« 誇る文豪、田山花袋 | トップページ | サンデル、読んでる »

セミの日

先々週、たまたま行った場所で、セミの抜け殻をたくさん見つけました。
タマムシの記事の時です)

そこで、ふと思ったのが…
この場所に夜訪れれば、長年の念願「セミの羽化」を見られるのじゃないか…?
(ムシ好きと言いながら恥ずかしいですが、今まで、セミの羽化を見たことが無かったのです)

と、いうことで、先週末の夜、例の場所(群馬県富岡市某所)を訪れてみました。

時間はPM21:00過ぎ。なんとなくで、このくらいの時刻が適当かなと。
(本来、ちゃんと調べてから行くべきなのだけど…)

夜中なのに、時々あっちこちで「ジジッ」とセミの鳴く声(寝言?)が聞こえます。
夜でも、セミがたくさん集まっている場所みたいです。

ビンゴ!!

ちょうど脱皮している最中のセミを発見しました!!

しかも、前回上げた写真の、その場所で!

Semi01_640_2
(クリックで拡大)

うわー、初めて見ましたよ。感動!!

Semi03
(背後)

Semi02
(裏)

30分くらいの間に、見る見る羽化は進行します。

(しかし、こんな所でじっと見ていたせいで、えらく蚊に刺されましたけど…。虫よけスプレーを使うとセミがかわいそうかなと思って、耐えました)

Semi04_640_2
(クリックで拡大)

体が抜けきって…

Semi05

羽が伸びてきました。

Semi08

色が白くて分かりにくかったのですが、羽が伸びてみると、透明であることが分かります。
これは、ミンミンゼミのようですね。

この他にも、脱皮するセミを何匹も見つけました。

Semi07_2


これは既に羽が伸びきっている。羽を見ると、アブラゼミのようですね。

羽化の時間には幅があるのかな?

これから木を登っていく幼虫も見つけました。

Semi06

あと、脱皮に失敗してしまったセミも見ました。
木から落ちてしまっていたり、うまく殻から出られなかったり。
ちょっとかわいそうでしたが、助けてやる事も出来ず。
羽化は命がけですね…。

ともあれ、念願のセミの脱皮を見られて良かったです。

というか、ベストスポットさえ見つけたら(例えば、抜け殻がたくさんある場所とか、セミの穴がたくさん開いている場所とか…)、あとは「絶対見る!」という意志さえあれば、簡単に見られるものだったのかもしれません。
今まで怠慢だっただけですね、きっと。

感動ですよ。おススメです。
(あ、未成年の方は、大人の方と一緒に行きましょう)

-----
(おまけ1)

上記の場所で、キノコがボコボコ出まくってました。
良く見ると…

Tengu01

テングタケ」じゃないですか。あの、毒キノコの。

Tengu03

Tengu02

白い点々が、可愛らしい。
これも初めて見ました。

今度はぜひ「ベニテングタケ」を見てみたい。

-----
(おまけ2)

やはり先週末、北軽井沢(群馬県吾妻郡。長野の軽井沢では無いが、良い所です)に行ってきたのですが…

あまり聞いたことのないセミの声を聴いたんですよ。
「ギー…ギー…」って感じ。

そして、ちょっと見かけない抜け殻も。

Kara

(よく見るアブラゼミと同じ位の大きさだけど、黒っぽい気がする)

これは…と思っていたら…

エゾゼミ(アカエゾゼミか、コエゾゼミもしれないが、そこまでは良くわからない)

Ezo02

これも、初めて見ました…

エゾゼミって、関東にもいるんですね。
「エゾ」なんていうから、北の方にしかいないのかと。
後で図鑑を見たら、分布は北海道~九州となっていました。

しかし、今まで見たことありませんでしたね。
高原でないといないとか?
北軽井沢も、その名の通り、高原で涼しい所ですから。

最近、クマゼミが北上しているという話もありますね。
クマゼミも見たことないんで、そのうちぜひ見たいです。

(2011.8.8)

|

« 誇る文豪、田山花袋 | トップページ | サンデル、読んでる »

動物」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい写真拝見しました。このエゾゼミはかつてab.iwaoiと
呼ばれていた変異種です。これはどこで撮影されたものですか。
もしよろしければ詳しくお聞きしたいのでメールいただけますか?
よろしくお願いいたします。

投稿: adonis | 2011年9月 1日 (木) 18時05分

コメントありがとうございます。

ええ、変異種なのですか!?
(初めて見たエゾゼミだったのですが…)

場所は、記事では「北軽」と書いてますが、厳密には嬬恋村、新鹿沢温泉の近くでした。

でもこれは良い話を聞きました。
来年の正月に、師匠(昆虫図鑑を執筆してます)の家にいったら、写真を見せて自慢できます!

投稿: 適研所長 | 2011年9月 2日 (金) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/52427111

この記事へのトラックバック一覧です: セミの日:

« 誇る文豪、田山花袋 | トップページ | サンデル、読んでる »