« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

ツインリンクもてぎ

先日、「カートランド関越」で初カートを体験しましたが、そのノリで次に行ったのは…

ツインリンクもてぎ

栃木県芳賀郡茂木町にある自動車レース場。
鈴鹿サーキットと同じく、ホンダのホームコースです。

ここにもカート場があるんですが、それは別としても色々面白そうな施設なんです。

それに、以前から、SUPER GTで使われてるコースに(どこでもいいから)行ってみたいと思ってました。

(ちなみに、行ったのは先週です)

Trm01

パークエントランス。入場料\1200です。

Trm02

レーシングコースのゲート付近。

Trm03_640
(クリックで拡大)

コース。
おおっ、こんな感じかあ。ちょっと感動。

ツインリンクのコースって、オーバル(楕円コース)のスーパースピードウェイと、GTに使ってるロードコースが混在してます。

「グランツーリスモ」では両方収録されてましたね。
ゲームでは走ったことはありましたよ(笑)。

ちなみにもてぎでは、自分の車でロードコースを走れる「ロードコースファミリードライブ」というアミューズメントがあるらしいですが、この日はやってませんでした。残念。

Trm04

ホンダCR-Zが走ってました。
CR-Zかっこいいっすよね。

Trm05_640
(クリックで拡大)

地下道を通ってパドックへ行けます。

Trm06

実はこの日、平日だったのです。なので人があまりいませんでしたが、休日はもっと混むんじゃないかと思います。

(最近、仕事の狭間で休みが多いので。そこがフリーランスの哀しい良い所です・笑。)

Trm07

翌日からイベントがあるらしく、スタッフの方々が色々準備をしているようでした。

Trm08

ARTAのクルマだ!

Trm09

こっちはRAYBRIG!

ところで、HSV-010って、カッコイイけど、市販車じゃないのが、いまいち親しみ沸きにくいんですよねー。

パドック内には、「グランツーリスモカフェ」というのもありました。

Gtc01

カレーを食べました。普通に美味しい。

リアルなコックピット筐体のグランツーリスモが設置されていて。無料で遊べます。
コースはもちろん、もてぎで。

Gtc02

レーシングコース見学だけでもけっこう楽しめましたが、もちろん、もう一つの目的だったカートにも乗りましたよ。

Kart

「チャレンジカート」は、料金\700で5周なので、カートランド関越より安い!
ただし、コース長は、関越より短いです。

カートも二回目。今度は妥協ない走りを見せるぜ!

結果は…

ラップ20秒台だと「Bライセンス」というのがもらえるらしいんですが、最短で25秒台でした…。

運転歴がそこそこある人間は、大抵、「自分は運転が上手い」と根拠なく思っているものだが、実際はそうでもない…というのが現実じゃないだろうか(私に限らず)。

ところで、ツインリンクもてぎには、これ以外に、個人的にさらに興味深いものがあったのですが…。
長くなりそうなので、それはまた後ほど。

(2012.11.30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐんまちゃん健闘・ゆるキャラグランプリ

ゆるキャラグランプリ2012」というのが行われていたそうです。

(まあ、昨日知ったんだけど)

そこで、群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」が、第3位に!!
大健闘ですね。

以前も書きましたが、このぐんまちゃん(元・遊馬ちゃん)がここまで成長するとは。

もっとも、この結果、おそらくは「ぐんまの野望」効果でしょうね。
あのアプリは群馬の知名度アップに貢献しましたねー。
(私も、ああいうの作れないと…キモチ悪いカメムシのアプリとか作ってる場合じゃないだろ)

群馬からは、総勢15体のキャラがエントリーしていたみたいです。
私の知らないようなヤツもけっこういますね…。

そうか、「わ鐵のわっしー 」も群馬のキャラだったのか。
足尾に行った時にはじめて知ったので、栃木のキャラかと思ってた。

わっしーもなかなかキテますが…

エントリーされてるゆるキャラ以外にも、群馬にはなかなかイイのがいますよ。
私のイチオシキャラは…

Nyaku0

にゃくっち

Nyaku1

ゆるいなあ~。

体は、群馬県(下仁田)名産のこんにゃくで出来てます。
そして、頭はコンニャクイモ…。

元々、こんにゃくの町下仁田のPRキャラだったそうです。
町内の小中学生を中心にアイデアを募り、誕生したんだそうで。なるほどのゆるさ。

現在は、下仁田ジオパークのキャラクターとして活躍してます。
で、そのジオパークでの、にゃくっちの相棒は…

Negibo

ねぎ坊

これもゆるい…。

ネギも群馬県(やはり下仁田)の名産品ですからね。
こちらも、元々は、下仁田町商工会青年部のキャラクターだったそうです。

ぐんまちゃん同様、細かい自治体やイベントのキャラが昇格してきたパターンですね。
ぜひ、次回のゆるキャラグランプリにはエントリーして欲しい。

それから、さらにマイナーなところで…

Nanc

群馬県南牧村のマスコット
なんしぃちゃん
(ちょっとポスター裏が透けちゃってますが)

