« サメ地獄 | トップページ | アンコール・ワット適当旅行・1 »

ヨコハマトリエンナーレ

うぐぐ…
風邪をひいてしまったようです。
ここ数日暑かったり寒かったりで、わけわからなくて、着るものや寝具の選択を誤ったようで…。
それに加えて、精神的な疲労も追い討ちをかけていたのかもしれません。
倒れているわけにはいかない。明日には復活せねば…。

-----

群馬ではない話題です。
でも、なんか既視感のある感じ(自分で言うのもなんですが)の話題ですねえ。
趣味が狭いということか。

ヨコハマトリエンナーレ2011

横浜で3年おきに開催される、現代美術の国際展覧会です。

中之条ビエンナーレと趣旨は似ていますが…
中之条は国内の作家がほとんどなのに対し、横浜の方は「国際展」。海外の作家の作品も多く、知名度も全然違う。

いままでにも何回か見に行ったことがあり、面白かったのでまた行ってみました。
(開催は、11/6まで )

Museum_e

(横浜美術館会場)

今回の主な会場は、

・ 横浜美術館
・ 日本郵船海岸通倉庫
・ BankART Life Ⅲ(新港ピア)
・ 黄金町バザール2011(黄金町エリア)

でした。会場間は、シャトルバスが走っています。

(会場は、毎回少しずつ違うようです。以前は赤レンガ倉庫の時もありました。)

また、いくつか作品を。(写真も概ねOKでした)

Art01

なんか、綺麗。
でも、やはり現代芸術は、バカっぽさが欲しい。

Art07

泥のカバ。

Art02

髪の毛と綿ボコリで作られた小さい作品。
それだけでも変ですが、さらにこれを遠くから望遠鏡で鑑賞するという趣向。

Art04_2

これはいい(笑)。
右のエビは、普通の桜海老ですよ。非常に小さい。

Art03

バカっぽいといえば、この作品に尽きる。
泉太郎さんという方の映像作品ですが、もう大爆笑。
実験映像ということなんだろうけど、もはやコントじゃないか。
この方の作品は、けっこう好きです。「パナゾイド」とか。
DVDで作品集出してくれないかな。

Art06

これは黄金町に出ていた店舗ですが、安部泰輔さんという作家本人がここで作品を作って「売って」ます。

売るために作ったものが、アートと言えるのか微妙な気もしますが…

実は私も以前買ったことがあったりして。
作品展をやってたとき、ミュージアムショップで。

Umiushi

(うみうしくん。安部さんは不要な布切れから作品を作ります)

泉さんも、安部さんも、以前群馬で見たことがあって、それで知ってました。

今回のトリエンナーレも、まあ面白かったです。

が、つい最近、中之条ビエンナーレを見に行ったあとでの感想で言うと、意外にもビエンナーレの方が全体的には面白かったような気がしてしまいました。

今回、私の好きなインスタレーション系が少なかったからなのか。
(中之条の方は、建物と作品が一体化しているようなものが多かったのです)

一つ一つで見ると、トリエンナーレの方が、豪華ですごいものが多いんですけどね。
それに毎回いくつかは、必ず掘り出し物があるし。
兎にも角にも、見てるとなぜか幸せな気持ちになれるんですよ。
やはり次回も行くんだろうなあ。

2009

(前回のトリエンナーレの掘り出し物。「ベイビーマルクス」(映像作品))

(2011.10.18)

|

« サメ地獄 | トップページ | アンコール・ワット適当旅行・1 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/53000548

この記事へのトラックバック一覧です: ヨコハマトリエンナーレ:

« サメ地獄 | トップページ | アンコール・ワット適当旅行・1 »