« 浜松…餃子と鰻 | トップページ | 富裕層に増税 »

正月に纏わるモノ

正月もだいぶ過ぎてしまいましたが、正月っぽい話題。

昔、祖父の家だったかに、奇妙なお札が貼ってあったのを覚えています。

最近、それが「角大師」(元三大師)というものだと知りました。

それで、ふと手に入れたくなり…。

群馬の前橋に、「龍蔵寺」という元三大師を祀った寺があるので、行ってみました。
しかし、正月もちょっと過ぎた夕方にいったせいか、お札・お守り売り場は終わった後でした…。

で、ネットで少し調べ、見込みのありそうな別の場所をあたってみることに。

長谷寺

Rissyun02

あまり期待してなかったのですが…

Rissyun03

ありました!
これです!

これが、子供のとき見て奇妙だなと思った角大師の姿。(でも、ちょっとアバウトな絵だな…ネットで見た他の絵に比べても)。

これは元三大師(良源)が、疫病神を追い払うために鬼の姿になったことに由来しているらしい。
禍々しい姿で、魔を払うというのは、鬼瓦やガーゴイルと同じ思想かな。

-----

三が日に、地元のショッピングモールに行ったら、群馬のご当地アイドル「AKGのイベントをやってました。

Akg

名前は知っていたけど、本物は初めて見た。

けっこう観客も多かったですね。
もう少しプロっぽいマイナーシンガーとか来てても、人はこれほど集まらないのに(苦笑)。
追っかけみたいな人たちもいましたし。
なかなか人気あるじゃないですか!

AKG…昔はAKG48と呼ばれていたらしいが、今は「AKAGIDAN」ということになっているらしい。
まあ、いろいろツッコミ所は多いですが…あえてそこには触れずに…。

というか、天才の素晴らしいアイデアは、その他大勢の凡才たちにも分け与えられてこそ、経済効果・社会全体の幸せ度が向上するというものですよ。

ゲームで言えば、リチャード・ガーフィールド博士がマジックザギャザリングでTCGというものを発明してくれたおかげで、今や日本でも多くのメーカーがそのアイデアのオコボレを頂戴して、潤ってたりするわけです。(ともすると、本家よりも)

自分もその凡才の一人なので、とてもAKGを揶揄する気にはなれません…。

ただ、AKGに限らず、小中学生みたいなあまり年端も行かない女の子たちを(本人たちも喜んでるからといっても)、商売道具に使うのはどうかな、ともオジサン的には思うのですが。

(2012.1.8)

|

« 浜松…餃子と鰻 | トップページ | 富裕層に増税 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/56493516

この記事へのトラックバック一覧です: 正月に纏わるモノ:

« 浜松…餃子と鰻 | トップページ | 富裕層に増税 »