初めて見た時は衝撃的でした。
この体、立体的にいったいどういうことになっているのか!? かなり異次元。
(南牧村の村章を表しているみたいですが)

まあまあ、かわいいとは思うんですけどね…でもちょっと、着ぐるみ化は難しいか…

(おまけ)

Geo02

下仁田で食べた「ジオ丼」(食亭エイト
ごはんとのりが地層のようになっています。
美味しかったです。
フレンドリーなマスターも好印象でした。

(2012.11.27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

StinkBugs (かめむしポイポイ) for Android 公開

Stink Bugs」のアンドロイド版を、Google Play(アンドロイドマーケット)に登録しました。

日本語アプリ名は「かめむしポイポイ」となっています(検索しやすいように、日本語名をつけました)。

ここからGoogle PlayのアプリDL画面に行けます。

Android実機からは、Google Playの検索で「StinkBugs」(スペース無し)か、「かめむしポイポイ」で検索もできます。

無料ですし、サイズも小さいですので、ぜひダウンロードして遊んでみてください!

(※プレイするには、Android2.2以上のデバイスで、Adobe AIRが必要です。)

もっとも、ここを見ている人なら、ここでプレイできるのに、わざわざDLするだろうか…という話はありますが。
まあ、実際に指でフリックする感じはPCとは違いますよ。

-----

ということで、いつかやろうと思っていた、Google Play(旧アンドロイドマーケット)へのアプリ登録をようやくやってみました。
(やるなら、1年前にやっておけという話ですが…今更遅いよ)

パブ用の画面など、登録時に必要なリソースが多くてやや面倒な所もありますが、特に審査もなく、その面では気軽ですね。

登録時になって、「Stink Bugs」で検索したら、既にこの名前でカメムシ図鑑のようなアプリが登録されてました…。
ジャンルが違うので問題ないかなと思いつつも、念のため「StinkBugs」とスペース無しの名前で登録しました。

今のところ、広告なども付けていないので、何の収益も出ません(笑)。
いいんです。一連の作業とその経過を経験しておきたいというのが、メインの目的なので…。

実は、AIRアンドロイドアプリで、Admobなどの広告を貼るのはちょっと難しいようなんですよね。特に、FlashCS5(Adbe AIR2.5)では。
それで断念したというのが実情なんですが。

それでも一応、今回は実験的に、「ゲームの説明」を表示するリンクを貼ったりしています。

この方法を応用すると、裏技的にBlogサーバーにアップした広告(A8ネット等の)をアプリ上に表示する事も可能のようです。
(StageWebViewを使う方法で、ここここなどのサイトを参考にさせてもらいました)
ただ、あくまで裏技で、広告会社の規約違反の可能性があり、今回はやっていません。

AIRアプリでもFlash CS6なら、まだ可能性はあるようなんですが…。

(ということもあり、最近Flash CS6も購入してしまいました。まだ少し触った程度ですが、なかなか良さそうですよFlashCS6。特にAndroid用の設定などCS5に比べて断然楽に。まあ使用感レポートは後ほど(書くかも?))

Windows版

Windowsアップグレード版

(2012.11.25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カートランド関越

たまに車で通る道沿いに、レーシングカート場があります。

Klk01

カートランド関越

↑リンク先、全然情報が無くて、場所わかりにくい…

関越スポーツランドに隣接した施設です。


大きな地図で見る

以前、関越スポーツランドのジムカーナコースで、ドリフト大会やっているのを観戦したことはあったのですが…

一度レンタルカートにも乗ってみたいと思ってました。

…と、思い始めて、早10年弱…
恥ずかしさもあって、なかなか思い切りつかず。

しかし、先日、とうとう念願を果たしました!

