« パリ 適当旅行・9 | トップページ | 中二病 »

GX1

去年、愛用していたカメラ「GF1」を、激しく地面に落下させてしまいました…。
(まさに先日書いたパリ旅行中の話です…。この日

撮影自体はできるのですが…
電池蓋の留め金が壊れてしまい、押さえてないと蓋が開いたままに。

セロテープで留めるなどして(涙)、これまでなんとか凌いできましたが…大変面倒くさいし、みっともない。
しかも最近、打撃の影響か、時々SDカードを認識してくれないことも起こるように。

もう、限界か…。

ということで、新しいカメラを買ってしまいました。

Panasonic Lumix GX1

GF1の直系の後継機では無いですが、その高性能版といった機種です。

Gx1_01

セットの電動ズームレンズLumix G X Vario PZ 14-42mmを付けて。
(GF1で撮影)

発売は2011年末で、ちょうど私がGF1を買った直後(苦笑)。
全然新しい機種ではありません。

本当は、後継機「GX2(?)」が出たら、それを買いたいと思っていたのですが…
どうも、発売予定が伸びて、いつになるやら未定ということらしいので、待ちきれなくなりました。

しかも、上記リンクのように、最近すごく価格が下がっているのです。

ボディだけなら\30000を切り、電動ズームとセットでも\30000台!
以前、ショップでは\60000位で売ってたので、これは、かなりお得!に思えます。

しかし、ここでツッコミも当然あるかと。

「買い換えるなら、Panasonicにこだわる必要無いんじゃないか?」

確かに。ですが…

Panasonicなら、マイクロフォーサーズのレンズなど、GF1の資産が生かせるのです。

つい最近、ズームレンズのキズを、わざわざ有償修理してしまったこともあり、未練があったのも否めません…。

それに、GF1の親戚機ということで、今までと使用感があまり違わないのは、安心感もあります。

「同じPanasonicでも今買うなら、最新のGH3だろ!?」

確かに。ですが…

だって、高いんだもの…。

それに私は、この機種のシルエット…GF1にも近い「ネオ・クラシックデザイン」が気に入ってるんですよ。サイズが小ぶりなのも良いです。

…ということでの、この選択でした。

実際に買ったのはちょっと前ですが、先日、ようやく性能を試す機会がありました。

(まあ、今さら旧機種であるGX1のレビューをしても…という話もありますが…)

-----

[ 河津桜 ]

静岡県賀茂郡河津町。
河津桜という3月に満開になる桜を見に行ってきました。

(以下の写真、横長画面は基本クリック拡大できます)

Kwz01_2

この日はピークだったのか、ものすごい人出でしたね。

Kwz14_03


付属の電動ズームレンズは、今まで持っていた標準ズームレンズ(14~45mm)とほぼ同じ性能で、しかも小さく携帯性が高い。

まず、GX1標準といえる、この組み合わせで撮ってみました。

Kwz06

(ん、若干ホワイトバランスがおかしいようにも見える…なぜだろう)

Kwz05_3

Kwz03

Kwz07

小さなものを接写で。

Kwz08

まあ、良い感じ。

腕が悪いというのは置いておいて、ラフに撮ってこの位なら、私の用途には十分です。

(ただ、この電動ズーム、ズームのスイッチが位置がちょっと操作しにくい、というのはありました。)

GF1に無かった水準器表示があるのが良いです。
水平のつもりで撮って、後で見ると斜めになっているなんてのはよくあることなので。
表示が液晶画面いっぱいに出るのは、ちょっと見にくい。
もう少し小さい表示でもわかると思うのに。

-----

次に、お気に入りの14~140mmズームレンズで撮ってみました。

Kwz14_01

Kwz14_02

望遠で。

まあ、良い感じに思います。
やはり、こっちの写りの方が好きかな。

明らかにGF1より良い、かどうかはよく分かりませんが…
(カタログスペック的には、良いはずなんですが)

まあ、これ以上は、撮影者の腕になりますね。これはどうしようもない。

ということで…
使用感は今の所、文句無く良い感じに思いました。

-----

そこで、あえてネガティブなことも言うと…

まず、資産の流用も鑑みてGX1を買ったわけですが…

バッテリーはGF1の物が使えない。ちょっと残念。
まあ、これは仕方ないとして…

後付けファインダー(LVF)も、GF1の物が使えない!
ネットで使えると書いてあった気になっていたのですが、見間違いだったらしい。

GX1用は性能が良いらしいという話だが、値段が\20000以上するのでした。

しかし、今回、外で使ってみると、やはりLVFがあった方が良いと痛感。
結局、買うことにしました…。

Gx1_03

値段だけのことはある!
GF1のものに比べて、明るくて格段に写りが良く、見やすい!
(サイズも少し大きいけどね)

あと、機能面でGF1の方が使いやすかった部分もあります。

GF1では、オートフォーカス後に、レンズのフォーカスリングを回すと、画面が拡大され、微調整ができる機能がありました。

しかし、GX1ではその機能が無くなっている!
GX1でもマニュアルフォーカスモードにしている時にはその機能が使えるのですが…
アタリはオートで取って、微調整を手でやれるのが便利だったのに…。

その代わりなのか、オートフォーカスでも、1点フォーカスモードにしている場合、シャッターボタンを半押ししたときに、一瞬画面が拡大して確認できる機能はあります。

しかし…ホンの一瞬では確認しにくいし、そもそもその状態で手動調整できるわけでは無いので、そこでフォーカスが合ってないのが分っても、どうしようもない。結局、フォーカスはオート任せのことには変わりない。

それから…GF1と似た使用感で選んだわけですが…

逆にそのせいで、あまり「新しいものを買ったワクワク感」が少ない!(笑)

これは以前、RICOH R8が壊れた時にRICOH R10を買った状況に似てます。
なんか、既視感というか…。まあ、そりゃそうだろって感じですが。

今回、河津桜を見に行きましたが、他の皆さん、けっこういいカメラ持ってるんですよね。
Canon率は高いですね~。
小学生と思しき女の子が、デカい一眼カメラを持ってるのも見ました。

なんか、負けた気がする…。

考えてみると、GX1は小さい所が利点(実際、GX1はGF1より、さらに少し小さい。その点も優秀)なわけですが、140のズームレンズを付けた時点で、携帯性とか考える意味がほとんど無くなってるんですよね。

値段も、LVFを買ってしまった今、総額で考えると、GH2やEOS Kiss(ファインダー標準装備だし)くらい買える値段になっているこの事実…。

ちょっと早まったかな…という気もしないでもないです…。

実は、ちょっとEOSなんかも検討したんですけど…

資産の件もありますし…(高倍率ズームレンズもあらためて買わないといけませんから)

あれらのデカカメラって、いかにも「私は写真を撮る気マンマンですぜ!」というオーラを出している気がするんですよね。

その点、GX1のデザインは、さりげないというか、「写真はついでですよ、てへ」って感じで良いかな…とも思います。

と、若干言い訳めいた空気を醸しつつ、レビューを終わります(笑)。

-----

Kwz09

GX1のジオラマ撮影モード。
うーん、ちょっと惜しい。 まあ被写体の問題かな。
(ちなみに、
自分で作ると

(2013.3.12)

|

« パリ 適当旅行・9 | トップページ | 中二病 »

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/56942649

この記事へのトラックバック一覧です: GX1:

« パリ 適当旅行・9 | トップページ | 中二病 »