« シーモンキー ハンドブック | トップページ | チェレンコフ光 »

シュガー・ラッシュ

先週末のことで、いくつか書き留めたいことがあったのを、小出しに。

まずは…

シュガー・ラッシュ」見てきました。

(原題は Wreck-it Ralphっていうんですね。劇中ゲームのFix-it Felixにかかってるのね)

Wir

いや、予想以上に面白かったです!

あらすじを聞いた段階では、トイストーリーやモンスターズインクの焼き直しじゃないの、なんて思ってましたが…

切り口は同じでも、料理の仕方って色々あるんだなあと、関心。

しかも、伏線の張り方とか、その回収とか、きっちりまとまっていて、かなりの完成度の高さも感じました。

個人的には、モンスターズインクより高評価。
トイストーリー3と比べても、オリジナル作ってところで、こちらに軍配を上げたい。昨今の私の見たアニメ映画では、ダントツで良いです。

そういう意味では、最近のピクサーも、続編モノ以外はイマイチで、個人的にはピクサー神話にも陰りを感じてたり。
(しかも、次の2作がまた続編なんでしょ?)

むしろ、古巣のディズニーの方が、良作が増えているんじゃないかとすら。

シュガー・ラッシュのキャンディ大王の顔や動きなんか、まさに古き良きディズニーキャラで、伝統芸もいまだ健在て感じです。(というか、まんま、いかれ帽子屋だよね)。

シュガー・ラッシュ、特筆すべきは、やはりゲーム世界がモチーフになっているところですね。

黎明期からのゲームファンとしては、8ビットの頃から最新HDゲームまでを網羅したあの世界観も、ギャップ感含めて楽しめますし…実在のゲームキャラが登場する所なんかも、思わずニヤリしてしまいます。

でも、決してゲーム業界人とかゲームオタクでないと楽しめない、という作りにはなってない。そこも良い。

(まあ、この映画の一番のフィクションは、大昔のゲームがいまだに現役で稼働してるゲーセンがあるという所かな…そんなゲーセンに行きたい…)

残念なのは、イマイチ扱いが小さいところか。
吹き替え版しかないのは、昨今当たり前としても…
うちの近くの映画館では、上映時間も昼間ばかりでレイトショーとかやってない。
(でも、吹き替え版、悪くなかったですけどね)

まあ、最近色々国産アニメ映画も多くて、しかも人気もあるみたいなので、自然と扱いが小さくなっているのかもしれんですがね。
(ちなみに、国産アニメ映画は、全然見て無いな…。まあ、見たらそれなりに面白いんだとは思うんだけど)

まあ、あまり語りすぎるとネタバレにもなるので、こんなところで。

(2013.4.8)

|

« シーモンキー ハンドブック | トップページ | チェレンコフ光 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/57134418

この記事へのトラックバック一覧です: シュガー・ラッシュ:

» 映画「シュガー・ラッシュ」ゲームの世界も秩序が必要 [soramove]
映画「シュガー・ラッシュ 」★★★☆ ジョン・C・ライリー、ジャック・マクブレイヤー、 ジェーン・リンチ、サラ・シルバーマン 声の出演 リッチ・ムーア監督、 106分、2013年3月23日より全国公開 2013,アメリカ,ディズニー (原題/原作:WRECK-IT RALPH) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「ディズニーア... [続きを読む]

受信: 2013年4月21日 (日) 10時42分

« シーモンキー ハンドブック | トップページ | チェレンコフ光 »