…10年…いや、20年遅いよ(苦笑)。
こんなトシになってカートなんて、10年前より余計恥ずかしいじゃないか。

なんてことは考えてはいけない。

Klk02

コースはこんな感じ。

Klk03

初めてですし、お試しで、3周1000円コースで。
(3周という場合、3周のラップ計測と、そのチェックを受けた後に車庫入れするまでの1周の実質4周走れるんですね。へー。)

事前に誓約書を書いたり、ちょっとした講習(説明)はありますが、まあ、簡単ですね。
躊躇することもなかった…。

フッ、カートは初めてだが、車の運転はけっこうしてるし(軽自動車)、レースゲームも好きだし(一番好きなのはアウトラン)、アウトインアウトのスローインファストアウトで、驚愕の速さを見せつけてやるぜ!

と、意気込んだものの、当日速かった人の平均ラップ30秒台のところ、50秒台という結果でした…。

スピンとかコースアウトが怖くて、安全運転に徹してしまいました…。
ゲームではアクセルベタ踏みなんだけど…

カートは軽いし、ハンドルもよく切れるし、もっとワイルドに走っても良かったようです。
よし、次はタイム縮めてやるぜ!

(まだやるのか? …というか、これはプロローグなのかもしれない…)

(2012.11.23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美術館情報 & もうやんカレー

現在開催中の、美術館企画展情報。

(現代美術館なので、面白いかどうかは人それぞれ…)

[ 東京都現代美術館 ]

・ 「アートと音楽-新たな共感覚をもとめて」

ビジュアルと音楽など、視覚と聴覚に訴えかける作品を集めた展示。
坂本龍一さんの関わった作品もあります。

インスタレーション的な展示が多くて良かった(そういうのが好きなので)。
プールに浮かべた陶器がランダムに音を奏でる作品が印象的。

あと、ジョン・ケージの「4分33秒」を連続2回上演するという無謀な?作品もありました(さすがに、見なかったけど…)

・ 「MOTアニュアル2012 風が吹けば桶屋が儲かる」

若手アーティストを中心としたグループ展。
いかにも若手作品という感じの、チャレンジングで軽い作品(←意味不明)が多いです。

「非常ドアが突然ノックされる」「ロッカー3に署名済み婚姻届が置かれている」など一言だけテキストの書かれた紙がずらっと置かれている森田浩彰さんの作品(説明しにくい…)とか…
「田中功起さんの作品は、美術館にはありません」という作品とか。

[ ICC ]

・ オープン・スペース2012

このBlogではもうなんども言及しているICC

オープンスペースというのは、常設展(無料!)ですが、ちょくちょく展示換えを行ってます。

今回は、以前「文化庁メディア芸術祭」の記事で触れた、藤木淳さんの「ゲームキョウカイ」という作品が展示されてます。

Gb04
(「ゲームキョウカイ」。メディア芸術祭での写真)

メディア芸術祭では人が多くて触れませんでしたが、今回、プレイできました。
クリアしましたよ(笑)。いや、だいたいクリアできるように作られてると思いますが。
キネクトでの操作とか、初めてだったんで、ちょっと戸惑いましたけど。
いやー、凄いし、面白いし、バカ(いい意味で)な作品ですね。

あと、やはりメディア芸術祭に出品されていた「リズムシ」の遊べる部屋もありました。

子どもから大人まで楽しめる展示だと思います。(繰り返しますが、無料だし)

ICCでは、11/17から、「アノニマス・ライフ」という企画展もやっているようです。(行ったのがその前日だったので、見られなかった…まあ、2013.3.3までやってるらしいので、またそのうち)

-----

ICCからの帰りに寄ったのですが…

[ もうやんカレー ]

一部で有名な、「もうやんカレー」に、初めて行きました。

Mouyan01

「モウヤンのカレー」というカードが、遊戯王の初期のカードにありましたね。
(お店のトイレにもそのカードのコピーが貼ってありました。)
あの頃の遊戯王は、トンデモないゲームだと思いましたけどね…(既にマジックザギャザリングを遊んでたので…)。それが、今ではワールドワイドで大人気のTCGになってますね…うらやまし。

Mouyn02

ビーフカレー。

わりと、普通な感じの欧風カレーに見えますが…噂に違わず超美味い

私、某有名チェーンのカレーがイマイチ好きじゃないのですが、これは良いです。
濃いところが私好み。ニンニクがやや強めなのが、ちょっと後で来ますが(それが美味いけど)。

(2012.11.20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫カフェ

猫カフェというものに初めて行きました。

群馬にも猫カフェがあったんですね。というか唯一かも。

キャッツプラネット

ここは、喫茶店と猫部屋が別になっていて、飲食した客は15分無料で猫と遊べます。
それ以上の時間は、有料。猫だけ有料で、ということもできるようです。

(猫カフェって、他もこういうシステムなんですかね?)

