« ビエンナーレ2 | トップページ | 安政遠足 »

チャツボミゴケ

中之条ビエンナーレを見に行った最後の日、少し時間が余ったので、その近くの別の名所へも行ってみました。

[ チャツボミゴケ ]

場所は、中之条町大字入山(旧六合村)、JFE奥草津休暇村内。
入園料\200。

ここには、「チャツボミゴケ」という、珍しいコケが群生している…という話を最近知りました。

Goke00

JFEというのは日本の鉄鋼メーカー。
このくぼ地は、穴地獄と呼ばれ、かつての群馬鉄山の鉄鉱床を生成した鉱泉源…なんだそうです。(現地看板より)

ここでは、硫黄を含む鉱泉(といっても20℃)が湧き、その周りにそのコケが生育しています。

Goke01

Goke02

ウソのように鮮やかな緑で、美しいです。
蛍光を帯びたように光って見えるコケの色が、異世界にでもいるような気分にさせます。
周りにほのかに漂う硫黄の匂いも、それを増幅しますね。

このコケは、硫黄泉などの酸性泉に限って生育する特殊なコケなのだそう。

Litmas

↑測ってみたら、Ph3でした。確かに、酸性ですね~。

Goke03

この種類のコケがこれほど大規模に自生しているのは、本州ではここだけらしいです。

ちょっと近づいてみると、表面がベルベットのように見えます。
確かに、こんなコケ、見たことないですね。

Goke04

拡大。なめらかで粒々な表面。

もっと拡大してみると…

Goke05

こんな感じ!
一つ一つが、お碗のような形をしてます。珍しい!

当初、茶壷みたいだから「茶壷実ゴケ」というのか、とひとり納得してましたが…
「茶蕾(ちゃ・ツボミ)ゴケ」が正解らしい…。

(2011.9.30)

|

« ビエンナーレ2 | トップページ | 安政遠足 »

旅行・地域」カテゴリの記事

群馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/52848063

この記事へのトラックバック一覧です: チャツボミゴケ:

« ビエンナーレ2 | トップページ | 安政遠足 »