« ヴェネツィア 適当旅行・6 | トップページ | 穴埋め »

FISH DREAM

十何年ぶりに、「イス寝」なんかしてしまった…。
(イス寝=職場の椅子を並べ、ベッドのようにして仮眠すること。どこのスラングだ?「セガガガ」でその呼称を知った気がするが。)

まあ、それとは直接関係ないのですが
先日、こんな夢を見ました。

設定は、大学生時代。
ふと気付くと、もう締め切りなのに、受講計画表を出していない。
ああ、留年か…!!

…という所で目が覚める。

なぜ、今さらこんな夢を…。

恐らく、当時こういう状況に対する恐怖感があったので、それが、今さらのようにフラッシュバックしたのではないか…。
(幸い、実際にこんな目にあったことは無かったのですが)
まあ、単に自分が忘れっぽいということに対する不安の方が大きいような気もしますが。
それは今も同じだな…。

私の好きな映画で「トップ・シークレット」というコメディ映画があるのですが
その中の1シーンで…
------
主人公が厳しい拷問を受ける。あまりの痛さに気を失い、夢を見る。
夢の中では彼は学生。試験の受け忘れ、落第が確定してしまう。
また学校に逆戻りだぁ、と絶望…
…というところで目が覚めて、それが夢だと知りホッとする
(いや、現実では拷問で激しく鞭打たれている所なのですが…)
------
シチュエーションが、今回の夢にちょっと似てるかも。

きっと、この映画の脚本家も、そういう夢を見た経験があるのでしょう。
もしかすると、万国共通の恐怖なのか?

こういう感じの夢、以前にも何度か見た記憶があります。
それだけ心に刻み込まれているという事なのか。

似たような夢を何度も見ることは、昔から、これに限らずありましたね。

モチーフはいくつかあります。

1.魚に餌をやり忘れていることを思い出す。
  似た感じで、水槽の掃除をしばらくしていないことを思い出し、見ると水槽がとんでもない状態になっている。

2.小学校~高校の校舎。
  帰宅しようと下駄箱に行くが、自分がどこに靴を置いたか忘れてしまい困る。

3.同じく中学か高校時代で、修学旅行の宿のような場所。
  たくさんの同級生と思しき人たちがいるが、何か場違いな、いたたまれなさを感じている。

4.大学時代。
  気が付くとテストの前日で、しかも何も勉強していないことに気付き、焦る。

もう、分かりやすいですね。
過去の印象的な記憶がフラッシュバックしている感じ。

文字にして並べて見ると、全て割と他愛もないことなのが可笑しい。
しかも、ほとんどが大昔の事ばかり。

1に関しては、確かに10年くらい前まで魚を飼っていたので、その記憶ですね。
中では新しい記憶ですが、実質はもっと古くて、おそらく大学時代に、研究に使う魚(と研究室で飼っていた趣味の魚)に毎日エサをやっていた頃の記憶なのではないかと思います。
夏休みなども、ほぼ毎日研究室に通ってエサをやったりしてましたからね…。
熱帯魚などは楽しんで飼っていたはずなのに、意外に心の負担になっていたのだなあ。

2は、実際にそんなことがあったという記憶はないのですが、なんとなく不安感は分かる。
親の仕事の都合で引っ越しが多く、学校を何度も変わったので、その都度初めて見る下駄箱というのが、その学校のまだ知らぬ「ルール」を想起させて不安になる…というような記憶でしょうか。
まあ、これもむしろ自分の忘れっぽさへの不安じゃないか、という気もしますが。

3は、当時、修学旅行みたいな集団行動があまり好きでは無かったので、そういう所かな…。
ただ、実際にそんな不安感を抱いた記憶はないのですが。別に友達が全くいなかったわけでも無いし。
夢で見る場所は、いつも同じような場所ですが、実際に行った場所のどことも言えない(混じっているのかも)。

4は、一つはやはり自分の間抜けっぷりとか、忘れっぽさというものへの恐怖かな。
確かにテストは、いつでも常に心の負担だったので(誰でもそうか)、夢に見るのは分かる。
留年はしませんでしたが、単位は落としたこともあるし…。

しかし、今考えると、どれもあまり大したことでは無いような気も。
そんなに、心の負担になるほどの事とは思えない。

むしろ、社会人となった後の方が、本当に窮地と言えるような、トラウマになりそうなことを経験しているはずなのに(苦笑)。
そちらの夢はほとんど見ません。(まあ、見ても忘れているだけかもしれないが)

若い時の方が感受性が強くて、細かいことも心に刻まれやすいということか。
逆にいうと、歳をとって感受性が鈍ったということか…。

もっと年を取ってボケたら、「ああ、魚に…魚にエサをやっていない…」とか言い出しそうな気がする。

Fish

↑大昔の、水槽の写真。水草伸び放題…。

(2012.5.8)

|

« ヴェネツィア 適当旅行・6 | トップページ | 穴埋め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あの悲劇はもう10年以上前の話ですか。ところで。

これからは甲殻類の時代ですよ。甲殻類。
王道のエビとか、お手軽ブラインシュリンプも良いですが、ここはひとつオオグソクムシはどうでしょう。
ダイオウグソクムシの生息域は大西洋なので、国内では入手は困難かと思われますが、オオグソクムシなら小田原で入手できるみたいですよ。
http://uoichiba.seesaa.net/article/111019586.html

投稿: 深井 | 2012年5月11日 (金) 01時21分

甲殻類は良いですね。

でもグソクムシは、デザイン的にはフナムシのデカいのという感じで、あんまり好みではないかな(子どもの頃、フナムシ飼ってみたこともありましたけど…)

最近興味があるのは、淡水コシオリエビ。
近くのペット屋でみかけました。
そんな生物がいることも知らなかったです。(海産のコシオリエビは知ってたけど)
買うのは難しそうですけどね。

昔飼った中では、シャコが可愛かったですねえ。
パンチでアサリを割って食べたりして。

投稿: 適研所長 | 2012年5月12日 (土) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/54659057

この記事へのトラックバック一覧です: FISH DREAM:

« ヴェネツィア 適当旅行・6 | トップページ | 穴埋め »