

まあ、そう簡単に見つかるわけじゃないと判りつつも…やっぱり探してしまいますね。

Nunagawahime
(ラベンダービーチの「奴奈川姫(ぬなかわひめ)」

Stones

ヒスイはなかなか見つかりませんが、ここらの浜には色々な石があって、面白いです。

親不知の海岸やラベンダービーチで、うろうろヒスイを探して…戦果はこんな感じ。

Stones2

うーん、ヒスイっぽいものもあるような、ないような(多分、ない)。
ヒスイは緑のイメージがありますが、このあたりで採れるものは通常白っぽいものが多いのだそうです。
嬉々として拾った緑っぽい石は、軟玉(ネフライト)や、石英閃緑岩ニッケルを含む石英の可能性が高いようでした…。

この糸魚川では、ジオパークやヒスイなどを目的としていったわけですが、現地で思いも寄らぬ面白いものを見つけてしまいました。

きっかけは、親不知ピアパークの観光案内所。

Tutinoko01

ここには、いろいろな手作りオブジェが飾ってあったのですが、デスクの上にあったのは・・・これ「ツチノコ」じゃない?

案内所のおねいさんに聞くと、このあたりでかつてツチノコを見た人があって、それをきっかけに「ツチノコ捕獲懸賞金1億円」キャンペーンを催していたのだそうです。

その後、駅前のお土産屋に寄ったところ、そのチラシも発見しました。

Tirasi01
(第6回?けっこう続いてますね! 今年のキャンペーン期間はすでに終わってたみたいですが)

Tirasi02
(裏面。ツチノコの絵がけっこうかわいいな)

ツチノコ、子供の頃から好きなUMAなんですよ。
なんか、この形状に神秘的な印象を感じるんですよね。

Tutinofig
(チョコエッグ)

よく考えると、ただの太ったヘビなんですけどね…。(いびきかいたり、尺取動きをしたり、転がったりと、多少の特殊能力は持ちますが)
ヒメハブとか、ガボンバイパーとか、アオジタトカゲとか、世界的には似たようなものも実在するわけで、その意味では、いてもなんら不思議も無い生物ですしね。

ちなみに、同じ観光案内所では、カッパの目撃談記事も貼ってありました(カッパのオブジェもたくさん飾られていた)。

糸魚川はUMAの宝庫でもあったとは…。

(2011.6.21)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インディペンデンス・デイ

ごく個人的なことですし、話題としても面白みは無いので、どうしようかなーとは思ったのですが…
前回、思わせぶりなカウントダウンなんかもしてしまったので、一応書いておこうかと。
(Blogって日記みたいなもんですよね。だから、自分の記録としても。)

ここの「中の人」がフリーランスになってしまいました!!
(正確には、昨日からですが)

「フリーランス」「独立」なんていうと聞こえは良いですが、ある意味フリーターのようなもので…。(「脱サラ」というと、なんか違うもののように聞こえますね。)

もっとも、これまでの会社の仕事にも、引き続き関わらせてもらうことになっているので、ちょっとズルい形ということにもなりますが(決して、大海原に寄る辺無く放逐された訳ではないという)。

でも、勤務日数も減る分は、他で補わないといけないですから、当面やや苦しくはなりますね…。

まあ、望んでフリーになった訳なので、そこはまあ、自業自得ということですが。

昨今スマホ、中でもアンドロイドがゲーム界も巻き込んで世を席巻しつつあると思うんです。
なんというか、それにちょっと参戦したくなったというか。

コンシューマ(ゲーム機のゲーム)が嫌になったわけでは無いです。
コンシューマの灯が絶えることも無いと思ってますし、やはり本気でゲームを楽しむなら、今でもコンシューマかなと思ってます。

(それに、スマホの勢いだっていつまで続くかわかりませんし…だからこそ今がチャンスかなとも)

まあ、いろいろなものに関わってみたくなったということですかね。
最近作っているFlashゲームみたいなのを、何かに役立てられたら面白いなんてことも思いますし、できれば、アナログゲーム(ボードゲーム)なんかもやってみたいなんて夢想したりもしてます。