写真OKということで、撮らせてもらいました。

Catcafe06

↑猫部屋。

↓猫スタッフたち。

Catcafe02
(クリック拡大)

Catcafe03

Catcafe04

時は夕刻。
この日はけっこうお客さんが多くて、私が猫部屋に入る頃には、猫スタッフたちもお疲れだったようで…。

客が我々だけになったら、みんな寝てしまいました…。

Catcafe05

Catcafe08

Catcafe07

↑一番人気(らしい)のスコティッシュフォールド福寅くんは、一度も起きなかった(まあ、起きてるのを見れたらラッキーらしいけど…)

あんまり、相手にしてもらえなかったけど(笑)、和めました。

くやしいが、やっぱり、猫はいい…。

(おまけ)

Catcafe01

カフェで食べたワッフル。美味しかったです。
(ちなみに、食事は必ずネコの前 ネコ部屋に入るより前※で、というルールのようです)

※(追記)ネコ部屋に入った後で食事はできないという事です。誤解を生む書き方だった...。

(2012.11.16)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Flash(AIR Android)と、また星

[ 最近Flash(AIR Android)で、つまづいた話 ]

1.AIR Android設定からパブリッシュした際に、apkが実機に転送されない

つい最近あった話。

Android実機をPCに接続して、AIR Android設定メニューからパブリッシュすると、apkを作成すると同時に、実機に転送してくれる。
転送されたapk(アプリ)は、Android実機の「すべてのアプリケーション」メニューで確認・実行できます。

今まで、これでずっと使ってきていたのですが…ある日突然、不具合が発生。

挙動は全く同じなのですが、処理終了後に「すべてのアプリケーション」メニューを見ても、アプリが見つからない。
どうも、apkが転送されていないよう。

特にそれらしいエラーメッセージも出ないので、何が悪いのかさっぱりわからない。

(忘れがちな)アプリケーション>開発>USBデバッグ もONにしているし、
実機も接続されていて、Android ADB Interface も確認できる。

今までと違うところは全く思いつかない…。
これで一晩以上、頭を抱えました…。

しかし色々ネットを調べて、なんとか手がかりを発見。

Firewall(ファイアーウォール)の問題を指摘する記事が。

「Firewall」…?

ターン終了時まで+1/+0の修整を受ける、赤の壁クリーチャーのこと?
(それは、Wall of Fire(炎の壁)や~! by Magic the Gathreing)

…ボケてみましたが、実際そんなに詳しいことは知らない…。ハードに弱いので。
まあ、PCに入ってるセキュリティシステムのことですね。

しかし、今まで問題なかったけど…。

と、ここまでヒントがあってからも、しばらく悩んでたんですが…

結局、これがほぼ正解。
インストールしていたセキュリティソフトの問題だということが判明しました。

どうも、このソフトが自動アップデートしたときに、何か新しい機能が加わって、apk転送をブロックするようになったようです(それまではしてなかったのに)。
そんなの、気づかないよ…。

パブリッシュ時に、いったんセキュリティソフトをOFFにすれば、問題なく転送するようになりました。

話が長くなりましたが(いつものことですが)…

結論:

AIR Android設定でパブリッシュしたときに、apkが転送できない(特にエラーメッセージも出ない)場合は…

ファイアーウォールか、セキュリティソフトを疑え!

2.AIR Android設定でパブリッシュしたときに、警告が出る(パブリッシュ・転送はちゃんとできるが)

これは、ずっと前からの話ですが…。
AIR Android設定でパブリッシュした際に

「Warning : Application has not specified its permission requirements in application.xml
APKは正常にパッケージ化されましたが、警告が発生しました」

という警告が出る。
理由が分からず気持ち悪いながらも、特に問題ないのでそのまま流していました。

それが、最近になって、原因判明。(やはりネットで発見)

AIR Android設定の、「権限」タブ(permission)に1つもチェックが入っていない場合に、この警告が出るようです。
(警告の日本語文ではわかりませんが、英語文を読むと、確かにそのようなことが書かれていますね…)

権限タブのチェックは、特にそれら機能を使わない場合は必要無いので、怒られる筋合いはないのですが…

この警告が出ても特に問題はなさそうだ、というのがあらためて分かりました。

[ また星写真 ]

また星の写真にチャレンジ。(前回
クオリティ的には前回とあまり変わりませんが…

Star02
(クリックで拡大)

写した写真を見ると、流星が写ってました!

