« コンニャクの日 | トップページ | オープンしたてのスカイツリー(ソラマチ)に行ってみた »

同じことを考えた人がいた…

かつて、半ば冗談で考えたアイテムが商品化されるかもしれない…

iPhoneのタイピングが楽に出来るようになるタッチガイドつき保護フィルター「qwik-keyz」
(Gigazine 5/28)

「iPhoneはタッチパネル式のため文字を打つときに「ボタンを押した」という感覚がなく、ちょっと的を外すと別の文字が入力されたりとスムーズに文章を書くことができないため、やたらとメールに時間がかかってしまうこともあります。そんな時に便利なのがキーボードのキーの位置に突起を取り付けたiPhone用保護フィルター「qwik-keyz」です。」(引用)

要は、スマホ(iPhone)画面のソフトキーボード部分に、突起のあるシートを貼り付けて、キー入力の支援にするためのグッズですね。

で、かつて書いた記事がこれ

「なぜソフトウェアキーはうちにくいのか…。
キーの面積が小さいのもさることながら、
・突起が無いので押した感が薄い
・平らな面に指の広い部分が当たるため、意図せぬ場所に接触してしまう事がある」
「では、もしソフトキー面に突起があれば、格段に打ちやすくなるのではないか。」
(当時の記事より)

ははは…能書きも、そのまんまですね。
(ただ、Gigazine記事のものは、画面全体を覆うような作りになってます)

当時、実際に\100ショップで材料を買って作ってみたりしたものでした。

Peta

こんな感じでした。
材料が限定されて、こんなファンシーになっちゃってますが。

記事をよく読んだら、qwik-keyzも、製品化はまだで、今、出資を募っているというような状況らしいですが…

しかし、私の方が1年以上早かったな。
特許でも取ってればよかったかな。

…なんて。
当時も書いてますが、実際、同じことを思いついていた会社もたくさんあったはずで、それが未だに商品化されていないのは、やはりあまり需要が見込めないと言うことなんじゃないかな…
実際、私も今は、BlueToothキーボード使ったりしてますし。

でも、本当に商品化して欲しいですね。
できれば、iPhoneじゃなく、私のHTC用を、ぜひ…。

(2012.5.31)

|

« コンニャクの日 | トップページ | オープンしたてのスカイツリー(ソラマチ)に行ってみた »

スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/54838556

この記事へのトラックバック一覧です: 同じことを考えた人がいた…:

« コンニャクの日 | トップページ | オープンしたてのスカイツリー(ソラマチ)に行ってみた »