(いいトシをして、バカっぽいとは思ってますよ、自分でも)

先々、必要に応じては、ちゃんとした実名HPなども開設して営業をかけたりする必要も出てくるかもしれませんが、しばらく仕事はアタリを当たっている状況なので、当面は現状維持です。

世間では最近、羽鳥アナがフリーになったり、業界で言えば高橋名人が移籍したりなど、こういう話題もちらほらありましたね。

私に関して言えば泡沫の存在、特に話題性も無く、隠す必然性もあまり無いのですが…
万が一、関係各位に迷惑があったら嫌なので、必要が出るまではあえてアナウンスもせず、静かにしとこうと思ってます。

このBlogは、現実逃避の場でもありますし、設定としては「適研所長」の研究所ですので、この「中の人」の話題は、いったんこれで終了。もう少し落ち着くまでは、以後ちょっと控えます。

まあ、落ち着いてきたら、色々面白いネタも書けそうなんですけどね。
「個人事業の開業届」ってのを出した話だとか、よくわかりもしないのに「青色申告」の申請をしてしまった話だとか…。
しかし、マジ、大丈夫ですかね、中の人(苦笑)。

(2011.6.17)

---
今回は都合によりコメント欄OFFにしました。

| | トラックバック (0)

3DSアップデート

先週、ニンテンドー3DSの大きな本体機能更新(アップデート)がありました。
(奇しくも、アップデートの話題が続いてしまいましたね。)

今回の更新の目玉は、以下のようなところのようです。

・「インターネットブラウザー」の追加

・ニンテンドーeショップ」の追加

・いつの間に通信の機能更新

最後の「いつの間に通信」は、まだその本領は未知数ですが、前者2つは大きいです。

ということで、アップデートしてみました。
やはり念のため、AC電源を接続してから、WiFiでアップデート。

アップデートは、難なく完了しました。
今の所、特に問題もありません。

(私は「リッジレーサー」を持っているので、実は若干問題はあるのですが…まあそれはさておき)

今まで使えなかったHOME右上のアイコン(ネットブラウザー)も、ようやく使えるようになりました。
まあ、3DSでネットブラウズすることは、めったにないと思いますが…。
でも、アップデート後に、とあるPAに行ったら、そこのフリースポットでちゃんとネットが見られたりしたので、意外に使える場所もあるのかも。

実は、私個人としては、今回アップデートで期待していたことがあるんですよ。

それは、ニンテンドーeショップで購入できる

ゼビウス3DS

(※ 「ゼビウス3D」ではない。それは昔あったアーケードゲーム。念のため)

価格は\600(ポイント)。
早速購入し、プレイしてみました。

…こ、これはスバラシイ!!
ゼビウス好きなら、もう、絶対買うべきだ…と思いましたね。

ゲームの内容は、昔のゼビウスそのまんまなのだけど…
自機を含む空中物が、3D立体視的に、浮いて見えるのです!

3Dのボリュームは中程度以下がおススメです。
そんなに高高度では無い、ちょっとだけ浮いているという感じが、立体視としてもすごくしっくりきます。
これこれ、これこそが3DSの正しい使い方じゃないですか?(…違うか)

昔のゼビウスを好きだった人ほど、楽しめるんじゃないかな。「知っているのに、未知の感覚」みたいな。
(逆に、ゼビウスに思い入れの無い人には、どうかなとは思いますが)

気になる所もありますが…。
若干、地上物が弾を撃つ時など、微妙に違和感あります(下に見えていた弾が一瞬で上のレイヤーに上がってくる)

左右の雲は、視差の問題を緩和する為かな?
画面が横長なのには、ちょっと慣れが必要かも。

あと、別に「ソル」がにょきにょき立体的に伸びてくるようには見えたりはしません(笑)。
各キャラ自体は平面ですね。

ゼビウスを買うために、ニンテンドーeショップに少し多めに お布施 入金したので、他のゲームも買ってみることにしました。

目についたのがこれ。

DSiウェア
ぐるっとセイバー
(\500(ポイント))
360°基地防衛シューティング。

なかなかアイデアは面白くて、グラフィックとかもいい感じ。(まあ、レトロな感じですけど)
ただ、難度がちょっと高いなあ…。
ステージもたくさんあるんだから、序盤はもう少し遊ばせてくれてもいいんじゃないかと。
ゲームバランスって、重要ですよ。