(中央あたりです。分かりにくいですが…)

Star03_2
(クリックで拡大)

もう一つは、二個写ってます。

(中央やや左下と、薄いのが中央やや上に。さらに分かりにくいですが)

これら、撮影中には気づきませんでした。
目に見えなくても写真に写るってことがあるんですね。
すごい感度だな。

ところで、この日、人工衛星(多分)が通るのも見えました。
時刻は日暮れ直後。暗い星程度の明るさの光点が、夜空をゆっくり横切っていきました。

点滅もしないので、飛行機ではないでしょう。
(飛行機も何度か通りましたが、点滅するし、もっと明るいし、音もする)

加速やジグザグ飛行もしなかったので、空飛ぶ円盤でもないですね(笑)。
(まあ、正体確定ではないので「UFO(未確認飛行物体)」とは言えるかもしれませんが…)

残念ながら、写真には撮れませんでした。

しかし、人工衛星、久々に見ましたね。

子供の頃、何度か見たことがありました。

やはり子供の頃スペースシャトルも見ました。あれは明るくて早かった。

ISSは、数年前に一度見ました。ISSも明るかった。
(先日の日本上空通過のときは、曇ってて見られなかった)

こういうものが見られると、いまだにかなりうれしい。

(2012.11.13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Stink Bugs

Stink_sc

「Stink bugs」をプレイ

Stink Bugs(カメムシ ポイポイ)

[ ストーリー ]

秋深まる頃、カメムシは冬眠のため、心地よい場所を見つけて集まってきます。
そして、あなたの机の上にも無数のカメムシが…。

このままでは仕事ができない!
カメムシをすばやく払って、机の上から追い出そう!

しかし、もし誤ってカメムシに直接触れてしまうと、大変なことに…。

[ ルール ]

  • 指カーソルでカメムシを払って(フリック)、画面外に追いやってください。
  • カメムシは種類によって得点が違います。
  • 衝突させて画面外に出すと、高得点です。連鎖が続くとさらに高得点。
  • カメムシを直接タッチしてしまうと、悪臭が放たれゲームオーバー。
  • トップスコアは、記録されます。

[ 操作方法 ]

  • マウスボタンを押したまますばやく移動する:指で払います。動かしている指がカメムシに当たると跳ね飛ばします。(オハジキを弾く要領です)

  • カメムシの上に直接タッチしてしまうと、ガスが出てゲームオーバーになるので注意。

[ 備考 ]

前作からあまり間をおかず、短期間で完成しました。
製作中迷いも無し、出来あがりも想像通り。そうそう、こういうゲームが作りたかったんですよ!(笑)
バカゲー製作としては、理想的な流れでした。

まあ、内容はほとんど第一作のナイトストーカー(ゴキブリ)とほとんど同じですね…。進歩していない…
もっとも、当時はActionScript2.0、今回は3.0なので、スクリプトの流用はできませんでしたが。

スワイプ操作など、やはりスマホを意識してます。
実際遊んでみましたが、やはり自分の指で弾く方が面白いですね。
早くAndroidでの配布を考えねば…。

他のゲーム同様、カメムシなどの画像は、自分で撮ったものを加工して使ってます。

参考までに、カメムシの種類は…
黄緑の一番数の多いのが、アオクサカメムシ。オーソドックスなやつですね。
ちょっと茶色の入ったやつはツノアオカメムシ。実物はメタリックな質感で奇麗です。
赤い模様があるのは、アカスジキンカメムシ。当研究所では三度目の登場(要は使いまわし)。日本のカメムシでは美しさNo.1かな。

カメムシ、臭いので嫌われがちですが、種類も豊富で奇麗な物も多く、奥深いですよ。(ハムシも。)

ちなみに、これらのカメムシが全部冬眠するかどうかは、確認してません…。

(2012.11.10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフィリエイト・リベンジ

先日、Google AdSenseにリジェクトされた ので、別のアフィリエイトを探してみました。

で、A8.net(エーハチネット)というのが、この手のサービスでメジャーらしいと知り、こちらを利用してみることにしました。

※エーハチネット自体のアフィリエイトが見つからなかった…。せっかくリンク貼るなら、バナーにしたかったのに…。)

