« 山形・庄内 2 | トップページ | アルパカ牧場 »

ルイージマンション2とあいまいな記憶

[ ルイージマンション2と、記憶のあいまい ]

最近「ルイージマンション2」で遊んでます。

…で、気付いたことなんですが…

ルイージの持つ「オバキューム」って、明らかに「ゴーストバスターズ」の「プロトンパック(ポジトロン・コライダー)」のパロディですよね。

「お化けを吸い込む装置」ですから。

…と、しばらく自分で、そう納得してたんですが…

よくよく考えたら、プロトンパックって、オバケを吸い込む機械じゃない

あれは、「ビームでオバケを拘束する機械」でしたね。

吸い込むのは床に設置する、箱みたいな別の装置(ゴースト・トラップ)でした…。

うわー、記憶ってあてにならねえ…。

ネットでも、同じ勘違い(多分)をしている人がいるようでした。

ゴーストバスターズで使用していた 掃除機の様な物と ダイソンの掃除機はどちらが吸引力がありますか?」

「掃除機のようなもの」って、多分、プロトンパックの方をイメージしてる…。

プロトンパックは、吸い込みませんから!

(とはいえ、ルイージマンションの元ネタが、ゴーストバスターズであることは、間違いないですが)

---

ちなみに、「ルイージマンション2」そのものの感想ですが…

このシリーズは、3DS版で初めて遊んだのですが、面白いですね!

スタイルとしては、「バイオハザード」「サイレントヒル」系の、ホラーテイストのアクションアドベンチャー…という感じです。

まあ、ホラーと言っても、コミカルなんですが、でも、所々「ドキッ」とさせられる、お化け屋敷的演出もあり、それも楽しい。

こういうの、好物なんで、それだけでもうモチベーション上がりまくり。

ルイージってキャラも、いいなあ。ちょっと頼りにならなそうなキャラが、むしろ好感。
マリオがミッキーだとすると、ルイージはドナルドか、プルートかな。

(「マリオブラザーズ」の時には、単なる色違いキャラだったのにね。個性出たなぁ)

あえて、少しだけ難を言うと…

操作がちょっとややこしいです。

ほとんど全てのボタンを駆使しないといけません。

Xで狙いを上に向け、Aでフラッシュ目くらましをし、即座にRで吸い込み開始し、スライドパッドで引っ張って、頃合いを見て再びAで吸い込み完了! 

…って、けっこうテクニカルな操作じゃないですか!?
(上下方向は、3DSの傾きでもコントロールできますが、電車の中などでは、ちょっと恥ずかしくてできない…)

見た目は子供向けなライトなテイストなのに、けっこうなアクション力を必要とするとは…

アクションゲームを真剣に遊ぶのは久々なこともあって、いまだにけっこう苦労してます。

あ、でも、お子さんとかの方が、操作に慣れるのも早いかもしれませんね。

[ 新モスバーガー ]

最近、モスバーガーのパティと、ソースが新しくなったとか。

モスファンとしては、これは興味深い…

…とは思っていたのですが、なかなか食べる機会が無く、先日ようやく。

Mos01

基本のモスバーガー。

期待と不安…。

食べてみると…

うん、確かに、ちょっと変わったかな?

パティは、ちょっと薄くなった気がする。
牛肉100%になったということなので、さもありなん。

味は、オーソドックスなものに近づいたかな。
以前は、かなり独自の感じでしたけど。

とはいえ、やっぱり、マクドやロッテリアとは一味違う。

もっとも、前の合挽きがすごく好きだった、というわけでもないので、これもこれで。

総じて、良くも悪くもそれほどの変化はない…という感じでしたね。

ある意味、一安心という感じ。

相変わらず、モスバーガー、美味しいです。

それよりも、最近のモスの不満は……

朝にレギュラーメニューが無くなったこと!

朝によく利用しているのですが、以前は、よく、モスチーズバーガーとか食べてました。

レギュラーが朝でも食べられるところに、他のファストフードと違う良さがあったのに。

普通のファストフードになってしまった…。

(しかも、朝メニューがなんかイマイチ物足らない…。ヤキソバパンが一番美味しいってどうよ)

モスバーガーか、モスチーズだけでもいいから、復活してくれないかな。
その方が、客単価高くなって、お得でしょう?
(まあ、私に関してだけの話かもしれませんが)

(2013.5.16)

|

« 山形・庄内 2 | トップページ | アルパカ牧場 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ゴーストバスターズ上映当時は英語が判らない(ついでに物理も判らない)人だったので自然に流してましたが、「ポジトロン・コライダー」って実際にあってもおかしくないネーミングですね。
日本語に訳すと陽電子衝突型加速器。ポジトロンは陽電子、コライダーは衝突型加速器(英語には加速は入ってませんが)。
ヒッグス粒子発見で話題になったCERNにある大型加速器LHC(Large Hadron Collider)の最後のCがコライダーのCです。

どうも設定では、核分裂反応を利用して陽電子衝突型加速器を動かし、衝突で生まれた陽子のエネルギーをホースに導き、ノズルから中性子線を放出してゴーストの負のエネルギーを中和して云々というもののようですね。
いやいやいや、衝突型加速器を使っても投入したエネルギー以上のエネルギーを持った陽子は出来ないから! 陽子のエネルギーから中性子線は普通出来ないから! 中性子線になにかを中和する能力はないから!w てゆうか核物理学用語を適当に使ってるだけじゃないか?

こういうツッコミをついついしてしまいたくなるくらい実際にありそうな名前なのです。

投稿: 深井 | 2013年5月19日 (日) 01時07分

ポジトロン・コライダーは、確かに実際にあるっぽいですね。
陽電子コライダーだと、いくつか検索にかかります。

実は、今回この記事を書くときに「プロトンパック」を検索して気付いた別名でした(それ以前は知らなかった)。

多分、推察どおり、それっぽい言葉を並べているだけなんだと思いますが、なんというか、そういうコダワリというか理屈っぽさと「お化け」という非科学との対照が面白いと思うんですよね。
ゴーストバスターズ、すごく好きな映画です。

投稿: 適研所長 | 2013年5月21日 (火) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/57398695

この記事へのトラックバック一覧です: ルイージマンション2とあいまいな記憶:

« 山形・庄内 2 | トップページ | アルパカ牧場 »