« パリ 適当旅行・2 | トップページ | 体罰論に思うこと »

パリ 適当旅行・3

さらに前回の続きです。

(今回でいったん小休止。けっこう大変だし、他のことが書けないので…)

-----

14:00。
わざわざルーブルには来ましたが、この日はまだ、ここはパス。

Pr02_20w
(拡大あり)

このまま、「↑ピラミッド」のあるルーブルの中庭から、カルーゼルの凱旋門を抜け、チュイルリー公園、コンコルド広場、シャンゼリゼ通りを通って、凱旋門へ向かう…という素敵な計画だったのです。

(ちなみに、行程はおおよそ2~3km。足は捻挫…。)

路上で水売りからペットボトル(1€)を購入し、また歩き出します。
(水の値段はピンキリですが、店で買うと大抵もっと高い)。

[ カルーゼル凱旋門 ]

Pr02_21w
(拡大あり)

ルーブルの西の果てにある凱旋門。
ナポレオンのために造られたが、小さくて気に入らなかったそうな。

Pr02_22w
(拡大あり)

このカルーゼル凱旋門から覗くと、コンコルド広場のオベリスクと、あのエトワールの凱旋門まで見通せます。
エトワール凱旋門の、いかにデカイことか。

[ チュイルリー公園 ]

Pr02_23

Pr02_24

チュイルリー公園の椅子。

ここには、トイレがありますよー。50Cかかりますが。
界隈にトイレは少ないので、貴重な場所。

しかし、足の痛みと疲労が徐々に増してくる。辛い…。

[ コンコルド広場 ]

Pr02_25w
(拡大あり)

あー、名前はよく知ってた、これがコンコルド広場ですか。

なんか、「広場」とは言うけど、車通りの多いロータリーの真ん中にオベリスクが立ってるだけの(というも失礼だけど)場所なんですねえ。

[ グラン・パレ ]

Pr02_26

[ プチ・パレ ]

Pr02_27

ともに、シャンゼリゼ通り近くにある、1900年のパリ万博時に建てられた建造物。
今は両方とも、美術館になっているらしい(入らなかった)。

[ シャンゼリゼ通り ]

Pr02_29w
(拡大あり)

これまた、有名な場所ですね。おお、ここを歩く日が来るとは。

表参道に雰囲気は似てます。ここの矮小コピー版という感じでしょうか。

ただ、パリより東京の方がきれい(清潔)な気がしました。
以前、北欧に行ったときにも、意外に道が汚いと思いましたね。
現在の東京は世界でもトップクラスのきれいな街(美しいという意味ではないが)じゃないかと思います。
(シンガポール辺りはもっと清潔なのかもしれないが。行ったことは無いけど)

モノプリというデパートのような店で、ジュースやパンなどを買いました。
サンドイッチは1.75€ほど。意外に安い。

そして、とうとう、目的地が見えてきました。

[ エトワール凱旋門 ]

Pr02_30w

時刻は16:20。

感動! 

…と思うものの、それ以上の疲労感と足の痛みに襲われる…。
どうもシャンゼリゼ通りは、凱旋門に向かって少し上り坂になっているようで、それがさらなる打撃を与えてくれました。

というか、カルーセルからエトワールまで、休息無しに歩くなんてことは、やってはいけない旅の例ですね。
これはオススメしません…。

道ばたで、先ほど買ったジュースやパンを食べつつ、ようやく小休止。

少し回復して、凱旋門本体に向かいます。

Pr02_31w
(拡大あり)

このエトワール凱旋門が、ナポレオンのクレームで先ほどのカルーゼルの代わりに建てられた大きな凱旋門ですね。ナポレオン、わがまま…。

Pr02_38_2

左の彫刻。「1810年の勝利」。

Pr02_39_2

右の彫刻。「ラ・マルセイエーズ」。

凱旋門には、実は、登ることができるんですね。(今回知った)
でも、ノートルダムのように、きっと行列してるんだろうと思ってました。

ところが、意外にも、入り口に人気は無く。
すんなり入れそうなので、登っていくことに。
(有料ですが、ここでもミュージアムパスが使えます)

Pr02_32_2

Pr02_33

歴史的な建造物なのですが、この凱旋門内部には近代的なお土産ショップもあります。
意外。

Pr02_34

↑屋上へあがりました。こんな感じ。

Pr02_35_2

屋上では色々禁止。

…ん? 左から2番目は、日本では見かけないアイコンだが…何コレ?
(日光浴禁止ということか? ヨーロッパにはそんなやつがいるのか?)