(追記)↑1日後に、A8.netからメールがあり、それで紹介プログラムが追加されました。そのバナーを貼ってみました。

登録が必要ですが、審査はなく、すぐ始められます。
これは、気軽で良いですね~。

これまでもやってる、Amazonアフィリエイトと似たようなイメージですが、対象が商品だけではなく、多岐にわたっています。

色々な広告主が提示している「プログラム」から、自分が好きなものを選んで、提携し、その広告リンクを張るという形です。(広告によっては提携の時点で審査がある場合もあります)
中には、自分が貼っている広告を自分で利用するのを許可しているものもあります。
(通常のアフィリエイトでは禁止されていることが多いですが)

ということで、早速、広告を色々貼ってみました。

あまり節操ないのもナンなので、一応、このBlogに関連ありそうな広告だけにするつもりです。
まずは、ゲームや玩具や、旅行関連にしてみました。

しかし、ここのレイアウトにどう貼ったらスマートなのか、まだ模索中で…
現状、あっちやこっちにバナーが貼られて、ちょっと見苦しいかもしれません。すみません。

まあ、別にこれで儲かるとも思ってませんけど…
(Amazonアフィリエイトでも振り込まれたことないし)

むしろ、「色々挑戦はしてるぜ」…っていう形を作って、自分を鼓舞するのが真の目的なんですよ。多分。

(↓ここにも広告貼ってみました)

(2012.11.8)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新装・東京駅

最近、復元再開業した東京駅に行く機会がありました。

Tstation01

おお、完成してますね。

人もたくさん集まっていました。写真を撮っている人も多かったです。

Tstation03

↑北口のドーム屋根。

Tstation04

↑あおり。

Tstation_in01

北口内部。

Tstation_in02

ステーションギャラリーのバルコニーから。

今、東京ステーションギャラリーでは、「始発電車を待ちながら」という、駅に関連した現代アート展をやっています。

現代アートですが、現代アート好きでなくても分かりやすく、楽しめるものが多かったです。

以前も少し触れた、クワクボリョウタさんというアーティストの、「影絵」作品が良かったです。以前も同じようなコンセプトの作品を見ましたが、より洗練された感じ。

あと、これまた以前少し触れた、ミニチュアのような写真を撮る本城直季さんの作品もありました。

ちなみに、東京駅、今年1月頃はこんな感じでした。

Konpo02

Konpo01

(比較セヨ。ちょっとアングルは違うけど)

Tstation01

(2012.11.6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Roller's High

Roller_sc

「Roller's High」をプレイ

Roller's High(ローラーズハイ)

[ はじめに ]

青いボールを操作し、すべてのフラッグをゲットせよ!
一度クリアした後も、さらに素早くクリアして、ハイスコアを更新しよう!

[ ルール ]

  • 青いボールを操作して、全て(10本)のフラッグを取れば、ステージクリア。
    クリア時のタイムがスコアになります。
  • 実体化していないフラッグは取れません。
    フラッグは最初3つだけ実体化しており、取るたびに1本ずつ実体化します。
  • TIMEが0になるか、床からはみ出し海に落下すると、ゲームオーバー。
  • Level6からは、敵ボールが出現します。
    敵ボールに接触すると、はね返されます。
    (敵ボールは、落下しません。)
  • ハイスコアは、記録されます。

[ 操作方法 ]

  • 画面上でマウスクリック:青ボールがその方向に移動。
    押した時間だけ徐々に加速します。
    急な方向転換は難しいので注意!

[ 備考 ]

この手の、玉を転がすゲーム、まあ、よくありますね。
ただ、ゴールに導くタイプはよく見るのですが、物を取ってクリアするのは見たことなかったので(たぶん探せばあるとは思いますが)、作ってみました。
華麗な動きで、一筆書きのように、一瞬でクリアできると快感だと思います。(私はできませんが)

今回の個人としてのポイントは、ゲームそのものより、スコアを記録する部分かな…。
ゲームを終了しても、次にプレイするときには記録が残っています。
まあ、以前からFlashにそういう機能があるのは知っていたのですが、あまり必要性を感じていませんでした。
でも、スコアが記録されるほうが、モチベーションが上がりますよね。
それに、今後RPG的なゲームを作る際にも使えますし、試験的に使ってみました。

9ステージありますが、この手のゲームとしては少なく、まだ試作品という感じですね。
ネタはいろいろ考えられるので、簡単にステージ増量できそうです。
気が向いたら、追加してみようと思います。

ご想像どおり(?)、Android用にパブリッシュすると、加速度センサーで動く(傾きで操作する)ようになってます。
まあ、いずれAndroid用にも配布できるようにしたいです。
(って、去年から言ってて、全然実現してないけど。めんどくさくて…)

(2012.11.2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »