« ヴェネツィア 適当旅行・7 | トップページ | ヴェネツィア INDEX »

ヴェネツィア 適当旅行・8

ヴェネツィアの続き。

これで最後です。
5日目の残りと、オマケつき。

---------

14:50。
ムラーノ島から、ヴァポレットで本島に帰還。
フォンダメンタ・ヌォーヴェ桟橋(本島の北側)

[ イエズス会教会 ]

04_14_640_2
(クリック拡大)

外観を眺めただけですが、美しい建物です。

南方面へ歩き…

カナル・グランデに行き当たる。
対岸に渡りたい。

リアルト橋も遠くはなかったですが、トラゲットの桟橋が近くにあったので、またトラゲットに乗って渡ることに。
(安いので…)

04_14

[ 魚市場 ]

04_15

やはり、有翼ライオンのデザイン。

リアルトの近くでは、この魚市場も有名らしい。
営業中の時間に来ようと思っていたのですが、
結局この最後のチャンスも、その時間を逃してしまいました。

04_16

↑魚のレリーフ。

対岸を見ると、美しい建物がたくさん。

04_17_640

[ カ・ドーロ ]

04_18

15世紀の館。カナル・グランデ沿いの館の中でも目玉のひとつ。
ですが、先日のクルーズでは、写真を撮ってなかった。

15:30。
観光できるのは、今日が最後。
なので、リアルト周辺でお土産を買って行こう。

マスケラが欲しかったのですが…
デザインにこだわりがあって、来るたびに見繕ってはいたものの、なかなかコレというのが無く。
(被れる本物より、飾りとして使える小さいのが良かった)
でも、最後には、なんとか選んでみました。

04ad03

↑これ。10€。

陶器の土産物品ですが、おそらく中国製(笑)。

土産購入後、またジェラートなど食べたりしつつ…

17:00。
ヴァポレットで、サン・マルコ方面へ。
(まだ昨日の切符が使える)

04_222_2
(広場にあった柱のレリーフ。謎のクリーチャー)

17:15。
サン・マルコ桟橋へ。
ここで、明日の空港までの船のチケットを買いました。
13€。
ついでに、ヴェネツィアの地図が売っていたので、今さらながら記念にゲット。
2€。

17:30頃。
一旦ホテルに帰還。

フロントで、翌日のため、携帯朝食と、モーニングコールを依頼したり。
翌日は自力で空港へ行かねばならない。

18:00。
夕食は、最終的にホテルのレストランで豪華に…と計画していました。
しかし、外はまだ明るい。
これで今日を終わりにするのは惜しいので、最後の散策を。

この時点で、既にかなり疲れていたんですけどね…。

ホテルのそばを露店の土産物色などしながら、歩いて行くと、馴染みの教会の前へ。

[ サン・ザッカリア教会 ]

04ad02

今まで、この前を何度も通りながら、一度も入ったことは無かった。
せっかくなので入ってみることに。

入場無料。
教会の中を見ていると、職員の人が
「今、博物館(聖具室)入場料が1€と安くなってるんだが、見ていかないか?」
なるほど、せっかくなので、見学していくことに。

地下には、水に浸かった納骨堂があります。
地盤沈下で、水が染み出してきたものらしい。

教会から出て、また周辺をウロウロ。
カミさんが、露店で本物のマスケラを購入。
(どれを買うかはかなり迷っていた。種類も色々ありますからね)

04ad04

なかなかカッコ良い。
25€もしますけどね。

19:30。
だいぶ外は暗くなってきました。

歩いていると、賑やかなバーカロを発見。

04_20

バーカロは、ヴェネツィアの立ち飲みバー。
以前TV番組で見たことがあって、ちょっと憧れていました。

しかし、なかなか勇気が出ず今日まで来てしまった。
日本でも、カウンターバーなんかに入ったことないし。
(まあ、バーカロはもうちょっとくだけた感じですが)
最終日だし、これを逃したら機会は二度とない。入ってみよう。

席に着くと席料を取られるらしい。
なので、疲れてるけど、立ち飲みで。

04_21

グラスワイン、スプリッツァ、つまみ2個、ポテチ(お通し?)
全部で、13€。
お? ヴェネツィアにしては、安くないか?
(ワイン類が日本より安いのか?)

