« ひもかわ | トップページ | 鼻から胃カメラ・リポート »

ぐんま昆虫の森

以前にも書いたことがあった、「ぐんま昆虫の森」。

久々に行ったので、あらためて。

Gnma01

↑ぐんまちゃん。昆虫の森バージョン。

ぐんま昆虫の森には、フィールドと昆虫観察館があります。

とりあえず、フィールド(というか、要は森だったり草原だったりという、漠とした広い敷地)をうろついてみることにします。
何か、今まで見たことないような昆虫に、出会えるかな…と期待。

しかし、めちゃくちゃ暑い日でした。
フィールドをうろつくような物好きは、他にはいない…。
(ただでさえ、群馬は暑いですし)

まずは、観察館近くにある、いつもの、カブトムシの集まる木へ。
(多分、この木には餌になるようなものを塗っていると思われる)

Kab01_640
(クリックで拡大)

↑相変わらず、カブトムシがいるいる。
しかし、真昼間からこんなに群れているとは、よほど飢えている?

Kab02

↑カナブンも、あらためて見ると、綺麗ですね。

Kab035_2

↑オオムラサキもよく見ます。
残念ながら、今回、オスは羽を開いた写真を撮らせてくれませんでした…。
(メスは撮れた)

Kab04_640
(クリックで拡大)

↑近くに、ルリボシカミキリもいました。
昆虫の森では、遭遇率高いです。

Kab08_640
(クリックで拡大)

↑オオスズメバチもいますよ。
デカイね。
たまたま木の近くにいたガイドさんによれば、刺激しなければ襲っては来ないとのこと。

雑木林を、奥に歩いていきます。

途中、昆虫トラップが仕掛けてありました(これははじめて見た)。
中には…ドッヒャー! おぞましい光景が…。

無数のヒラタシデムシ(この季節、どこでも多い)の群れがハマっていました…。
(さすがに、その写真は控えておきます)

そんな真っ黒の群れの中に、何匹かキラリと光るものも。
センチコガネと、オサムシ。

Kab07

↑アオオサムシ…だと思います。青くないけど。
オサムシの類は綺麗ですね。

またちょっと歩いていくと、クワガタ発見。
カブトムシはよくいるけど、クワガタはあまり見かけない。

Kab03

見たときには、コクワガタかな、と思ってましたが、後で顎の形をよく見てみたら、スジクワガタでした。ちょっとは珍しい?

また歩いて、ちょっと開けた所に出ました。暑い。

目の端を、ふらふらっと飛ぶものが。
珍しくも無いガガンボか…と思ったものの、何か引っかかる。
止まったので、一応写真を撮ってみると。

Kab05

ガガンボにも見えるが、何か違和感が。
もしやと思って、あとで調べてみたら…

ガガンボモドキでした。
おお、この昆虫、初めて認識しましたよ。

ガガンボは、ハエやカの仲間で、羽は2枚。ガガンボモドキはシリアゲムシの仲間で羽は4枚なんですよ。
(まあ、どっちでもいい話かもしれませんが…)

原っぱを抜けて、かやぶき民家の近くへ。カラタチの生垣があります。
アゲハの幼虫とかいないかな、と見ていると

Kab06

サナギが。
これ、ジャコウアゲハのサナギじゃないだろうか。

あれ、ジャコウアゲハの食草って、カラタチじゃ無いような。
サナギはこれだけではなく、いくつもありました。
たまたまか。

ぐるっとフィールドを廻り終えて、昆虫観察館に戻ってきました。

昆虫観察館には、標本や、生きた昆虫が展示されてます。
あと、南国の蝶がたくさんいる、温室もあります。

また、ここでは今「クワガタムシ探検隊」という企画をやってます。
生きている日本や外国のクワガタ(カブトムシも)が展示されてました。
ギラファって、多分実物始めて見たけど、でかいっすね。

観察館には子どもたちもたくさん来てました。
クワガタ展を見に来たのかな。やっぱ、クワガタ、カブトは人気ありますね。

結局、今回そんなに珍しい昆虫は見られませんでしたが…まあ、それなりに楽しめました。
ウォーキングと暑さで、けっこうカロリーも消費できたし、良かったかな。

(2012.8.3)

|

« ひもかわ | トップページ | 鼻から胃カメラ・リポート »

動物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

群馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/55338625

この記事へのトラックバック一覧です: ぐんま昆虫の森:

« ひもかわ | トップページ | 鼻から胃カメラ・リポート »