« 安政遠足 | トップページ | 神流町恐竜センター »

恐竜の足跡

先日の「県民ショー」で知ったのですが、
「地域ブランドランキング」では、我が群馬県は47位(最下位)ということのようです。

まあ、だからといって、個人的には特に悲しくも、腹が立ったりもしませんが。
中途半端に低いより、いっそ最下位の方がネタ的には良いと思うくらい(笑)。

「知名度の低さ」的な理由をひとつ推測すると…
群馬は「日本のヘソ」を自ら標榜するように、本州のど真ん中にあるんですよね。
それが逆に位置を把握しにくくしている気がする。

むしろ、端っことかの方が印象には残るじゃないですか。
海にも接していないので、日本の輪郭を想像する時に関わってこないし。
その意味では、栃木とかもそうなんですが(そのせいか、よく最下位争いをしている)。

ひとつ気づいたのは、(番組では良く確認できなかったのですが)
この統計の元は「日経リサーチ 地域ブランド2010」のようですね。(二年に一回調査らしい)

それとは別に、ブランド総合研究所(なんじゃそりゃ)の行っている
地域ブランド調査2011 都道府県ランキング」というのもあるようです。

そちらによると、最下位は…茨城県。群馬じゃないんですね。

では、群馬はというと……「44位」
…低いという意味では、大差ないですね…。

-----

ということで(?)…今回も群馬ネタです。

なんか、もはや群馬県情報サイトと化している感もあります…。
そもそも群馬にそんなに思い入れがあるわけでも無いのですが。

いや、でも、私は世の中「ホンネよりもタテマエ」が重要だと思ってますので。
行為こそが真実。
今回も群馬の面白い所を紹介してみたいと思います。

[ 恐竜の足跡 ]

場所は、群馬県多野郡神流町。
1985年4月3日、ここ群馬県多野郡中里村(当時)で、日本で初めて恐竜の足跡が発見されました。

発見当時、見に行ったことはありましたが、もう20年以上前の話。
久々に行ってみたくなったのです。

しかし…すごく山奥で、アクセスしにくい場所です。
後述の「神流町恐竜センター」から、約2kmの場所ですが、最寄りの駅からバスに乗って行こうとすると、90分かかるようです。自家用車かレンタカーでないとなかなか大変。

私は自家用車でアクセスしましたが、群馬県民の私でもけっこう時間かかりました。

Ashiato00

これが、恐竜の足跡のある岩盤。
漣岩(さざなみいわ)」という名前が付いているようです。

もともと1953年の道路工事で、波跡の化石は発見されていたのですが、1985年になってそこに恐竜の足跡があることも判明したのです。

Ashiato640
(クリックで拡大)

表面一面に太古の細かい波の模様がプリントされています。

その中に大小三種の恐竜の足跡があるらしい。

左上に大きな2つ。

Ashiato02

これは、大型肉食恐竜(メガロサウルス類)の足跡らしい。
あまり足の形状は判らないですが、明らかに何かがめり込んだような状態が化石化しています。

右下には細かく連なる足跡。

Ashiato03

ここには2種が含まれているらしいですが、パッと見ではよく分かりませんね。

ここに恐竜の足跡が発見されたことで、中里は「恐竜王国」を売りにするようになり、その後、恐竜の博物館ができました。

それが「神流町恐竜センター」です。

その博物館に、上記の足跡の情景をジオラマ化したものがありました。

Geo

こんな感じ。カッコイイ!

手前が大きな足跡の多分メガロサウルス類。
向こうにいるのが、細かい足跡のダチョウ恐竜の類。

まあ、あれだけの跡から、よくこここまで再現できるものだと感心しますが。

この恐竜センターもとても面白かったのですが、長くなりそうなので、また後日にでも。

(2011.10.7)

|

« 安政遠足 | トップページ | 神流町恐竜センター »

動物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

群馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/52933174

この記事へのトラックバック一覧です: 恐竜の足跡:

« 安政遠足 | トップページ | 神流町恐竜センター »