« グッジョブバーガー | トップページ | ブルーレイレコーダーが勝手に「ディスク保護:あり」に »

南房総の怪

[ 前置き ]

先の休日、昼過ぎになってからいきなり、思いつきで千葉・南房総に出かけました。
(高坂SAの「グッジョブバーガー」にはその時寄った)

宿の予約なども取らず、行き当たりばったりで。
館山あたりなら観光地だし、まあ、何とかなるだろうと思ってました。

主に高速で群馬から千葉まで…。首都高も経由せねばならず、なかなかの距離です。
途中で事故渋滞にも巻き込まれ、けっこう時間もかかり大変でした。

で、千葉に着き、夜になってからネット頼りで宿を探し始めると、けっこう空きがない状態。
今、南房総は、花の季節なんですよね。甘く見過ぎてましたね。

それでも、何件か当たって、宿を確保。
まともに寝ることができました。
遠野に行き当たりばったりで行った時には、宿が取れず、そのまま寝ずに引き返しましたからね…
 あれはしんどかった…)

その南房総では、花を見たり海を見たりして、色々楽しかったのですが…

そこで遭遇したオカルティックな(?)話題を、2件。

[ 魚の雨 ]

写真を撮ろうと車を止めたところ、ふと地面に目をやると…
干からびた魚の死骸が!!
しかも、二匹も!

千葉とはいえ、この場所は海から1kmほど離れています。
なぜこんな所に、魚が?
これは、ファフロツキーズ※ではないか!?

※ ちょっと前に、オタマジャクシが空から降ったという話がありましたよね。
  そういう、魚やオタマやカエルみたいな異常なものが降る現象を、ファフロツキーズと言うようです。
  (オタマジャクシの件は、鳥原因説が濃厚ですが)

これがその証拠写真である。

Fish01

Fish02

…カタクチイワシっぽいですね…。
つまり、メザシ?

道端にメザシを2匹ほど捨てた(落とした)人がいるというのが真相のようですね…。

…お粗末でした。(釈然としないけど)

[ クトゥルフ ]

野島崎灯台は、房総の南端。
通りがかりに、ちょっと寄ってみました。

大昔にも来たことがありました。懐かしいなあ。

おや、こんな所に祠(?)が。

Kaijin01

「開運 海神」? 何でしょう?

覗いてみると…。

ゴゴゴゴ…!!
こ…これは…!?

Kaijin02
(クリックで拡大)

ク…クトゥルフ!?
(というか、ダゴン!?)

この「海神」のデザイン、およそ尋常ではない。
この辺りに、クトゥルフ神話を彷彿させる伝説でもあるのだろうか!?

説明の看板がありました。
…2002年と書いてあります。あまり古いものではないようですね。
(だいたい、昔来た時には、無かったと思うし)

「この岩屋を「頼朝公の隠れ岩」と称し、この場所に深海に棲む創造の大蛸の海神を祀った」

話がつながっていない…。「創造の大蛸」ってどういう意味…?

…なんか、内容の支離滅裂具合が、やや「皆神山ピラミッド」の看板に似ている気が。

これについて、やはり面白いと思った人は多いようで、検索したらけっこう同じような記事がいくつも出てきました(笑)。
由来なんかをも調べた方もいるようです。興ざめなのでここには書きませんが(苦笑)。

しかし、このクリーチャーデザインのセンスは凄いな。
いい仕事してます。

-----

変なエピソードばっかり書きましたが、普通の意味でも楽しかったです。

花も見ましたよ。

Flower

海も良かった。

Sea

こ、この石畳…すばらしい磯だ。
季節がもう少し良くて、坐骨神経痛がもう少し治ってたら、磯観察で1,2時間は過ごしたかった。

(千葉の海は良い。学生時代の行きつけの海(?)も、房総(勝浦~鯛の浦付近)でした。
当時、よくひとりでこの辺りに来て、車泊で(金が無いから)夜を過ごし、朝イチの干潮時間に、磯観察などしたものです(暗い趣味)。)

海産物も食べました。

Ebi01

美味しかったです。

(2012.3.30)

Kaijin01

|

« グッジョブバーガー | トップページ | ブルーレイレコーダーが勝手に「ディスク保護:あり」に »

旅行・地域」カテゴリの記事

超常現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/54347828

この記事へのトラックバック一覧です: 南房総の怪:

« グッジョブバーガー | トップページ | ブルーレイレコーダーが勝手に「ディスク保護:あり」に »