« ヴェネツィア 適当旅行・1 | トップページ | ミサイルとゲーセン »

ヴェネツィア 適当旅行・2

二日目(実質の1日目)。

朝食はホテルのレストランのビュッフェスタイル。

01_02
オープンで海風が爽やか。

01_01
朝食。冗談でなく、サラミが旨い!

ふと気付いたのが…

01_a00

このレストランのウェイターのおじさん、NHKの「世界ふれあい街歩き」のヴェネツィアの回の冒頭で出ていた人じゃないか!?
ちょうど、その番組では、サン・ザッカリアから上陸する流れだったので、おそらく間違いない。

朝食が済むと、早速「街歩き」に出発。

時刻は9:30。
まずは、「ヴェネツィアといえばココ」という場所…サン・マルコ広場を目指します。
ホテルからも、近いですからね。

…と言って歩き出したものの、ホテルの周囲ももの珍しく、寄り道ばかりして、なかなか着かない…。

01_04

(桟橋近くにあった像。翼のあるライオンは聖マルコとヴェネツィアのシンボル)

10:20。
ようやく広場の入口へ。

[ サン・マルコ 小広場 ]

01_06

01_08

聖テオドロスの像。

寺院正面に至る前に、大鐘楼が見えました。

[ 大鐘楼 ]

01_07
(クリックで拡大)

予定ではもう少し後で大鐘楼に昇るつもりでしたが、通りかかると、意外に人が並んでいない。
(事前情報で、すごく混むと聞いていた)
そこで、先にこちらに寄ることに。
有料(8€ …だったかな)。

・ イタリアの最強ペットボトル

鐘楼のエントランスに、ペットボトルの水の自販機。
これから必要となるかも、と買ってみました。
(街歩きに、水は必需品ですからね)

ところが、フタが固くて全然開かない!

見かねた窓口のおじさんが「開けてやるから渡して見ろ」的なジェスチャをするので、お願いする。(情けない…)

しかし、これがまた開かない!(笑)
おじさん、諦めて、「彼にやってもらえ」と、鐘楼へのエレベータ係の兄さんを指さす。ちょっとしたイタリアン・レスラーのようなマッチョ兄さん。

エレベータで鐘楼を登る間に、マッチョ兄さんにペットボトルを渡す。さすがにこれで開くだろう。

…と思いきや…これが、マッチョ兄さんにも開かない!!(笑笑)

コントかよ!? どんだけ強固なんだ、イタリアのペットボトル。

結局、マッチョ兄さんも苦笑しつつ、ボトルは私に返されました。
どうしろっていうんだ…と、途方に暮れるが…

…その後、ちょっといじったら、開きました(笑)。

脱線しすぎましたが…
というわけで大鐘楼の展望階に。

まだ全然歩いてもいない、ヴェネツィアの街を、一望しました。

01_11

01_10_960

美しい!

見渡す限り、中世のような街が広がってます。
これをまた、そのまま保存してきたイタリア人は偉いなあ。

大鐘楼の上には、お土産コーナーがありました(なんか、東京タワーの展望階を思い出す感じ)。色々面白い小物などもありますが、まだ土産を買うには早いか。

11:00。
大鐘楼を降り、広場に戻りました。

これが、ヴェネツィアを代表する名所、サン・マルコ広場と、サン・マルコ寺院…

01_12_640
(クリックで拡大)

って、サン・マルコ寺院、修復中かい!

私の旅行では良くあるんですよ、こういうこと。
アンコール・ワット参照)

サン・マルコ寺院の歴史は、ヴェネツィアの商人がアレキサンドリアから聖マルコの聖遺物を盗んできたことから始まるんだとか。当時のキリスト教、なかなかアグレッシブですな。

01_a01_2

寺院の屋根。聖マルコと有翼の獅子像。

現在の寺院は11世紀に完成したものだそう。
いやあ、歴史がありますね。

01_13_640
(サン・マルコ広場 寺院を遠目で。クリックで拡大)

サン・マルコ広場を散策。

寺院から向かって左手、時計塔。
時計塔の上にはやはり獅子像が。

01_15

01_09

サン・マルコ寺院側面。右はドゥカーレ宮。

01_16

ドゥカーレ宮の出口。

01_18

ローマ四皇帝の像。
ディオクレティアヌスによるテトラルキア(四皇帝政治)を表す像。(だということを後で知った)

01_a02

こんな所にベンチが?
いや、これは、アクア・アルタ(高潮)の時に使われる歩道じゃないか!?

今回の旅行でも少し心配だったのがこれ。
ヴェネツィアでは季節によってこのアクア・アルタというのがあり、酷い時にはサン・マルコ広場が海水で没するらしいです。(温暖化が原因のひとつとも言われています)
送迎の時ガイドの方に聞いたら、アクア・アルタは冬がメインで、もうそのシーズンは過ぎたとの事でした。
まあ、そんな景色を見るのも面白かったかもしれませんけどね。

サン・マルコ広場から、路地に入ると、また面白いものがあります。

01_20

このアーチの上…

01_21r

植木鉢を落とすおばあさんのレリーフ
これ、NHKの「世界ふれあい街歩き」でも出てた!

実はこのおばあさん、ヴェネツィアの英雄なんだそうです。
「14世紀、謀反人がサン・マルコ広場に侵入しようとこの場所を通ったとき、アパートからおばあさんが鉢を落としました。それが、リーダーの頭に直撃。クーデターは失敗に終わった」(「街歩き」番組HPから引用)

・ 3DSとイタリアの少年

ところで…
この旅行では、当時買ったばかりのニンテンドー3DSを持って行ってました。
面白い3D写真が取れるんじゃないかと期待して。
(メインのデカいGF1を首から下げ、時々ポケットから3DSを取り出して写真を撮っていた)

この時も、ポケットから3DSを取り出し、ヴェネツィアの橋の3D写真を撮っていました。

01_a03
(こんな感じの場所でした…)

すると、その橋にいた現地(もしくは、イタリアの別の地域から来た観光客かも)の子どもがその様子を見て、近づいてきました。
3DS(まだこちらでは発売してなかった?)が珍しかったのか。

せっかくなので、撮った3D写真を見せてあげる。
「オォー!」
ちゃんと3Dに見えたのかな? 感心している様子。

ふと、子どもが3DSを指さして話しかけてきます。
「ドヴェ コンプラーレ?」

うぐっ!
いきなりイタリア語で聞かれても、何を言っているのだかさっぱり…

…ん? 「ドヴェ?」
思い出す「Dove…il salame?」(サラミはどこですか?)

「どこで?」ってことか!

そこで、頭の回転が(私より)早いカミさんが
「どこで買ったの? って聞いてるんじゃない?」
なるほど!

私「ジャパン」
子ども「ジャポーネ! オオォー!」

なんか、一応通じたようです。よかったよかった。
現地の子どもたちとコミュニケーションが取れて、ちょっと嬉しかったです。

ちなみに、この旅行で撮った3D写真が、一年前の記事でアップしたものです。

この時ようやく、12:30頃。

まだまだ長くなりそうなので、続きはまた後ほど…。

(2012.4.9)

|

« ヴェネツィア 適当旅行・1 | トップページ | ミサイルとゲーセン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/54426012

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェネツィア 適当旅行・2:

« ヴェネツィア 適当旅行・1 | トップページ | ミサイルとゲーセン »