DSiウェアというのも、今回の3DSで初体験なんですが(以前はDSLiteしか持ってなかったので)、色々面白そうなものもありそうですね。

ところで、3DSのバーチャルコンソールはGB,GBCだけなの?
今後に期待しよう…。

----
(本当は、LOGとしてもっと他に書いとかなきゃいけないことがある昨今なのですが…)

大いなる希望への…
そして
限りなき悔恨への…

カウントダウン「

(2011.6.14)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Android2.3にアップデートしたらFlashアプリが動かなくなった(けど解決)

(長いです。結末だけ知りたい方は、末尾の方の太字だけ見てください・笑)

我が愛機、HTC DesireHDの、Android2.3へのアップデート提供が始まって、ほぼ一ヶ月。

ちょっと怖かったというのもあり、アップデートせずに放置していたんですが…
一週間ほど前、「システムアップデートのお知らせ」が届きました。
(開始直後にもお知らせは来てましたが、念押しなのか)

一応、ぱっとネットを見たところでは、特に悪い噂は書かれていません。

で、ついに重い腰を上げ、アップデートすることにしました!

「お知らせ」のリンクから、素直にダウンロード。

そこそこ時間もかかりましたね。
注意喚起もされますが、3Gではなく、WiFiで接続した方がよさそうです。
あと、ちゃんと電源もつないだ状態の方が安心ですね。

で、ダウンロード完了、インストール…と難なくクリア。
簡単ですね!

で、立ち上げてまず 「おっ!?」

フォントが変化しました。ちょっと丸みを帯びた感じに。
これはこれでいい感じ。
加えて、アプリボタンのデザインが変わったりなど、細かい変更点も。

あと、何よりも、動作が快適になった気がします。
フリックのスクロールなどで、ほとんどギクシャク感じなくなりました。
かなり、iPodTouchの動作に迫る感じ(超えてはいませんが)。

念のため、いくつかのアプリを起動してみたり、メモ帳などで書いてみたりもしましたが、特に問題なし。

いや、良いじゃないですか!!
ビクビクしてましたが、Android2.3へのアップデート、正解ですよ!

(…と、ここまでは思っていた…)

-----

ふと、自分で作ったFlash(AIR)アプリはどうかなと、起動してみたのです。
ここまで何の問題も無かったわけで、今さらここで問題が起こるわけが…

XX(air.XX)が、予期せず停止しました。やり直してください

な…ナニッ!?
昨日まで動いていたものなのに??

こ…これは、何かの間違いに違いない…。
と、気を取り直して、別の自作Flashアプリを…

予期せず停止しました。やり直してください
予期せず停止しました。やり直してください

ぜ、全滅ですかぁ~!!??

念のため、PCからパブリッシュ&転送しなおすも、状況は変わらず。
そ、そんなあ~!!

以前、冗談交じりに書いていた、最悪の事態が、現実のものに…。
アンドロイドケータイを導入したのも、半分以上は、Flashアプリを動かしたいからだったのに…これでは意義を失ってしまいます!!

ネットで検索してみるも、これに似た状況は発見できず…。
(HTC Android2.3 Flash AIR Android  など、色々な組み合わせで検索してみたのですが…)

アプリが立ちあがってからハングするのであれば、自分の書いたスクリプトの問題かなと思うのですが…
一瞬も立ち上がらずに、強制停止ダイアログが出る。

これでは、いったいなにが原因なのか、さっぱりわかりません。
メカ(ハード)音痴なので、こういう事態になった時になす術を知らないのです…。

これで数日悩みました。

しかし、その間色々調べ、推理するうちに、やはり「Adobe AIR」の問題ではないかと思い至りました。
ダイアログでも「XX(air.XX)が、予期せず停止しました」って出てるわけだし。

