« サンシャイン | トップページ | おばけ階段 »

首都圏外郭放水路

最近、ちょっと平日に休める機会に恵まれて(まあ、収入は減ってるわけだが…)、この機会を生かし、平日でないと行きにくい場所・平日でないと混んでそうな場所へ行きまくっています。
(前回のサンシャインもその一環)

で、先日、まさにこんな時でないと行けない場所「首都圏外郭方水路」へ行ってきました。

[ 首都圏外郭放水路 ]

ここは、中川・綾瀬川の増水を地下施設に取り入れ、江戸川へ逃がして流域の洪水を防ぐための施設です。

地下に水を溜めるための巨大な地下施設が作られていて、そこがあたかも地下神殿の様相を呈しているらしいです。

見学申し込みは、HPから行えます。予約の締め切りは1週間前まで。

場所は埼玉県春日部市(首都圏外郭放水路探検ミュージアム龍Q館)
13:00からの部だったので、朝から車で現地に向かいました。

Gh02

Gh03

龍Q館(庄和排水機場)

ここに集合し、ツアーは開始されます。

Gh05_2

集合場所のホールから、ガラス越しに制御室が見られます。
まさに司令室という感じの部屋だ。
ここは実際、最近のウルトラマンなどの司令室のシーンで使われたりしたそうです。

ツアー開始されると、まずこの建物の屋上へ。

Gh06

屋上からの景色。右は江戸川。

Gh07

敷地を見下ろす。
この下に、地下施設(調圧水槽)があるという。
遠くの左に見える白い小屋が、地下への入り口。

屋上見学を終えると、建物を出て、いよいよ地下へ。

Gh16

地下への入り口。
ここから地下まで、100段位の長い階段があり、安全性の問題から途中で引き返したりできません。
なので、申し込みや、ツアー説明の際に何度も念押しされるのですが、「100段の階段を自力昇降できること」が参加の条件となります。

かなり脅しに近い(笑)言い方をされるのですが、100段の階段て、そんなにたいしたことではないですよ(さすがに昇りでは少し息が切れましたが、その程度)。
おばあさんも参加してました。

階段の途中は(危険なので)撮影禁止。

階段を降り、調圧水槽に着いてから、少し施設の説明があります。

その後は、10分程度のフリータイム。行動範囲は制限されていますが、その中では自由に写真撮影ができます。

Gh10_640_2
(クリックで拡大)

調圧水槽。
巨大な柱が林立しており、まさに地下神殿。
人の大きさと比較セヨ。

行く前に、ここの映像を見た時から思っていたのですが…
まさに「指輪物語」のドワーフの地下宮殿「ドワローデルフ」だなあと。
映画版「ロードオブザリング」のモリア坑道のシーンを髣髴とさせます。

-----
余談
ところで、ドワーフの宮殿だから「ドワローデルフ?」
ドワーフ語でドワーフは「カザド」なので、ドワーフ語では無いはず…と思い、指輪物語新版追補編で調べてみたところ、「ドワローデルフ」は西方語→英語の訳語で、ドワーフ語では「カザド=ドゥム」、エルフ語で「モリア」なのだそうだ。
「ドワローデルフ」って、あの広間部分だけのことかと思ったら、モリア全体のことだったのか。へえ。
ちなみに、「ホビットの冒険」に出てきた「ドワーフのドワーリン」も人間語訳の名前で、ドワーフ語での彼ら本来の名前は他種族にはヒミツなんだそうな。
いや、ドワーフのドワーリンって、安易な名前だなあと思ってたんで。
-----

Gh11_640
(クリックで拡大)

そういえば、イスタンブルの「地下宮殿」にも似てますね。

あれは、ローマ時代の地下貯水池なので、用途的にも近いかも。
規模は違いますが。

Gh09_640_2
(クリックで拡大)

↑第一立坑。
穴はこの下深く続いているらしいが、柵の先へは立ち入り禁止なので、奥は見られません。

Gh12

天井。
開く部分があります。
これは溜まった泥などを処理するために、ここからブルドーザーを下ろすためのものだそうです。

Gh14

デカイ柱。

この巨大な柱は、調圧水槽の広い空間が、浮力で地上に「浮き出る」のを防ぐためにあるのだそうです。
天井を支えているというより、水槽を巨大な重量で押さえ付けているという。へえ~。

なかなか、この巨大感、写真で表現しにくいんですよね。
立ち入れる区域が制限されていますし。

Gh15_2
(クリックで拡大)

これでどうかな。
比較する人がいないとわかりにくいですよね。

という感じで、見学時間終了。
短い時間でやや慌しい感もありましたが、普段見られない珍しいものを見られて良かったです。

今後の仕事なんかで、このイメージが生かせることがあるといいなぁ。
(以前、知り合いの絵描きさんから、仕事の参考のためにここを見に行った…という話を聞いてました。)

龍Q館には、この放水路施設の仕組みや用途などを解説する、いろいろな展示品なんかもありました。それを見るのも面白かったです。

Gh17

トンネル掘削のメカ(シールドマシン)。
なんか、凄い技術ですよねえ。

(2012.2.18)

|

« サンシャイン | トップページ | おばけ階段 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/54017014

この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏外郭放水路:

« サンシャイン | トップページ | おばけ階段 »