つまみは、クロスティーニを2つほど。
特に、白い方、タラのクロスティーニは、以前TVで見て食べてみたかった。
…が、そんなに美味しいものでは無かった…(タラだねえ、って感じ。ツナマヨの方が美味しいな)。
もう一方の方が美味しかった。
ワインとスプリッツァ(これも以前TVで見て、飲んでみたかった)は、美味しかったです。
ほろ酔い加減。

帰ったら、あらためてホテルでちゃんとした食事を…と思っていたが…

20:30。
バーカロに入る前後でも既に疲労していたのですが、ホテルに帰るなり、急速に体調が悪くなる。
そればかりか、腹痛もあり、寒気までする(熱が出ているようだ)。
う~ん、とうとう無理が祟ったか…。

風邪薬を飲むと、体が温まって少し楽になりましたが…
ふとんを厚掛けにして、このまま寝込んでしまいました。
(結局、豪華な夕食は食べず仕舞いに…)

-----
最終日(帰国日)。

6:00。
モーニングコール。

前日の夜から、寒気と腹痛で、あまり眠れず。
朝になっても、状況はあまり改善していない。
今まで旅行でこんな目にあったことは無かったですよ…。最終日で良かった。
ハッキリした原因は判らないけど、まあ、無理はし過ぎるな(疲労し過ぎるな)、という事ですね…。

7:25。
アリラグーナ(空港行きヴァポレット)に、朦朧としながら乗り込む。
景色も良かったのですが、あまり楽しんでいる心の余裕がない。
(しかも、今回、送迎ガイドなしで勝手に帰るパターンなので…こんな調子で大丈夫か)

8:30。
マルコ・ポーロ空港。

04_23

まあ、特につつがなくチェックイン完了。
(ただ、空港の係員が新人だったらしく、えらく時間かかってしまったが)

11:10に、出港。
ローマ、フィウミチーノ空港を経由して、日本へ。

まあ、本来これでお終い…という所ですが、飛行機の中で少しだけ面白いことが。

隣の席には、日本人の青年が座っていました。
私は飛行機の中でも相変わらず体調が悪く、延々寝込んでいたので、その日はほとんど会話も交わしませんでした。
しかし、飛行機の中で一晩過ごすと、ちょっと回復してきました。
(エコノミーでの一晩は、病人には結構辛いものですが…それでもなんとか)

で、ふとしたきっかけで話をし始めると…

彼は、イタリアにホームステイしていたのだそうです。
イタリア料理の修行とか。
そういえば、彼はCAさんとイタリア語で会話してました。

しばらくぶりの帰国だそうですが、当時の震災について心配していました。
私たちも(被災の中心地では無いものの)体験者としての話をしてあげました。
もっとも、彼はメールで日本の友人ともやりとりをしていたので、ある程度状況は分かっていたようです。
しかし彼によると、イタリアの多くの人たちは、震災の状況を現実の100倍くらい酷い物と捉えていたようです。
まあ、確かにねえ。
世界地図の上で見ると、被災地なんて、東京から数ミリしか離れてないですからね。
東京も同じようになったと思っていたのかもしれません。

04_24_2

(↑当時の新聞の漫画。シニカルですねえ)

また、同時に、復旧の速さに驚いていたそうです。
イタリアでも、2009年にラクイラという地方で大地震が起こりましたが、当時も全然復旧していなかったそうで。
まあ、日本も今に至っても復旧が完了しているわけでは無いですけどね。

ちなみに、彼は今回、ヴェネツィアには行く機会が無かったそうです。
(行こうと思った時に、今頃アクア・アルタで水びたしだよ…とか脅されたらしい)

好青年と楽しく話をしたことで、病気もだいぶ快復しました。

ところで、飛行機の方は、本来、成田に直接向かう予定だったのですが、関空で降ろされ、そこから成田に向かいました。
やはり震災のせいだったんですかね。

成田に着いたのは13:00頃でした。

という事で、ヴェネツィア旅行の話は以上です。

お疲れ様でした。

また旅行にも行きたいんですけどね…。
次はどこかな。
(行ってみたいギリシャとかエジプトが、今、政情不安定っぽいのが気になる)

(2012.5.18)

|

« ヴェネツィア 適当旅行・7 | トップページ | ヴェネツィア INDEX »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/54720601

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェネツィア 適当旅行・8:

« ヴェネツィア 適当旅行・7 | トップページ | ヴェネツィア INDEX »