で、調べてみると、世に「AIR Android2.6」という新しいバージョンが公開されているらしいことを辛うじてキャッチ。

もっとも、Android2.3との関係は、特に言及されていないのですが。
一番詳しそうな、Adobeさんのページ「Adobe AIR 2.6 開発者向けリリースノート」にも、特に無し。

ということで、あまり期待も出来ないが、他に手がかりも無いので、とりあえずAndroidマーケットにあるAIR Androidを見てみました。

なるほど。確かにバージョンは「2.6」になっているようです。

これを更新すると、さらに深みにはまる可能性もあるかもしれない…が、ええい、ままよ!
核心も持てぬまま、ダウンロード&インストール(無料)!

すると…

…動いた、動いたよ!
動くじゃないですか!!

どうやらこれが原因だったようでした!

結論:
Android2.3にアップデートした場合、AIR Androidを2.6にアップデートしないと、Flash(AIR)アプリは動かないようだ(HTC限定?)」

分かってみれば、単純な話…。
ハードに詳しい人なら、最初のダイアログを見た段階で、瞬時に分かったんでしょうね。
まあ、それ以前に、注意力ある人ならAIR Android2.6が公開された瞬間に、アップデートしてたでしょう。
(そうしていれば、Android2.3にアップデートしてもなんのトラブルも無かった…かも)

しかし…実際のところは分かりませんが…

もし、Android2.2/AIR2.5の時代に、AIRアプリをマーケットで購入していた人がいたとして、その人が2.3にアップデートした場合、やはり動かなくなったのでしょうか?

一般ユーザーだったら、私と同様に困惑したんじゃないですかね?
(それとも、マーケットから何かアナウンスがあるんですかね。私自身はマーケットでAIRアプリを購入したことが無いので)

世間でトラブルの記事を見ないので、まあ、何らかの対処はされていたのかな。
こんなトラップに引っかかったのは、日本では私くらいなものだったのかもしれません…。

まあ、結果オーライ。解決して良かったです…。

Androtaco

(一時はこんな、単に絵を表示するだけの(一切スクリプト無しの)アプリさえ動かず、絶望感に打ちひしがれたものでした)

(2011.5.11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速1000円終了

高速休日1千円、19日で中止…国交省方針
(読売新聞 6月1日 Yahooニュース経由)

「国土交通省は31日、高速道路の「土日・祝日の上限1000円」の料金割引制度を6月19日(20日午前0時)で中止する方針を固めた。」(上記より引用)

この「6月で終了らしい」という話自体は、少し前から聞いていたので、びっくりではないのですが…。

「いつから」「どのような形で」という情報がほとんど流れず、ネットで検索しても、古い情報しか見つからなかったりで、ちょっと困惑していました。

で、最近ようやくはっきりしてきたみたいです。もう、すぐの話です。(土日と言えば、あと二回しかない)

この制度、かなり利用させてもらっていたので、個人的にはちょっと残念です。
私は、この制度立ち上げ当初から大賛成で、さっそく車にETCを導入してしまった口ですので。

ただ、この制度自体の、政策としての成功/失敗は、よくわからないですけどね。
立ちあげ時には、非難も少なくなかったですよね。

この制度の意図としては…

「休日特別割引
長距離利用の新規需要を喚起し、観光などによる地域活性化を図ることを目的とする。 」
Wikipedia ETC割引制度より)

というのが謳われていました。

しかし、当時から
「本当に経済効果があるのか?」
「JRや船舶など、他の交通機関のダメージが大きい」
「休日の混雑が、運送関係の業務に悪影響を及ぼす」
など、ネガティブな声もあったように記憶してます。

いざ、終了ということになって、世間的にはどうなんですかね…
私は残念ですが、「良かった」とホッとしてる人もいるのかな…。

世間の実際は分かりませんが、個人的にはこの制度で、けっこう「経済的貢献」をしてたと思います。

そもそも、この制度が無かったら、これほど高速に乗っていなかったです。
制度以前の年間の高速料金の総額と、以降での総額を比べると、(割引されているのにも関わらず)圧倒的に後者の方が大きいです。

