« オーナーの憂鬱 | トップページ | パリ 適当旅行・8 »

pm2.5

今さっき、群馬の美味しい水道水を、がぶ飲みしたばかりの私です。

-----

最近、巷で話題沸騰の、pm2.5について知りたくなり、調べてみた。

■ pm2.5って何?

「大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が概ね2.5μm以下のもの」(Wikipedia

■ 気を付けなければいけない濃度は

PM2.5、基準2倍超で外出自粛呼び掛け 環境省 専門家会合で暫定指針
(日経 2013/2/27)

・1日平均値が70マイクログラム/立方メートル以下の場合
   ↓
 特に行動の規制は必要ない
(病気のある人や高齢者、子どもは体調の変化に注意する)

だそうです。

■ 今、どれだけ来てるんだろう

「微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報」(環境省)

(※「そらまめくん」で調べたかったが、繋がらなかった...)

東京では、2/28で、おおよそ30マイクログラム/立方メートル、って感じか。

福岡でも、2/28は、最大42マイクログラム/立方メートル。

これは天気や風向きにもよると思うので、毎日こうとは言い切れませんが。

中国の大気汚染PM2.5関東でも観測
(元記事は、産経新聞2/8)

「東京都では7日午後5時現在、板橋区で同59マイクログラム、練馬区で同50マイクログラムを観測した。」(引用)

それでも、70マイクログラム/立方メートル以下ではある。

■ で、どうしたらいいの?

「PM2.5は新たな悪者か?」
(市民のための環境学ガイド)

「気にすればするほどストレスが溜まって免疫力が低下するので、逆効果だと思われる。空気が綺麗な日に、外部で充分活動をして、良い空気を楽しむということでストレス解消を狙うのが良さそうである。」(引用)

関東にいる人間は、気にするほうが体に悪いということかな。

■ ちなみに、昔はどうだった?

微小粒子状物質(PM2.5)測定データ:平成14年度」(環境省)

測定局名:国設川崎
測定項目:PM2.5 

例えば4月のデータ。
平均値で40以上の日がけっこうあるし、4/8は最大値82マイクログラム/立方メートルもある。

あれ、最近のデータとたいして変わらない?

10年以上前のデータなんだけど…。

pm2.5って、最近のモノじゃなかったのか?

Tokyo

ゲートブリッジから見た、東京スカイツリー方面。
空が茶色く濁って見える...?

(2013.2.28)

(追記)

今日は九州各地で、暫定指針値を超えたらしいですね。
あなどれん…。

(さらに追記)

後でニュースを見たら、単純にそういうわけではないようです。

午前8:00に、国の暫定基準である1日平均70マイクログラム/立方メートルを超えた」
というような報道がなされていました。

1日の平均値が超えたのではなく、一時的に70を超えたということのようだ。

実際には「1日あたりの平均値が1立方メートルあたり70マイクログラムを超えると予想された」ことによる注意喚起だったようです。
その後は35まで下がったとも言っていました。

でも、一時的に超えることなら、平成14年の川崎でもあったことですが…。

(2013.3.5)

|

« オーナーの憂鬱 | トップページ | パリ 適当旅行・8 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/56860677

この記事へのトラックバック一覧です: pm2.5:

« オーナーの憂鬱 | トップページ | パリ 適当旅行・8 »