屋上からの眺め。

Pr02_36w
(拡大あり)

凱旋門を中心に、放射状に伸びる道が良くわかります。

Pr02_37w
(拡大あり)

まだ行っていない、エッフェル塔がここからも見える。

17:40。 凱旋門を後に。

おかしい。予定ではまだ14:00くらいのはずだったのに。

ともかく、次の予定へ。

最寄りのジョージ5世駅から、
18:00。ソルフェリーノ駅へ。

この駅の自販機で、コーラ(1.5€)を買う。
栓を開けると、中身の半分が思いっきり吹き出す。あり得ねえ…。

18:20。

[ オルセー美術館 ]

Pr02_40


パリでは、ルーブルに次いで有名な美術館ですよね。

ここでは、モロー、セザンヌ、ルドン、ミレー、マネ、モネ、ルノワール、ロートレックなど、フランスゆかりの有名画家の絵画が見られます。
(写真はNGですが。)

ここもミュージアムパスでOK。
しかし、このハードスケジュールも、ミュージアムパスを最大限使おうという浅ましさから起因してるような気がする…。

美術館も、意外に疲れるんですよね。

20:00。オルセーを後にして。

本当は、ここからさらに、ポンピドゥーセンター(国立近代美術館)もさらっと見てくる予定だったのですが…

時間的にも、体力的にも、限界。
というか、計画が無茶すぎる。いつものことだが。

ということで、予定を繰り上げ、ここからちょうどセーヌ川の対岸にある、ルーブルへ。

ルーブルの地下に、大きなフードコートがあるらしい。
そこで夕食を食べる予定でした。

Pr02_42w
(拡大あり)

しかし!
がーん。20:00で終了だってー!
閉まるの早いよ!
日本のレストランだったら、まだ絶対やってる時間ですよー。
(単にリサーチ不足)

落胆しつつ、とりあえずベルシーに戻ることに。

20:40。パレロワイヤル・ルーブル駅。

21:00。シャトレー駅経由~ベルシー駅着。

ベルシーで食事にしようと思ったのですが、意外にレストランは無い。
(ステーキ屋はあったけど、ちょっとそんな気分でもない)

途中の売店でパニーニ、クレープ、ドリンクセットを買って食べることに。
しかし、セットメニューを指差しで頼んだだけなのに、店のオバチャンに話が通じない!
(というか、かみあわない。雇われ店員なのか、自分の店のメニューのことがよくわかっていないようだ)

結局、10€のつもりで頼んだはずが、12€かかってしまいました。
(もう、面倒なのでそれでいいやということに。ボラれたのか?)

21:30。ホテルへ帰還。

もう、くたくたのヘロヘロになってました…。

パニーニとクレープは、おいしかったです。
ヌテッラ(チョコ)のシンプルクレープ、美味しい。

Pr02_43

しかし、戻って来て愕然。
貴重品を入れたセーフティーボックスの鍵を閉め忘れてたことに気付く…。
中身は無事でしたが…パリの治安に感謝。

あと、壊れたカメラは、なんとかこじ開け、電池を取り出し、充電できました…。
明日からは、電池蓋にセロテープでも貼ってしのぐことに…。

実質の一日目にして、もうボロボロです。

(続きは、またいずれ…)

(2012.1.26)

|

« パリ 適当旅行・2 | トップページ | 体罰論に思うこと »

旅行・地域」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/56626648

この記事へのトラックバック一覧です: パリ 適当旅行・3:

« パリ 適当旅行・2 | トップページ | 体罰論に思うこと »