それから、このBlogにも、いくつか高速関連のネタを書いたことがありましたね…
(「パサール三芳(三芳PA)」、「寄居PA(星の王子さま)」)

この制度導入前後で、SAやPAが活気付いて、色々面白いところや美味しいものを置くところが増えてたんですよね。
それが楽しくて、「SAやPAに行くことが目的」という感じで出かけることまでありました。
(海老名SAとか。噂に違わずすごかった。この時は高速を降りた後の方がおまけでした)

それからやはり、SAやPAとは関係なく、遠くに遊びに行くことも増えましたね。
今までなら、家やその周辺でだらだら過ごしてしまいそうな土日も、高速が往復2000円と思うと、気軽に遊びに行きたくなってしまいます。
新幹線で出かけよう…なんていうと、カミさんの分も含めてかなりの額になりますが、それが2000円+ガス代で済みますからね。
(というか、群馬の公共交通機関網は貧弱で、県民は基本、車が無いと生きていけない生活をしています。なので、車で出かけやすいかどうかが、出かける基準になっているのです)

ここ数年は高速でよく遊びに行きました。
このBlogの「旅行・地域」カテゴリ記事の中には、高速で出かけた場所のものも多いです。

そして、当然ながら行った先では、宿泊したり、名物を食べたり、お土産を買ったりして、お金を使います。
私的レベルで言えば、政策的目的である「観光などによる地域活性化」にかなり貢献したと思いますよ。

Sunkidon
(GWに木曽に行ったとき食べた名物、「すんき丼」。美味しかったです)

Una
(同じく、諏訪湖(岡谷)のうな重。うなぎは岡谷の名物らしいです。これも美味しかった。タレがずいぶん甘かったのは、この辺の味付けなんですかね)

この情報が公になってから、駆け込みも増えているようですが…
私も、先日、駆け込みで山梨に遊びに行ったりしました。

特に鉄道で行きにくいところなどは、車で行けると便利なんですよね。

Kuon

身延山久遠寺

天台宗、真言宗、曹洞宗の総本山は(なぜか)知ってましたが、日蓮宗の総本山が山梨にあったなんて、今まで知りませんでした。ためになったなあ。
(天気が悪くて富士山が全く見えなかった…という残念なことはあったけど)

…とまあ、愛用していた人間からすると残念なことではあるのですが、決まってしまったものはしょうがないですね…。

ただ、私などは良いとしても、これまで上限1000円(や、無料化も?)を視野に力を入れてきたPA/SAや、恩恵を得ていた地方の観光地がちょっとかわいそう。

それと、ディスティネーションキャンペーンを目前にしていた群馬県にとっても、ちょっと痛い話ですね…。

上限1000円の制度は無くなるとして、その他の割引制度はどうなるんでしょう(半額制度とか)。
このあたりも、いまいちハッキリ書いてある所が見つからないんですよね…。

(2011.6.8)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカボロー・フェア

よく、お気に入りのぬいぐるみなどを旅先に連れて行って、記念写真を撮る方がいますね。
ほのぼのしてて、見てるとなごむんですよね、そういう写真て。

私も、先日、お気に入りのモノを連れて山に登り、記念写真を撮ってきました。

-----

M01
「さあ、山にやってきたぞー!」

M02
「落ち葉のベッドだ、気持ち良いなあ~。」

M03
「花もたくさん咲いてるぞ~。ニリンソウっていうらしいぞ~。」

M04
「コケのじゅうたん、ふかふかだあ。」

M05
「いよいよ頂上にやってきたぞ。うわあ、高くて怖いなあ。」

M06
「わー、いい景色だなあ。」

M07
「でっかいわらびだなあ。え、わらびじゃない?」

M08
「ああ、たそがれるなあ。」

M09
「さあ、そろそろおうちに帰ろう。今日は楽しかったなあ。」

-----

…。

なごめないどころか、不安な気持ちになってくるのは、なぜだろう…。

(2011.6.3)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »