« 古代蓮の里 | トップページ | 榛名山(イベントと、峠と) »

アンドロイド用キーボード

アンドロイド HTC DesireHDを入手して既に半年が過ぎましたが、未だに、「文字入力しにくい問題」を抱えたまま過ごしていました。
(シール作戦もよかったんだけど、Flashアプリを動かすようになったら、さすがに付け外しが面倒になってきて…)

とにかく、長文を打つ気にならない(ちょっとしたメールくらいなら書けますけど)。
せっかく、いつも持ち歩く機器で、これだけの解像度・表示面積もあるのに、…惜しい。
うまく使えれば、出先の時間待ちなどで、Blogの下書きくらい書けそうなのに…実に惜しい。

と思っていたところ、何かの折りに、「スマホ用のキーボード」ってものがあるのに気づきました。(遅いよ)

ちょろっとネットで調べたあと、近場の家電量販店へ。
(ネット通販でもいいはずなんですが、なんか私、まず店に行ってしまいますね。意外にアナログ人間なのかも)

店の動作確認表で、DesireHDにも対応しているとあったのは、この店では1機種だけでした。けっこう機種で相性があるのか…?
DesireHDといっても、Android2.2か2.3かで違わないだろうか?(明記されていなかった)

…など、若干の不安も抱えつつも、我慢できなくて購入しちゃいました。

スマートフォン対応Bluetoothキーボード
ELECOM TK-FBP017BK

Box
箱。

HTCの他、XPERIAや、iPhoneでも使えるらしいです。

実際のブツはこんな感じ。

Key01

オープン状態だと、そこそこ大きいですが…

Key02

普段は小さく畳んで持ち運べます。

Case

しかも、レザー風のソフトケース付き。カッコイイ。

接続はBluetooth。
スマホで使うためには、「ペアリング」という処置が必要みたいです。
ちなみに私、Bluetooth機器を使うのも初めて。
説明書に従って手順を進めていくと、(少し引っかかったところはありましたが)無事接続完了!

スタンドが収納されていて、オープンするとスマホを立てる事ができます。
ジャキーン!!

Set

スタンドに立てれば、キーを打つ時にも見やすい!
(スタンドはかなり華奢で、出し入れ時にぶっ壊れそうな怖さもありますが…)

おお、ちゃんとキーボードからスマホに文字が打てるようになりました!!
すばらしい!

ほんのちょっと、打ってから表示までに遅延があるかな…。
でも、私はキーを打つのがそれほど早くはないし、ほとんど問題無し。

ちなみに、Bluetooth接続には2種類あるらしくて、このキーボードではAndroidはSPP、iPhoneだとHID接続となっているようですが、HIDの方が反応が早いらしい。
AndroidをHIDで接続する裏技もあるらしいのですが、まあ、とりあえずそこまでしなくても大丈夫かな。

その後、出先の隙間時間で使ってみたりもしましたが、なかなか良い感じです。
多少、変換での癖があったり(ソフトの問題。あと、予測変換をキーボードで選択する操作が分からん…)、やはりストロークがいつも使っているキーボードと違うので、押し間違えたり(これは、このキーボードの問題じゃなく、普段と違うキーボードを使うと良くある話)…などもありますが…

これなら、ソフトキーボードを使うより、長いテキストも打つ気になれますね。
ちなみに、この文章の大半も、出先でこのキーボードを使って書いたものです。
(ファミレスで食事待ちの時とか。ファミレスで仕事してる雰囲気醸すと、なんかカッコよくないです?)

よーし、これからは、出先でもバリバリテキストを書くぞ!

(とかいいながら、たいてい3DSでゼルダとかやっていたりして…?)

----
ところで・その1

HTCって、Appleに訴えられてるらしい ですね…
(マイコミジャーナル)

Samsungも同様みたいですけど。

HTC使いの私が言うのもなんですが、Appleの気持ちもわからんでもないです。
せっかく、知恵とセンスを絞って開発した市場を、Android陣営がゴソッと持って行きそうな空気ですからね。
訴訟は、危機感を強めているという心情の裏返しでもありますね。
(別に HTCやSamsungだけでは無く、「スマホ」機全体の話ですが)

まあでも、世の中パクリパクラれて、より良い物が生まれてきたのも事実だし、AppleにはMac OSの時から、狭量な部分もあったわけで、そのあたりの流れも含めた結果かな…とも。

どっちの製品も使っているので、どちらか一方に肩入れもしたくないです…。

----

ところで・その2

スマートフォン以前の高機能ケータイの事を、ずっと
フューチャーフォン」(未来の電話)
だと思ってたんですが…(以前、このBlogでもそう書いたような)

実は
フィーチャーフォン」(特徴電話…とでも訳すのか?)
が正しかったらしいですね…。ハズカシー。

いや、こういう呼称があるのも、つい一年以内くらいに知ったのですが…
その時、ケータイゲームに関わっていた(別々の会社の)知り合い2人から、「フューチャー」って聞いた気がするんだけどなー。

(2011.7.15)

|

« 古代蓮の里 | トップページ | 榛名山(イベントと、峠と) »

スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/52215590

この記事へのトラックバック一覧です: アンドロイド用キーボード:

« 古代蓮の里 | トップページ | 榛名山(イベントと、峠と) »