« ネコにマタタビ | トップページ | SHEEP & DOGS »

長野の五稜郭 など

五稜郭と言えば、北海道函館ですよね。

H5r01

(↑函館の五稜郭。大昔に取った写真)

しかし、長野県にも五稜郭があるというのを最近知りました。

[ 龍岡城五稜郭 ]

5r01

5r02

詳しくはこちら

「函館の五稜郭に3年遅れ、慶応3年(1867年)に藩主松平乗謨(まつだいらのりかた)によって築かれました。」(上記より引用)

こういう城郭は、日本には函館とここしかないそうです。
それはなかなか珍しい。

とはいえ…星形かどうかは、地上では良くわからない…。

5r03

かろうじて、角の一部。

ちなみに、この五稜郭の中は、今は小学校の校庭になっているようです。

[ 新海三社神社 三重塔 ]

ついでに、この五稜郭の近くには新海三社神社というのがあって、三重塔が見事でした。

Sr02

龍岡五稜郭から少し離れた場所ですが、やはり長野の、こんなところにも行ってきました。

[ 南相木ダム ]

Mid02

Mid01

山の上。
夕刻間近だったこともあってか、人っ子一人いませんでした。

Mid03

ダムの上。芸術的な石配置。

霧が出ていました。

Mid04

巨大な規模のロックフィルダムです。

Mid05

ダムの眼下にある公園、「うずまく広場」。

ところで、特にこのダムの話題を書いた理由がひとつあって…

このダムは、以前書いた、「神流川揚水発電所」の、上部調整池なのです。

発電所ツアーは、残念ながらもうなくなってしまったようですが(でんこちゃん…)、揚水発電所自体は今でも懸命に稼動してるわけです。

面白いのは…

このダムの水は、南相木川の水ではなく、揚水された下の神流川の水100%だということです。
南相木川の水は、脇の導水路を通って、下流に流れているそうです。

これは、異なる川の水が混じることで環境を変化させてしまうのを避けるため、が主な理由なんだそうです。(このあたりのことも、ダム見学ツアーで説明されてました)

群馬県からこのダムを訪れるには、北側から峠を越えて先の五稜郭の方からぐるっと回り込み、また山を登って来るしかないのですが…

実は、このダムから、トンネルで御巣鷹山の下をくぐって群馬県側に抜ける直通の「シークレット・ハイウェイ」※があるらしいのです。

もっとも、現在、一般車両は通行不可とのことでした。残念。
(トンネルの入り口は見ました)

※ シークレット・ハイウェイというのは、ウルトラセブンのネタ。実際はそんな名前じゃありません。

(2012.8.17)

|

« ネコにマタタビ | トップページ | SHEEP & DOGS »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/55446878

この記事へのトラックバック一覧です: 長野の五稜郭 など:

« ネコにマタタビ | トップページ | SHEEP & DOGS »